seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

所有しているものなのか

ひとえに共感覚と言えど、この言葉の幅は思いの外広いと感じることが時折ある。
十数種類ある自分の共感覚の中ですら、一括りに同じ感覚の為せし業とは思えず、
総ての感覚にそれ相応の個性があると思わずにいられない、いや、実際そうなのだ。
音の色の共感覚と数字の色の共感覚とが"同じ"現象だとは到底信じられないので、
仮にそうした定義があったとしても、この私には一つの囲いの中では扱い切れない。

共感覚の種類が多い人と少ない人では世界の感じ方は異なるのか、という問いは
ある意味では非常に愚かなものであり、問い直すこと自体然したる意味も持たない。
弱いか強いかの問いも同様にしてあるが、ここで論理の方向性を少し傾けてみたい。
自らの共感覚に対して"所有している"という、ある種の主体的概念があるか否か、
この点は当事者の精神世界の構築に多少なりとも関与している事象かと思うのだ。

例として、音楽に色彩を感じる共感覚がある。私自身、今現在は演奏者ではないが、
遡ること10年前は音楽を奏でる側だったゆえか、とにかく生活の中に音楽を求めた。
聴くにしてもただ単に耳を傾けているとは言い難く、全身がその色彩に浸かっていた。
建築に専念するようになってからは音楽固有の色彩を身に着けようとも思わなくなり、
時々"あの色が見てみたい"という程度。音の色はかつて所有していたモノとなった。

当然の論理だろうが、視覚・触覚につながる共感覚は所有している観念が強くなる。
私の場合、最もそれが顕著なのが文字・数字の色彩、続いて時間の色彩・形が来る。
日常の中で見る・活用する頻度が高ければ高いほど所有の概念は強くなっていき、
これは知覚する度合い(色や光の強さetc.)とはまた別の事象であり、ひどく複雑だ。
無論、生活の中でそれほどまでに共感覚が浸透していなければ不便はないだろう。

非共感覚者に自らの共感覚をぞんざいに扱われて傷ついた経験を持つ者もいるが、
時としてこれが立ち直れないほどのトラウマとなるのはこのゆえではないのかと思う。
共感覚を持つ・持たないを決めるのは実際問題本人の意思とは関係ないものであり、
不本意に所有する共感覚の存在と"向き合っている"と感じる者もいない訳ではない。
脳の可塑性所以の変化はあれども、感覚は自ら放棄できず、そうは望まないものだ。

もしもこれが疾病であれば話は多少分かり易いが、共感覚は疾病とは別物である。
種々の共感覚を上手くカンリする上では監理と管理の二つの役割を担うことになる、
と半ば冗談で考えることもあるが、現実的に私の共感覚とはそういった代物だろう。
自らの感覚に対する好き嫌いも存在するし、個々の知覚に何の境目もありはせず、
と宣言することはまずもってないだろう。だからこそ、一括りにはできないのである。

嫌なら消せばいいさ、と安易に口にする非共感覚者に出会ったことも私はあるが、
こんな時にこそ、共感覚の事細かな分類には目を向けられないのかと感じたものだ。
より深く、広い知覚として共感覚を体験する者ほど苦悩が尽きないのは何の皮肉か。
どんな状態で感じるどの共感覚が心地良く、はたまたどの感覚が不快で苦しいのか、
なぜ苦しいと感じるのか。日も暮れそうな話、ではない。明日も共感覚に陽は昇る。

Het gaat sneller dan jou
スポンサーサイト
  1. 2009/02/24(火) 22:26:28|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。