seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

闇に消え去る者もいる

小さな頃から"頑固者"と母によく言われたものである。そして、一度決めたら遣り通す、とも。
別段私としては意地を張ったつもりもなく、ごく自然に振る舞っていたはずなのにそう言われたが、
今からすれば、共感覚者の子ども時代とはそんな思い出の宝庫であってこそ人間らしいと思う。
ただ単に融通の利かないヤツではなく、苦労しながら過ごしていたあの時代を思うと涙腺が緩む。
日本から遠く離れた異国で私が何を大事にしていたかって?そりゃ当然、色や形を愛していたわ!

もし私が姉たちのように日本人学校に通っていたのなら、これ以降の物語は虚構だったはず。
一斉授業の存在しない"摩訶不思議な"教育制度の恩恵を受けて私は自由気ままに生きていた、
と言っても過言ではないほどに、唯一無二の773式勉強法を編み出していたのだと思うのさ。
先生や教科書がすべてを教えるのではない、その環境の中でどうやって私は算数を覚えたか?
友だちから教わったり、逆に私が教えたり。言葉が日本語だったのなら、色計算を教えたろうが。

外国人という存在はどこの国にいても、何かしらの不利な面を背負っての生活が常だから、
時間が経つうちに自分の"得意技"を磨くようになるのではないかね?生きるための知恵として。
言葉ではどの道負け犬になるのだから、とこの私は"人間計算機"になろうと試みた訳である。
頭の中で色や形が光り輝き、蠢いているのは秘儀としたまま、算数だけ取って置きの教科になる。
特技の種明かしは逆に教えたくなかったので、数字に色があることだけは決して話さなかった。

無論、数字に見る色はオランダ語でも説明できるくらいの"標準色"が多かったとはいえ、
黒髪に黒い瞳の外見と、計算が出来ることくらいしかアジア人としての自負がなかった私には
掛け算九九(向こうでは十十だが・・・)の色を逐一説明する時間の余裕さえなかったと言えよう。
しかし、不思議なものである。彼らに褒められること自体は自分にとっては実はどうでもよく、
計算する時に頭のまわりに光る色の粒を感じる、その快感だけが私の目的となったのだからね。

それなら、計算をさせてもらえればそれだけでよかったかと言えば、そんな訳もあるまいな。
私の通った小学校は、数字や文字の書き方に関しては結構注文が多かったのは事実だろう。
日本に帰ってからは"外国育ちの例外条項"を多少なりとも考慮され、放免された面もあったが、
就学してからずっとそこにいたこともあろう、文字の書き方だけは丁寧さを求められたと記憶する。
目がとろんとしてしまいそうな昼下がりの書き方の時間に何百回となく、数字を練習したものだ。

どういう訳か万年筆文化の色濃く残るオランダの地では、算数の正誤と同様なレベルでの
文字の美しさを要求されたのだった。後に、中学校の硬筆でこの経験が生きたので良しとしたが、
青いインクのペンで数字や文字を間違いなく書き続けるのは、時として苦痛だった。あのインクめ!
何たることか、2478の書き方や順序が日本式のそれとは共感覚では決定的に違うのだから、
数字だけ先取り学習した私の脳ミソの細胞達が臨時の重役会議を開いたのは言うまでもなく。

連夜の会議で、2と4と7はその共感覚の形に宿る気品と性別により、"色彩的二股"を許された。
私の意識の中での許容範囲が彼女等のジェンダーによるものだったならば、笑える話だろう。
だが、オランダ式の8の書き方に添うと今でも彼が共感覚上のゲイと化すことから考え直せば
そういう"保守的な決定事項"だったのかもしれない。(オランダはご存知、同性愛に寛容な国家)
名付けてダルマッチョのような8よりも、スラリとした日本式の8の方が計算に適しているもの。

何分、この手の帰国子女の共感覚ハプニングがそれ以後も数知れず起こったのは確かなれど、
数の読み方が書き方以上に狭き門であったのは記すまでもないこと。ありゃ凄まじい闘いだわ!
"責め苦の九九"を母が唱えさせたことで、6はアンビヴァレントな存在に成り変わってしまった。
性格は温和でしっかりとしているのに、タッグを組む相手の数字や私の思考する言語が変わると
TPOに合わせているつもりなのか、ご丁寧にも彼は身に纏う色彩を変えてくれるのですものね。

