seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

色彩和平協定の故郷

共感覚のオンライン・テストなるものが存在する。年に数回、私も受けることにしている。
もちろん海外版なので日本語の文字はないが、文字だけでも相当数の試行を繰り返す。
実際、骨の折れる作業ではあるものの、毎回挑戦するだけで多くの発見に出会えるし、
普段は自分でも気に掛けないような共感覚を具に思い起こす良いきっかけと感じている。
テスト上には登場しない共感覚を問い直すための材料を調達できる、そんなところか。

英語は英語で考える私だが、これを終えれば当然日本語の世界に舞い戻ってくる。
いつもなら触れ合う色彩の変化としか感じないところを、今度は深く考え直してみるか。
テスト上で使われているgrapheme(書記素)とphoneme(音素)、彼等は曲者だろう。
そんなことを唸るほどに悩んでみたら、一つの考えが生まれた。本来、共感覚としては
日本語の仮名文字も発音も先に挙げた横文字で説明してはいけないはずだ、と。

私の平仮名と片仮名の色彩、実は両者で色の異なるものもあり、それなりに幅が広い。
現実として、"異なる"と言うにしても共感覚者独特の厳密さを加味すれば総て異なる。
文字の形態により色の濃さや柔らかさに違いが現れるのでどうしても同じにはならない。
つまり、私の文字の色は視覚優位な共感覚なのかもしれない。だが、早合点はまずい。
ここでもう一歩踏み込めば更に面白いだろう。どこでどのように差異は生じたのか、と。

いつ、どこで、何をもってして言葉を学んだのか、"結果"としての共感覚に尋ねてみる。
それにしても、地の果てまで続く文字の地平をずっと歩いて来た一人間ではありながら
自分の"出自"や"行き先"さえも不定なままにしておいた理由はどこにあるのだろうか。
"Indeed, I'm from nowhere."と主張していたのは、流浪の共感覚者の苦肉の策だ。
感覚の真の姿、それが表向きの言葉に隠されることを知った上での演技とも言えよう。

仮名文字の色を知ってから海を渡った私にとって、総ての文字の基本は一つだった。
"聴く色彩は読む色彩の後姿でも横顔でもなく、別人格として大切に生かすべし"と。
共感覚を知らぬ者にとってはまるで意味を成さぬ"掟"は決して生易しいものではなく、
私と同じく文字→色の共感覚を知覚する共感覚者にとっても謎の多い話ではないか。
多様な言語環境に育ったことで結論を下そうとする当事者がいるのも不思議ではない。

cちゃんとhちゃんはなんでいつもグルになってgちゃんの真似をしてからかってるの?
思えば、gという文字の理不尽な気持ちを気遣いながら私はオランダ語を学んでいた。
言語学的に説明すれば、当地の言葉でgとchが同じ発音になること、それだけだ。
一文字で音素を作り出すgは"偉い"のに対し、chは"真似している上に二文字"、
そんな違反行為がどうやら許せなかったらしい。分かっていても綴りが嫌いだった。

仮に、字形に感じる色彩と発音の色彩がまったく同じでなければならなかったら、
この文字同士の"人間関係"をいつ何時引き摺っているのは苦痛以外の何物でもない。
子供時分にそんな諍いが居た堪れなかった私は結局"暖簾分け"を命じたことになる。
大文字と小文字、平仮名と片仮名、これらの色彩を形ではなく音を基準に統合するのも
共感覚の和合のあり方だが、何やら私は慎重過ぎた政策を施行してしまったようだ。

無論、日本語の中で私が感じた共感覚的葛藤は若干意味が異なってくるだろう。
私が仮名文字に感じるフォティズムは、その曲線系ゆえに独特でとても強烈である。
単純に色だけではなく、私自身の体全体を覆う被服のような感覚をも感じさせる。
どこか建築空間を体験するかのような優美な感触が文字一つひとつにあるがため、
音という表象に行き着く前に既に余りあるほどの世界がそこに在ると感じるのだ。

文字と発音の言語的関係性を学ぶ以前に私が文字の共感覚を知覚していた証拠、
そんな見方が妥当かと思う。もし私が活動的な子どもだったら現実は違っていたが、
私の人生の初期は共感覚の熟成に重きが置かれていたといっても過言ではない。
その"熟成方法"が視覚機能を中心に築かれた仮名文字は100人以上の大所帯。
中には双子を装う者も在るが、片方が"年季の入った着物"を着ているだけなのだ。

仮名は便宜上書記素として扱われるが、共感覚として考えるならそうとも思えない。
私の仮名の色には多様性があるにしても、発音との相関性は特筆すべき点であり、
これがもたらす"和"の感触は何とも言えない安心感を生み出していると言えよう。
あくまでも共感覚は主観的な世界に留まるものであって、一個人の中の法則性が
文化にまで及ぶとは限らないが、表現され得るという点では可能性を秘めている。

