seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

logical dumpingⅡ

私にとってオランダはどんな国だったのだろうか?自らを共感覚者として認知し、誤診を知り、
今の地点に来るまでの嵐の如き日々を、焦燥感を背負いつつ駆けている間に何かが転げ落ちた。
これは、原点回帰と一般に称されるものだろうが、自らの生きる・生きた空間について考えると
日常の中で消え失せていた色が、ごく自然な形でぼんやりとその輪郭を露にするものだろう。
異国に住むということ以上にオランダが私に影響を与えていると感ずるその根源は何処にある?

自らの失敗に目を向けるとその理由がちらほら見え隠れするのは、恥かしくも興味深いこと。
共感覚、建築、音楽、人間社会、個人。どこかの辞書からランダムに取って寄越したかのような
これらの用語を点と線で結ぶと私の中の地球儀が緩やかに回転を始め出すのだと言えようか。
子どもながら真剣に建築を求めた理由、何とも衝撃的な体験がそこにあったからに他ならない。
色彩豊かなデザインに囲われたあの国で、私がある時垣間見たのは社会の現実そのもの。

多文化社会なんぞいう聞こえの良い代名詞とは裏腹に、オランダは移民の多い社会だ。
酪農国のゆったりとした時間世界とはまったく別次元に流れる文化の生命が混在している。
"個"の凄まじい格差、外国人として日々生きていると直視せざるを得なくなるものであったのは
隠し様のない事実だと今更ながら感じる。後ろから指を差され、己の出自を他者に叫ばれる。
拒もうと、拒まざると、それが個と呼ばれる事物の背後に潜むものの本質だと認知する訳だ。

オランダ社会の中で唯一共有できた空間という他者が私にとっては天下一品だったのも、
自らの能力の限界と社会の現実の隙間で得られる自由に飢え渇いていたからに他ならぬこと。
人間は何故に言葉を必要とし、物質を追い求めるのか、ただの小学生が考えていたのだから、
今になってみると恐ろしい日常だったのではないか。大学時代に読み漁った哲学書さえも
どこかしら空虚に思えたのは、原体験の凄まじさゆえのことだったのか?ふと思い出す。

皮肉なことに、物質主義について子どもながらに考えざるを得なかった根源は日本人にある。
オランダ人は周囲の欧州諸国からも"stingy(ケチ)"で片付けられてしまう国民性が特徴だ。
ユーロ登場の遥か昔の80年代末のオランダ、アルミホイルで補修した乗用車が道を行く、
そんな経済状態だった上、海外からの労働者で都市はある意味ではカラフルな空間だった。
ピカピカで疵一つないBMWを走らせている日本からの駐在員に対して私は疑問を感じ始める。

私自身、現地校へ通っていたため日本人学校という共同体からも切り離された日常生活。
学校でただ一人の黒髪の少女、どんなに涙を流しても伝わらぬ言語の違いに諦観を抱いたのか、
いつしか妙な事柄に強く深い興味を持ち始めた。"個"の壁は強固だから取り壊せないもの。
少なくとも、他者との共通項を求める学習環境でなかったことが幸いしたのだと言えようが、
自分のペースで周辺社会を理解し、アイディアを表現する機会を与えられたのは救いだった。

どういう訳か、オランダでは個の集積体が集団に直結していないことがほとんどなゆえに、
集団行動を強いられた経験自体ほとんど記憶にないほど。自己責任、どこかで鳴り響いている
この四字熟語がどんな意味を持つのか今になって振り返る時、当時の学校の"掟"を思い出す。
かの不文法を日本に帰国してからいつの間にか心の隅に追い遣ってしまった自分に恥を知る。
現在形のNOの先に永遠のYESを証明するには孤独が付き纏うこと、私は心得ているのだろうか?