6は元々は深く柔らかい緑の毛布だが、シャイなのか何なのか他の数字と並ぶ時はめかし込む。
深緋の生温い液体の如く、他者を惑わし始めるとは、いやはやなかなかの"色男"じゃないの!
しかし、六という漢数字は藍色のもやの中に姿を消していくのだから、共感覚とはやはり浪漫だな。
海外生活で変化を強いられて苦労したのもこの私だが、数の共感覚物語を楽しむのも同じ自分。
これが他者には謎に包まれた時空にのみ存在する色彩かと考えると、脳の神秘に平伏したくなる。

6の婚礼、かくして六へ向かいたり-2
  1. 2008/09/14(日) 23:47:08|
  2. 数 と くうかん
  3. | コメント:0

マイノリティーへの手紙

この島国から一たび海の外へ出て暮らした者にとって、少数者としての認識は避けて通れない。
無論、例外もあれど、一人間として社会の中に生きるということがツアー旅行と訳が違うのは
然るべき現実なのであり、これが弱者としての自己認識につながることも往々にしてあること。
弱者の視点と言えども、この姿勢が他者に何かを期待できるほどの余裕のある事態でないのは
体験者には自ずと意味がわかるものなのではないか。これは異国に住む・住まぬに関わらず。

日本国内にも地域性というものがあるように、海の外と言えど物事の考え方はそれは多様だ。
他者との関係性の中で築かれた小国もあれば、帝国主義の中でいつしか台頭した国々もあろう。
それぞれの国や地域の歴史性に根ざした文化や言葉、人間性が生まれるのは言うまでもないが、
この総てを書物や数字に変換できた人物がこの世に誰一人としていないのは、ともあれ興味深い。
"努力"の下に体験されたこと以外をも知ったかのように振る舞うのは、ナイーヴ過ぎるのだもの。

マイノリティーとしての自覚、私の中ではもはや消し去る必要もないほどに大きな位置を占めるが、
西欧の小国オランダにいたことも、共感覚者であることも、地球儀の中ではほんの小さなこと。
この構成的ディレンマから逃れて生きることは、もはや今となっては自ら望んではいないものの、
現実を知らしめたいと思うのは至極当たり前の人間的な感情であることには他ならないと感ずる。
序に付け加えれば、誤診に遭ったのもマイノリティーゆえ。一度、多数者になって考えてみたいさ!

生憎、そんな願いは叶えられないぞ、と論理学のカミサマが唸り声をあげている。しかし、妙だ。
少数者は、いつ何時多数者の側の視点に無知蒙昧なまま社会に生きることはできないのだから、
常に"成らずして成る"状態にある。想像力、とでも分かり易く置き換えるのが妥当なのかしらん。
相手の立場に立って考える、云わば当たり前のこの概念を、己が心にもう一度突き刺してみよう。
思うに、これを忘れた人間は共感覚だろうと何者だろうと、ひどく貧しい方向に向かいかねない。

このブログにも度々登場してきたオランダ体験記、現地社会に生きた異国の者にとっては日常。
言語の不自由さ、これは共感覚の有無に関わらず付き纏う問題であり、何分特殊でもないはずだ。
日本人のように海外に自国のコミュニティーを持つ集団にとっては、確かに逃げ道も多数あるが、
それはこの私からすれば姑息で野暮な発想。孤独や苦痛は立ち向かってこそ、その輪郭を持つ。
海の外に自分を殺す野蛮人が溢れ返っている訳もなかろう、人間の価値は普遍的ではなくて?