Salty rain
スポンサーサイト
  1. 2009/04/30(木) 23:01:30|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0

主観の役割は何か

共感覚は研究者のみならず、体験する当事者本人にとっても非常に興味深い現象だ。
実際、自らの知覚世界についての洞察を深めたいと考える者が多いのもこのゆえだろう、
既存の学問領域の枠組みを遥かに飛び越えた議論を呼び起こすのが共感覚ではないか。
知覚現象を探究する、これはとても奥の深い行為であると同時に曖昧な要素も含んでおり、
主観と客観の間を行き来することでしか得られないものもあるのだろうと私は感じている。

個人的見解を述べるならば、共感覚者自身が学術的に共感覚を研究するには限界があり、
主観性に付き纏う"盲目さ"はともすれば危険な方向性を生み出しかねないと思うところだ。
科学的検証を含まない研究となれば尚のこと、現実として自分個人の共感覚探究となれば
一人間の生涯における純然たる自己実現、との自覚を決して忘れてはならないのだろう。
共感覚が強ければ強いほど客観性は薄まっていく、これは言うまでもなく自明の理だから。

そうして捉え直すと、このブログは何のための記述か。当然、独白に過ぎないのである。
これに付け加えて申せば、共感覚が個人的感覚だからこそこの記述に意味がある、と。
共感覚者の体験とは当事者間であっても時として自意識過剰にさえ感じられるものであり、
こういった"マイノリティ集団の法則"を知らない第三者から見れば非常に奇異と映るだろう。
いや、実際に社会的な視点から見据えるならばその見方は何等歪みのない正当なものだ。

現状として、「共感覚とは・・・」との定義を確定するにはこれから半世紀掛けても足らない。
ヒトの意識について一時代の人間集団には到底分かりようがなく、仮に「分かった」としても、
検証するには想像以上の技術革新と辛抱強さが求められるのではないかと私は思うのだ。
ここで一共感覚者として私に出来ることを挙げるとすれば、研究への主体的参加があろう。
そして、研究参加への根本にある日常的な共感覚体験、これも当然忘れるべきではない。

共感覚者個人の体験、すなわち現実の知覚なくしてその研究も何もあったものではなく、
純粋な感覚の尊重やそれに付随する感性の表現は何物にも勝る共感覚の証拠となろう。
どんな学説だろうと、当事者が知覚している対象を研究者側が簡単に欺くのは許されず、
逆に言えば、共感覚はそういった証明の難しさを持ち合わせた現象と言わざるを得ない。
意識に上りもしない無数の知覚信号を束ね合わせた感覚、何人も解けやしない謎だ。

真の意味で共感覚を尊重するのであれば、その証明は科学抜きには達成され得ず、
同時に、当事者一人ひとりの個性を跳ね除ける論理に結び付けるのも相応しくはない。
事実、一昔前までは断定口調だった研究者でさえもその姿勢を徐々に変化させており、
今では"収束よりも発散を好む"共感覚の扱いに日々頭を悩ませているのではないか。
冗長的な体験談の羅列に驚く非共感覚者もあろうが、それが共感覚の日常の姿なのだ。

身体と結び付いた感覚である。私自身、全くの客体として共感覚を眺めることはない。
しかしながら、他者との対話の中で客観的に比較検討し、議論を深めることはできよう。
事例となっても主体性を失うことがないのは共感覚の特筆すべき点ではないかと感じる。
脳画像であろうと色彩の指標値であろうと、知覚する本人なしには決して数値にならない。
これは主観的知覚である共感覚の醍醐味か。探究される対象は、あくまでも"個"である。

hiroku tohku tunagaru yohni
  1. 2009/04/28(火) 22:50:36|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0

聴く色彩、見る色彩

共感覚の研究の中で文字の色彩が扱われるのは今では一般的なことになっている。
実際、文字→色彩の共感覚を持っている当事者が多いゆえにこれは必然とも言えよう。
厳密には書記素に関わるものか、音素に因るものかでこの共感覚も分類されるのだが、
これらの違いをありありと感じている共感覚者はそうは多くないだろう感じることがある。
文字を読むという、ある種普遍的行為を疑うこともなければ生まれない発想とも言えよう。

時に、私は生まれ付き脳の機能に障害があるらしく、何語であっても文字が読み難い。
俗に言う読字障害というものだろうが、そんな事実も25年以上知らずに生活していた。
あくまで私の仮説だが、文字の読み難い共感覚者は文字→色彩の共感覚が一様にして
強くなるのではないかと考えている。なぜなら、ヒトは読み辛くても読もうとするものであり、
代替手段だろうが何だろうが、社会的に辻褄を合わせることで安堵する生き物だからだ。