共感覚者として名乗りをあげること、この意味を知る者は今の日本に如何程存在するのだろう、
と問い返しても現実問題、芳しい答えを期待することはできないに等しい。定義すらないのだから。
この現象の「ある」「ない」からして、誰が的確に説明できようか?本人の知覚しか現実を語らぬ。
何とももどかしくじれったい話だが、真実を表現することが幾百の誤解と疑問を産んでしまう。
しかしながら、事実としてこの現象とその意味を当事者が語らねば社会は変わらない。

知覚体験とは身に纏う民族衣装でも、瞳や髪の色でもない。人間の生命活動の根幹にあり、
地球上のすべての思考や営為を支えている構造体であることには何の意見の相違もないだろう。
型破りと称されようが、私が挑戦をし続け、自己を解体して何かの創出行為に向かおうとするのは
揺るがぬ使命感がどこかにあるからかもしれない。"個"とは何か、と考えることは止められない。
オランダという社会、建築というフィールドに立ち戻らざるを得ないのも、この性(さが)ゆえだ。

オランダにいた頃から、格好の良い建築にどういう訳かあまり興味がない。なぜなのか?
現実はいずれ崩されるためにある虚構なのかもしれない、との恐れを常に抱いていた私だもの、
素直に見栄えの良いものを受け取ることが出来ない。かと言って捻くれ者だとは思わない。
最底辺にある事柄を見ずして快楽に勤しんでいられるほどに楽天的な人生でもなかったから。
自らの命あることに感謝を捧げつつ、どこかへと走り続ける日々がそこで私を待っている。

wie is wie
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 01:25:06|
  2. 海をわたる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彩られたエネルギーの行方

何とも急ぎ足な季節の移り変わりについていけない、そんな自分にふと気付くことがある。
なぜにこんなに秋めいてしまったのか、と去り行く暑さに寂しさを隠し切れず人知れず涙する。
思えば、今年の春は春で桜の散り行く様が愛おしくて仕事中に訳もなく泣いていたのでしたわ。
季節の変わり目の著しい日本に生まれたことにどことなく感謝を捧げつつも、切なさを覚える。
心はもうとっくに冬の色を求めて逃避行まで始めてしまったというのに、感覚の色は足が遅い。

体が暑さについて来ない、そんなことを嫌ほど感じていたかと思えば今度は涼しさに泣くのね。
絶え間なく私を包囲してくれた片頭痛の色彩から、段々と何かが抜け落ちてゆくのに気付く。
ああ、そうだった、私の体温にも、頭を覆う熱にも共感覚はあったのか?あまりに自然な姿。
涙がぽろぽろと頬をつたうのが我が事だと一瞬失念してしまうほどに、季節の変化は恐れ多い。
気温の変化と共に夏の色がどこかにさらわれて行く。どうしよう、助けなきゃと色を追い掛ける。

まるで子どもじゃないの、と思いつつも、この感性は自分の中で生き続けるのだと時に思う。
元来夏など嫌いな私が、暑さに感じた共感覚を愛おしく思うのは何の効果でありましょう?
この一年の間に、自分があまりに速いスピードで道を走り続けたからかしらん。きっとそうさ。
記憶の粒を一つ一つ探り出し、懸命に積み上げてきたから?それもそうであるのに間違いなく。
あっという間なのに、これまでないほどの数々の挑戦にエネルギーを費やしたことも然り。

進歩や成長、なんてきれい事には収めたくないほどの苦悩、いつだって忘れやしないだろう。
厳密には片頭痛の誤診に遭ったとは言うものの、共感覚者としての責め苦の方が大きかった、
と今になって振り返るのはなぜにだね?やはり、私は色と形に包囲された人間なのだろうか?
私個人にとって、共感覚は人生の喜びを体現する知覚現象で、色や形や音はそれの材料。
"時間"といういわく言い難い料理人がそれを調理して私の口に運んでいるようなものだ。

時として他者には理解され難い誤診ではあるが、はて、これを私は理解されたいのだろうか?
実に傲慢な問いなのだが、答えは尚のことそうだろう。どこかでわかられたくはないのだから。
体験者でもなければわかるまい。苦悩は決して宝物ではないというものの、ゴミでもない。
そこにあった必然、と。今となってはそうとみなす外ないのだろう。偶然もそこにはあれど、
セレンディップとはそんなに重苦しいものでもないはずさ。でも、軽々しく苦痛を取り扱うと危険よ!