幸運と呼ぶべきことだろうが、私が幼少期に暮らしたオランダは九州ほどの小さな国だった。
他者に対して敵愾心を抱く代わりに、ただあるがままに相手を受け入れること、彼らの知恵だろう。
私とて、行った当時は現地校でただ一人の日本人だったために言語は学ばねばならなかったが、
それ以外に文化として何かを強要されたことがあっただろうか?実を言えば、覚えてさえいない。
自然体のまま、自分の母国と今住む環境の両方を大切にしていいよ、暗に彼らはそう教えた。

利己心からの言動はお叱りを受けるものの、分け合うことにはいくらでも手を貸してくれたっけか。
足りない分は補え合えば、お互いに歩み寄れば、和やかなひと時を過ごせるじゃないの!とね。
この素敵なアイディアが世界のどこにあっても私は歓迎するだろうが、今あるもので楽しむこと、
その空間に在るもの総てが喜びや悲しみを共有できること、彼らはそれを"gezelligheid"と呼ぶ。
日本でいうところの"和の精神"だが、老若男女にホモ問わずこの恩恵を受けるに値する、と。

社会学用語のゲゼルシャフト(独)と語源を同じにする言葉ではあるが、その意味はまるで別もの。
何か明白な形での利益や目標がある訳でもなく、多様な存在を受け入れることを表している。
冗長的と言い切ってしまえばそこまでだが、マイノリティーの受容はさほど単純なことではない。
自他の一長一短を終始見つめて生きることの背後にあるのは、並々ならぬ想像力なのだろう。
想像力に創造性を加味して、矛盾の渦を互いに眺め合うこと。生きる知恵とはそのようなものか?

思うに、あの国の人間にマルティリンガルが多いのもこんな文化の土壌あってのことだろう。
自分が自分が・・・、と言い続けて国を守ろうとするのではあの国はとうに滅びていたのだと感じる。
体は大きく、自己主張は強いのにシャイであったり、否定したかと思えば認めてくれたりもする。
激しく移り変わる天気の如く、彼らの心は優しく柔かい。無論、目の前に本人がいればの話だが、
これが農耕民族ならではの国民性であるのは間違いなく。牛も野菜も観察しながら育てるものよ。

私の共感覚もご多分に漏れず、あるがままの姿と色をあの国に守られていた、と気付かされる。
日本に帰国し、"異物"や"異端"として迫害に遭い、鬱になるまでは自然な感覚として生きていた。
マイノリティーとしての自負、それを培うきっかけを備えてくれた人々に再び感謝の念を捧げよう!
鬱になった時期に色彩や形態に関する知覚力や感性が鈍ったのは、明白なことではあるものの、
その自負なしに、私はかの凄まじい誤診を生き延びることができただろうか?疑問を抱くところだ。

長年の言語学習を通して出来上がった私固有の共感覚が一つある。言語共感覚図とでも呼ぼう。
手前に日本語があり、心臓から30cm前進したところに"意味のブラックホール"が鎮座している。
その地点を通り過ぎてから角を右に曲がるとオランダ語、左に曲がると英語が居る。その他にも、
趣味で覚えた仏・独・伊・・・と各言語に領域が付与されているのだが、いつも位置だけは一定だ。
無論、日本語の"何"は英語の"what"に直結せず。文化に踏み込まずして、意味は聴こえない。

wherever you are, they have their own realms
  1. 2008/09/12(金) 00:12:00|
  2. 海をわたる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディテールが教えるもの

"God's in the detail."とは良く言ったもので、人間も空間も細部が生きなければ生命はない。
思えば、大学時代に設計の授業でこの言葉をよく投げられた。無論、皮肉に近い形の表現だが、
デザインの内容が細か過ぎると教える側は"教育上よろしくない!"と突っ撥ねる外ないらしい。
知ったからには知ったなりの建築があろう、と私は当然の如く設計したので知ったこっちゃないが、
建築を学校の中で学ぶまでに待ち過ぎたのだろう、授業は何とも居心地の悪い空間だった。

実際に実務の世界で見たものはその正反対。時間は少なくとも、細部を造らねば業界が止まる。
形や空間に共感覚を感じながら設計に関る、と非共感覚者が聞くとどう反応するのだろうかね?
男ばかりの世界だけに尋ねる機会を逸しているものの、納得の行く答えなど期待はしませんよ。
それにしても、妙だ。作業の精確さはリズムだ、と私が口にしても誰も異論を挟まないのだから。
ま、"モンドリアンっぽく!"なんて上司の言葉を聞くとその場で小躍りしたくはなるものだけどね。