私の場合、文字と発音の間にはアマゾン川とまで行かなくともそれなりのモノが流れており、
隔たりと言えば隔たりがあるのだろう。文字の色と話し言葉では色彩が異なることもある。
どうやら共感覚者の中には書記素と音素の色の一致が見られる場合もあるようなのだが、
私は小さい頃から種類が多かったので、逆にこれを"好条件"と考えることもあるほどだ。
共感覚に常に一貫性がある訳でもなく、振れ幅が大きければ適応できることも増えよう。

仮名文字とて平仮名の共感覚と片仮名のそれとの間で色彩が異なるのは珍しいらしいが、
実際、これも読み難さのもたらした恩恵であって、海外経験ゆえに生じた変異ではない。
西洋文字より先に二種の仮名文字を学んだのだから、これは当然の事実だと感じるが、
私としては個々の形に宿る色彩を大切にしたかったからこそ仮名文字に拡がりがある、
とそんな自負があるほど。だからこそ、合理化されずに生き残った子どもらが此処に居る。

多様性を受け入れるのにはそれなりの苦労もある。皆を平等に扱いたくなるからだろう。
一見して、同じ色彩しか感じないはずのゲルマン系言語でさえも色合いの違いがあり、
それは決して統合できないものだ。聴く色彩と読む色彩、一緒くたには出来ますまい。
無論、これは色彩的な拡がりをどこまで感じられるかという感性の問題かもしれないが、
私がオランダの地で日々感じていた色彩は思いの他ゆたかで心地良いものだったのだ。

訛りのある言語を見たり触ったりするのは私独特の趣味で、共感覚なしには成立しない。
一般化してしまえば、ラテン文字はほんの一握りの共感覚世界しか存在しないが如く。
さりとて音素の窓は殊の外広く、合理化されていないものらの生き方も見せてくれよう。
文字へ簡単には近づけなかった私だからこそ、多くの色彩に偶然出会えたのだろうか。
そうしてみると、幼少時の苦い思い出が後の日に壮大な景色を描かせたのだと感じる。

言語の発音にうるさくなる自分がいる。これは断じてキコクゆえの性分とは言えない。
寧ろ、共感覚者としての色彩への敬意だろう。生ける者は生かすのが筋ではないか。
視覚優位の日本語、聴覚優位のゲルマン言語、などと片付けるのは甚だ惨い話だ。
実際問題、時を経ることで絵の具の使い方を覚えた言語があるのもこのゆえであり、
より深く感じたいと思ったからこそ無駄に思えた熟成期間が必要だったのかもしれない。

よくよく考えてみれば、今の私が読む英語もオランダ語も原色系はほとんど居ない。
何を隠そう、誤診発覚後のこの二年の間でさえも色彩は変化している。なぜだろうか。
生活習慣の移り変わりにより共感覚も一様に変化を遂げる生き物とは言い切れないが、
脳の可塑性との二人三脚で私が蘇生させた共感覚はここ数ヶ月でも幾つか在るのだ。
少なくとも、それは私個人の中の生への執着心の回復と共に再会した者等ではないか。

Eindelijk, je kwam terug.
  1. 2009/04/25(土) 10:22:41|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0

リアリティの宿る場所

時折、本来共感覚は言語化すべきなのだろうか、と疑問に感じてしまうことがある。
擬音語で表現される一部の共感覚を別にすれば、私が日々知覚しているものの多くは
視覚や触覚につながる共感覚であり、記号化・音声化されるのはその一部に過ぎない。
味や香りとなれば、言葉にするだけ陳腐になってしまう。色彩も同様の現象と感じる。
現実として、共感覚者がこれを認知する時には言語は避けて通れない要素なのだろうか。

何を隠そう、私自身言語は決して得意とは言えない。空間に浮遊する色彩を掴むこと、
そんな行為を繰り返して言葉を学んで来た自覚さえあるし、特殊なことだと感じている。
空間言語を解するという点では不自由しないが、他者の言語が自分のそれとは異なり、
決して重なることのない領域にあるのではないかと常々不安すら感じて来たほどだ。
そうして振り返ると、自分の知覚世界に"共感覚"との名を付すことにも疑問を覚える。

幼い頃に海外で育った訳であるが、半ば色彩的な勘で対話をこなしていた程度であり、
発音には気をつけていても、文法や品詞等にはほとんど目もくれていなかったくらい。
口語も文語も色彩を切り貼りすることで成り立っていたのが当時の私の脳内なのだろう、
他者との対話というものも、どこか壊れそうな"危ない橋"を渡ることに他ならなかった。
言語に対する確信がなくて常に不安が付き纏うのは、今も昔も変わらぬことではあるが。