季節の変化を優しく撫でてやりたい子どものような心もあらば、苦悩を語る心もここにあり。
かくして我が人生は複雑怪奇な色模様で覆われていくのでありますが、それでよいのだね?
共感覚との名を持つ島の上に、数々の記憶が群れを成して、音を立てて自己を積み上げていく。
誰が設計したか知らぬが、あまりに合理的なそのアーバン・デザインに思わず敬服してしまう。
神経系の成し得るテクノロジーが、偶発性の美学とタッグを組んで一期一会のコラボレーション。

数知れず崩壊を繰り返した細胞の群れに労をねぎらいつつ、明日の風に目を向けてみよう。
その複雑系都市は何色に塗られてゆくのか、しばし眺めることにしてもよいではないか!
老いた何者かが子どもに声を掛ける。また桜も咲くことだろう、夏も再び到来するだろう、と。
繰り返し同じことが起こると単に信じられないその子どもは恐れを抱きつつも、言葉を懐にしまう。
緋色の針が青鈍のもやに消える。彼等のような痛みのある限り、私は生き続けているのだった。

それは覆われて
  1. 2008/08/23(土) 08:16:24|
  2. らせん と じかん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

It has come after the Overture

時の経過がここまで著しい変化をもたらすものとは・・・。近頃、溜息が出るほどに感じることだ。
他者にはいかなる様相をもってしてこの変移は把握されているのであろうかと、ふと立ち止まる。
誤診の意味も共感覚の存在もまったく理解できない人には、何も響かないことには間違いなく。
本人の中で何が激しく揺れ動いていたのか、言葉にはし難いものなれど、それが世の常か。
一挙手一投足をすべて見守ることが出来たのは私しかいなかったはずなのだが、妙だな。

私が見ているのは鏡に映し出してみた自らの姿なのか、それとも他者の語る私の背面なのか?
いずれでもないように思う。共感覚や心身の痛み苦しみはそこまで単純なものでもないのだから。
このブログを初めてからかれこれ4ヶ月以上が経つ。それにしても、なぜ心の内を明かし始めた?
誰にも口にせずにはいたものの、誤診の事実が近いうちに明かされるだろうと察知したからよ。
自らの身体に流れる旋律がこの変化の予兆を演奏していた。序曲に続く物語が必ずあるのだと。

時として私の感情だけを振り撒いていた文章、内に秘めておくこともできない悲しみばかり。
いったい誰がこんな文字の羅列を読んで爽やかになるものか、いや、なるはずがないものよ!
あくまで、共感覚も片頭痛も個人の体験。それに付随した苦しみも何もかもそうなのだったわ。
共有できることは一生涯なさそうだが、どこか一点で直線が交差することもあろうか、と思う。
個として生きる、これの重みを噛み締めながら生きる人間は如何程この地球にいるのかしらん。

いつも目の前に問題は山積み。制約だらけの森の中で前を塞ぐものを掻き分けながらも歩く。
もし、何も制約がなかったのなら、苦労することがなかったのなら、今の私はどこに生きていた?
こう考えると、物事は成るようにしか成らない、と確信する。そう、それは私のAAであるように。
偶然の中で出会った必然、これに感謝の言葉を捧げつつ、己の業を振り返れ、との声もあり。
はて、嵐の後に残るのは塵だけかいな?もっと目を凝らして真実を見抜いてみよ、己が弱さを。

Ga maar, ga maar...
  1. 2008/08/18(月) 20:22:24|
  2. らせん と じかん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