昔、オーボエを吹いていたことがある。こんなマイナーな楽器をなぜに選んだのか?答えは一つ。
45mmの円筒形の音が気に入ったから、そして楽器自体円筒形だから、その親和性に惹かれた。
楽器の形と音の形がてんでばらばらだなんて・・・、私には堪えられんほど悲しい話だろうねぇ。
毎日自分の顔が他人になってしまうほどの恐怖感がある。だがな、これは自分が演奏する場合。
他人の歌声や音楽なら、どんな形だろうが、色だろうが、それなりにイケテる!と思えるもんさ。

中学卒業までの6年間を合唱に捧げていたものだから、大人数での演奏は楽しみと感じる。
がしかし、大勢と言えど建築のようにすべての演奏者の顔も名前も見えぬ音楽、妙な営為だ。
上からの仕事が縦横に跨り、日本ではないどこかで採られた石や木の材から序章が鳴り響く。
建築のプロセス一つ一つに響きを感じて来た私にとっては、気の遠くなるような音楽な訳である。
ディテールに何が込められているか、これを忘れずに設計などできた例がなかったのも真実也。

誰がどこを奏でても、自分がどのように爪弾いても、それが旋律の一部となるのは止められない。
現実として考えるならば、日本のようなアジアの一国では平然と不正が罷り通っているのだが、
これが設計行為の中に組み込まれること、共感覚者の私個人から見るならば音楽の破断行為、
いや、それ以下の事象。断絶することが公然と起こるのはなぜか?答える必要もないことだ。
相手の顔が目の前に見えないこと、あるいは見ないこと、現実、産業とはそのようなものだろう。

各個人が担える分だけの楽譜までしか背負えないこと、これは社会的音楽としての限界か?
レンガ組積造が言わば時間構築の美学であるが如く、物事の臨界点を知ることは興味深い。
それが良いものであろうと、不快なものであろうと、世の中の大概の真実は自己の確信の裏側に
潜んでいる訳なのだから。文字通り、裏切られたとは物事の本質に出会うことに他ならぬもの。
しかし、いつしか人は自己の限界を超えることを学んで行く。と同時に見切りをつけることも。

進化論は最初から信じちゃいないから、自分が猿人類の先っちょだとか考えたことはないものの、
変人類を祖先に持つ変人そのものであることには変わりない。変、gek、crazy・・・どこの国でも
この呼び名は我が代名詞であった。いいじゃないの、モノを生み出すには異端が不可欠だもの。
が、ある時から自分の奇異な面さえ忘れていたようにも思う。敢えて忘れたのか定かではないが、
ヘンがフヘンになったから、あたかも化学平衡のように感じられたのではないか?と今は思う。

共感覚者が共感覚者に出会うということ、これも同じような作用を感じさせる体験である。
誤解を避けては生きて通れなかった個々人が、誤解のない世界に突然入ったかのような感覚。
現実には、人間同士の根本的な関係としての他者理解が物事を進めていくことに外ならぬが、
それはディテールの美しさを如何に突き詰められるかということに全てが懸かっているのだろう。
人間の持ち得る感覚の謎をかくも巧妙に語り出す知覚現象、社会という複雑系に彩を与える。

内臓をえぐり取られるかのような強烈な感動を覚えると、始原に奔ろうとする自分がいる。
人とは何たるや、から始まり、共感覚の永遠に解かれぬ謎の大洋に足を片方ずつ浸けてゆく。
私とて、宇宙の神秘もろくに見えぬ一人間である。せめても、ディテールから歩き出そうか。
未だ結ばれぬ要素だけの世界。誤診を知り、初めて自らを一個の共感覚者として認知した時、
夜の星屑の中に飛ばされたかのように感じた孤独と衝撃。あの感動を忘れた日は一日としてない。

Vragen voor die dagen te komen
  1. 2008/09/08(月) 08:08:08|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。