完璧主義ではないかと言えば嘘だろう。がしかし、言語に関しては早くに諦めがついた。
そこは自分の出る幕ではない、そんな境地か。無論、このことは後悔しても意味がない。
海外で一度過ごせば分かるだろう、言語以外の"言語"が只ならぬ能力を発揮する機会、
そんな扉が溢れ返るほどあるのを人間として気付かずに生きているのは甚だ損に近い。
物事の意味を共有するとはどういうことなのか、これを悟る瞬間は忘れ難いものだろう。

どういう訳かオランダ語で「五感」という単語は記憶にない。私の脳内辞書はその程度、
自分が日々の生活で表現したい言葉以外は門前払いでもしたのか、その概念すらなく、
「五感を働かせる」何ぞ言う狭量な配色は今に至るまで日本語でしか見た覚えがない。
そんなこんなで育ったもので、私の感覚を切り裂こうとしたのは当の言語なのかもしれず、
今でも共感覚について他者に説明することは喩え様のない違和感との闘いだと感じる。

私からしてみれば、ただ共感覚を語るよりも芸術や技術を通して感覚を表現する方が
よほど共感覚の現実が他者に切実に伝わるのではないか、と感じるのはなぜだろうか。
リアリティに富む表現であればあるほど、感覚の美しさなり凄まじさなりが伝わり易く、
それに続く当事者の論理も明快さを増した姿に導くことが出来る。逆に、言葉の多さが
折角の知覚世界を野暮なものにしてしまいかねないというのは実感として思うことだ。

思えば、共感覚を拙い言語記号に置き換えたことで私は誤診に遭ったのではないか。
ある種の自戒の念と共に共感覚を視覚化する時、そんな考えが私の頭を過ぎることも。
共感覚を他者に伝達するに相応しい技術、これも個々人の知覚そのものに由来する。
文字が読み難く生まれた私には私なりの方法があるのだ、と教えるのは何モノなのか。
色彩の中に飛び込んで、暫し涙して来よう。在りのままの光は誰にも消せないのだから。

Kijk!
  1. 2009/04/13(月) 23:16:44|
  2. らせん と じかん
  3. | コメント:0

その拡がりを見ながら

常日頃感じることだが、共感覚はオープンエンドな議論を呼び起こす現象である。
当事者同士でも共有できている部分はそうは存在せず、というのが現実ではないか。
と同時に、何物にも代え難い個人的体験の存在に気付かされては深い感動を覚える。
何が正しく何が間違っていると一括りには決して出来ないからこそおもしろいのだろう。
時として遣る瀬無い悲しみに出会うものの、毎度振り出しに戻るのも何だか悪くはない。

仮に、共感覚が共有される事象ならばどうだったのだろう?と考えたこともあるにはある。
しかしながら、私としてはそんな"天変地異"は起こらないでほしいと言わざるを得ない。
あくまでも主観的知覚に留まっているからこそ共感覚は"個"の構造と結ばれるのであり、
集団の中で分かち合えてしまうのなら、心地良さや美しさも遠のく気がしてしまうのだ。
そもそも、共感覚に関する議論で"同じ"を究極に求めることなど意味がないとも感じる。

共感覚者同士で話し合う時には「えぇ?そんなことがあるんですか?おもしろい!」と、
新たな見方に出会うのがほとんどであって、同じ意見を最初から期待しないからか、
見事に交わらない話題の発散具合に私などは何とも言えない喜びを味わってもいる。
瞬く間に見知らぬ色彩パターンで議論が埋め尽くされていき、話し言葉の共感覚として
派手なアクション・ペインティングの仕上がる様を勝手に感じてはヘンな自分に気付く。

兎角、非共感覚者が共感覚を知った時に誤解するのはこの多様性なのかもしれない。
文字の色の並びさえ共有できないのに"同じ"現象であると確信できる根拠は何なのか、
他者の思考が入り乱れた病的状態ではないとなぜ証明できるのか、との疑問もあろう。
実際、当事者の口から言語として映し出される共感覚と現実のそれとの間にあるブレは
見逃してはならない要素と私は身を以て感じる。個々の断面は総体ではないからだ。

神経科学の研究で扱われる共感覚の画像診断等はこの限りにではないが、実際に
共感覚の傾向とは在ってないようなもので、裏切られることで理解の進むものである。
時に、共感覚を絵に表す作業はこういう背景を踏まえると非常に興味深いと感じる。
あっと言う間に消え去る共感覚、これを視覚化するプロセスはそう容易くはないのだが、
何がしかの発見がある。そう、他者と言わず、己が共感覚にも多様性は潜んでいよう。

eleven thirty is there
  1. 2009/04/05(日) 19:53:22|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。