演じる音、感じる色

たまたま手元に届いた、中学校の部活の同窓会のはがきが一枚。色を重ねた仲間たちから。
何とも言えぬ懐かしさや嬉しさに昔日の記憶に思いを馳せてみる。音楽は、永遠の絆だもの。
今からひと昔前に、私は一人の中学生として合唱に明け暮れる日々を送っていたのか。
思い返すだけで、感慨深い気持ちになってしまうのは、はて、なぜかしらん。しばし立ち止まる。
共感覚のキの字も知らずに、毎日色を求めて仲間と歌い続けていたのだから、不思議だね。

日本語の響きが迸る色の蒸気の如き存在に昇華する、歌うことはそんな喜びと冒険。
それも、たった一人の歌声だけではないのだから、私にとっては化学反応のように楽しい。
音楽を聴くことは今でも日々の習慣なれど、音を描く演者の一員となるのは感動的なことだ。
季節の気候、日々の天気が織り成す人の声の繊細さにまた別の旋律が流れ出すほど。
幾重にも重なった色の記憶、これは本来は私だけが築いたものではない。仲間に多謝!

そういや、妙な記憶がある。顧問は当然音楽の先生だったが、彼女の言葉で忘れぬことが一つ。
とあるオペラ歌手の声が「黄色で気持ち悪い」と言っていたのを覚えている。無論、この黄色が
一般的な意味合いでの"黄色い声"ではないのは当たり前。当の歌手は男性歌手だものねぇ。
後の日に、その歌手のCDを視聴してみたら私にはどうにも紫色の声にしか聴こえなかった。
彼女の当初の意図は、歌い方と声の色の関係を説明すること。何ともおもしろいお話だこと。

今度同窓会で再会したら、彼女に音の色について語ってみようかな、とふと思うのでありました。
自分の中学時代は決して明るくはなかったものの、音楽の光に満ちていたから幸せもそこに。
日本語の美しさを共感覚として噛み締めていた頃が今となってここまで愛おしくなるとは!
人の作りし楽曲を丁寧に紐解き、音の一粒一粒を演じきるのは掛けがえのない行為なのさ。
何かを造ることばかりに目を向けるだけでなく、造られたもの等に目を向けると爽やかさを感ずる。

In the forest, you'll find the nest...
  1. 2008/08/07(木) 23:10:09|
  2. おとをみる いろをきく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共感覚は愛着の対象か、創意の源か

物事をこだわるのは感覚か感情か。"特殊な"感覚や経験を持つ自分にしばしば問うことだ。
その答えは明白で、感覚それ自体は何もこだわってはいない。何しろ不随意に起こる共感覚、
知覚する事象を一々こだわっていては、身体知覚も精神も何もあったものではないのだから。
感覚ありきの人間の感情、幾重にも重なった知覚体験の末に色や形に愛着も生まれるのだろう。
連綿と続く共感覚体験、人間の感情をどれだけ左右するものやら、時として考え込むもの。

自分のように、単なる片頭痛の誤診ゆえに身体の知覚環境須く壊れた過去のある者にとって
「共感覚への愛着」俗に言われる「こだわり」について、今現在はどんな姿かたちをしているのだろう?
酷く複雑な感情、つまり残酷な経験を引き算して考えてみれば物事の筋は光に照らされてゆく。
時間知覚の一貫性を失うと、人間らしい感情も感覚も自ずと崩れる訳で、これは明白な事実。
もう一度再構築した、なんて格好つけた表現を借りれば聞こえはよいものの、現実は凄まじい。

幸か不幸か、オランダ文化に出会っていたことでこの点救われたこともあろう。Ja, echt bedankt!
日本で一般的に"違い"と称されるものを違いと考えていないあの国の文化が、真実を語るらしい。
物事の本質をまず見極める行為、肉体が死に掛かった時にはあまりにイメージが鮮やかだった。
社会との相違、他者との差異などもはやどうでもいい境地にあって現れ来るのは爽やかさだもの!
遠い昔、言葉を知る以前から知る共感覚がじわじわと戻ることの喜びだけ見つめていたっけか。

