seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それが希求した

宇宙の果てまで突き抜けるような苦悩を体験すること、誰しも一生に幾度かあるはずだろう。
自分はこれ以上はもう苦しまないと思ったのに、そんなことを繰り返すのもこれまた真実也、と。
そういった事柄の後に吹っ切るため、立ち直るために私はいったい何をしてきたのだろうか?
傍から見ればどうでもよいことで悩む人間である。私の再スタートのプロセスも同様にしてあり、
"どうでもよい"はずの色について考えあぐねては立ち止まり、そこから歩き始めてきたらしい。

堂々巡りが造り出す色合いに辟易とした頃に、長い眠りから覚めて絵筆を取り出すということ。
いい加減に、適当に、我が身をピグメントの中に放り込んでやりたい気持ちも十分にあるが、
いざ色彩のこととなると、とても自由には振る舞えない自分に気付かされるのが精々の始末。
姿をくらました記憶を追い求めている訳でもないのに、なぜに過去に縛られているのだろうか?
何度崩れても決してトーンを変えないイロハ50音を一つひとつ目で追いながら笑う自分がいる。

何度消えても共感覚は必ず戻る、と確信できる訳ではないのにどこかで信じねばならぬのだ。
この現象なくして自己は存在し得ず、そんなふうに感じるのは感覚へ依存しているからなのか?
至って自然に生活しているつもりでも、"普通ではない"自己を直視せざるを得ない時がある。
個性の許された社会に生きる者ならば、共感覚が"想像がつかない"はずはないのだろうが、
幾重に重なったこの知覚様式が、時として理解の範疇を超えた現象に成り果てるらしい。

マジョリティーに属していた記憶さえない私にとって、バリアフリーという言葉は妙に思える。
この概念を据えなければいけないという考え自体が、時として浅はかにさえ感じられるのだ。
ともすればカオスだと間違えられる共感覚の世界には、バリアも何もあったものではない。
垣根もなく、遠くまで広がっている小麦色の平原を眺めていることで何が問題と成り得ようか?
他者にはこの"もう一つの風景"がない、とただそれだけの結論に至るのが常であろうから。

あまりあるほどの意味を持つ事象をたった一つの単語に置き換えること、この行為には
いささか違和感を覚えるものである。共感覚にしても、バリアフリーにしても同様であるが、
事物の多面性を殺ぎ落とすような認識が生まれるのではないか、との思いを捨てられない。
人間そこまで単純じゃない、ということ。だかしかし、一筋縄に行かないから世界は楽しい。
すべて思い通りになるように闘うのではなく、調和を生むバランスを探し続けていたい、と。

どうやら私は自分の身から絵の具を振り払うことも許されていない。これが共感覚か?
人間の思考が感覚と共に在る以上、共感覚者はこの感覚のない環境では生きられない。
仮に生きられると意気揚々と宣言できる者あるならば、逆に私は尋ねてみたいほどだ。
"アナタは共感覚者か?もしそうであるならば、この感覚を失ってみたことはあるか?"と。
感覚の不在は自己の不全感につながる。Indeed, the missing piece plays the role!

You know, it goes further...
スポンサーサイト
  1. 2008/11/24(月) 17:36:40|
  2. らせん と じかん
  3. | コメント:0

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。