たとえ自分の健康を脅かした張本人等に共感覚がわからなくとも、今はどうだってよい気がする。
生きる意味を噛み締めることに分類も診断も本来あったものではなく、その気持ちは真っ直ぐだから。
そして、しばしの休符を見続けた後に私は再び社会の騒々しさと広さを見渡すことになったのだが、
そこで自分の殻の中に籠もって殺され掛けた感覚のみを癒し、慰めることもできたのであろう。
が、結果として、その道は選ばなかった。自らの体験を無駄になどできるか、と心に誓った訳だ。

真実を明かせば、社会への扉を叩き始めた当初は記憶と言った記憶も無かったのだから、
道なき道を、ただ単なる一期一会の共感覚体験とともにとぼとぼ歩き続けていたに過ぎない。
以前愛していたはずの感覚がなぜかそこにいない、その"不在"という現実が私を奮い立たせた。
もっと感じたい!もっと考えたい!と涙も流せないほどに乾き果てた心はもがいては立ち止まる。
人間の脳内で育てられた一続きの記憶、これがどれほど愛おしく、待ち遠しく感じられたことか。

道すがら、私は一つのことに気づく。このまま何も意識せずにいれば記憶もこだわりも戻ろう。
しかしだ。折角こんな苦痛を経るのであれば、ただ物事を元に戻すだけでなくコマを進めてみよう!
自分の損得のためにすべての物事が進んでいくのは私は虫唾が走るほど嫌いなのだから、
共感覚は感覚として生かし、感情論や愛着とは別の宇宙で自由にさせてあげてみてはどうかな。
あまりに安易な思い付き。言うまでも無く、個性は個性として生き残ると勝手に目算していた。

たまたま、行き着いた先は元からいた建築界。能力の無さを怒鳴られ、けなされる中で
自分の感覚を感覚として使うこと、序に言えば創作行為に向けることの意味を悟ることとなる。
口ばかりの頭でっかちな野郎になるのでは生き残った意味がない、と心を鬼にして前を見続けた。
立ち止まろうが時間は進み続ける、その残酷さを肌に感じつつも、己が共感覚に今は感謝する。
これが知覚現象ではなく、心理的現象だけであったのなら抑止力も生まれなかったのだから。

共感覚者のいない職場で一人黙って作業する中で感じた孤独、何と言うか外国人の心そのもの。
どんな辞書や文献があろうとも伝わることのない文化の差異、その根底にあるのは感覚だけ
ではないものの、どこかしら共感覚者の孤独に近いものを感じるゆえになぜか安堵感を覚えた。
最近になって、自分の"専売特許"とする作業が周囲に"感覚"として認知されていることを知る。
つかみどころのない曖昧な現象として共感覚があるのではない、と社会の中で感じた瞬間だった。

確かに、今現在は色や形に関する深い愛着を感じている。しかし、以前との変化は禁じ得ない。
それは決して悪い意味などではなく、より強固な自己の一端として共感覚を知覚するという点でだ。
主観的知覚である以上、現実、他者の目に触れる時は今ではそれなりに気を遣うものである。
アートとして客観的知覚に到達し得ない表象を共感覚として口外することは極力避けている。
誤解が生んだ誤診、その意味を認識した上で同じ過ちを再び繰り返すのは愚かなだけだから。

社会的認知は未だに低い現象である以上、扱い方も非常に難しい。ただの個人の知覚ゆえ、
ともすると、単なる異常知覚と受け取られかねないのは不完全な人間界にあれば周知のこと。
共感覚と創作行為、この間には人間味のある奥深い愛情が末永く横たわっていることだろうよ。
自らの利益だけでなく、他者への社会的行為の一環として共感覚表現が自己実現に結び付く時、
人間が本来持ち合わせていた共感覚知覚は実を結ぶ。どんなに小さく見えない一歩であろうと。

Livin' on a line
  1. 2008/08/01(金) 20:31:50|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。