seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感じて、そして造るために

創作という観点から共感覚を眺める時、私は得も言われぬ困惑と期待を同時に感じることがある。
それは決して悪い意味を持つものではなく、どちらかと言えば至福に近く、心地良さとも言えよう。
戸惑ってはいても、この表現行為で巡り会うその感情は、後味が良い。世界の具現なのだから。

共感覚を感じると一口に言っても、その意味内容は驚くばかりに広いものだと私は常々思っている。
これは、共感覚者同士の知覚の手法の違いとはまた別次元に在る豊穣さと言い換えられるのだろうし、
そしてまた、それが一人の人間の内奥で静かに、強く生きている点においてもどこか優しさを感じる。

私の場合、文字の色や音楽の形等を表現している間は言葉という言葉が頭の中から抜け出たかと
感じる程であり、時としてそれは人間を人間たらしめる感覚と"言語"の間を行き来しているかのようだ。
神秘的という形容詞を付けるのは場違いだろう、なぜなら、共感覚は私の感覚の常の姿でもあるから。

ここで、普段の感覚であり、尚且つ逆でもある、矛盾を抱え込んだ共感覚にも同時に目を向けるべきか。
そうなのだ、現実生活を見渡せば判然としているだろう、共感覚者はこの感覚を隠す方が余程が多い。
他者からの好奇の目を避けるため、或いは自他の中に生じるであろう混乱を想定して慎重さを選ぶ。

生まれてからずっと"傍に在る者"を襞の下に匿い続けるとは、いったいどんな心境の成せし業だろう。
無論、匿いもせずに"放し飼い"にした経験のある者でもなければ、実際にはこの意味は知らない筈だ。
ある種の"失敗"から共感覚を内に秘めてしまうのが、大方のシナリオの進み方なのかもしれない。

共感覚を口にしたところでその場が凍り付く、なんてことは私もざらにあるがもう慣れてしまった。
というのも何も、人それぞれに世界の見え方が違うと分かっているのに押付けがましくはなれない。
自分にとっての知覚世界を明かしたところで共感や賛同のみが返って来る方が、ともすれば"危い"。

例えば、絵や音で示せば共感覚を見知らぬ(ないしは忘れた)者も彼等の感覚を通して知覚する訳であり、
初めて知った現象の姿を、全くの"無"の空間に築き上げるという至難の業を経る必要もないだろう。
"経験が力となる"のであれば、当事者自身が何がしかを他者の中に"感覚させる"ことも益に成り得る。

我々共感覚者の中で在るものが彼らの中には無いことが不可解極まりない/なかったのであるならば、
その逆もまた然りであり、無いものが在ると言われて戸惑う人々の心も尊重すべきかと今の私は思う。
そうとなれば、共感覚の表現は唯自分個人のみならず、世界のどこかでも意味を成すのではないか。

もしかすると、この感覚体験が自分のそれと"同じような"意味を持つかもしれないし、或いはまた、
想像し得る答えとは全く異なった考えや体験が生まれ出るかもしれない。思考の行方は無数に在る。
喜劇が創意として在るのと同様に、悲劇も其処に有りの侭に生かさねばならないのは屈辱だろうか。

何かの発見をもたらすことに期待を寄せ、内的な感覚が外的な感覚へと"置換"されたことに戸惑う、
そんな重層性があるからこそ、私は共感覚の表現を堪能出来るとも言えよう。その根源は複雑だ。
"総ては方向性を持つ"という動かし難い事実に比して人は弱い。変化という賜物を私は見守りたい。

ideeen

スポンサーサイト
  1. 2010/03/20(土) 00:45:34|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0

見立てて遊ぶということ

共感覚のある生活の中で心掛けていることは何かと問われたら、『遊び心』と私は返すだろう。
勿論、これは如何にして感じているかという話ではなく、ある種の"対処法"としてのそれである。
そもそも共感覚に無知な人々には理解以前の話題だろうが、ここでは敢えて一歩前へ進みたい。

共感覚の"同類項"として感覚過敏(sensory overload)なる"者"が存在するのは、当事者間では
言わずと知れたこと。時折、この感覚過敏を共感覚と間違える人々もいる位であることからして、
両者はあたかも"親戚"のようである。がしかし、現実には双方を区別した方が良い場合もあろうか。

感性や情緒的側面と統合して共感覚を探究する見方もある一方で、それらの前提条件としての
知覚そのものとして共感覚を捉える手法もあるのだと私は思う。当然ながら、そうした双方向的な
思考回路があってこそ共感覚の理解が進むことを鑑みれば、どちらが真・偽ということはなかろう。

冒頭に挙げた、"共感覚的遊び心"とはその意味で言えばどちらか一方の観点に基づくのでもなく、
種々の"イデオロギー"を超越した空間に存在する。そして恐らく、自らの共感覚に関して十二分に
居直ってなければ遊びも何もあったものではなく、ただ苦悶したままに終ってしまうかもしれない。

無論、そうした共感覚の"社会的立場"という"描画法"が当事者の中に芽生えるのは、大概の場合、
自分の感覚を当然のものとして過ごす子供時代ではない。他者にも共感覚が在ると信じて疑わない、
そんな環境の中では誰しも共感覚的に遊び、それを自然として世界の中に感じるのではないか。

では、感覚の遊びとはどういうことなのか。例えば、共感覚でいう色彩や味、音、感触・・・というものは
私にしてみれば知覚の"素材"のような存在である。文字に色が見えると言っても、眼では見えない。
"素材"を基にして、見立てて遊ぶ。言うなれば、これは"ごっこ遊び"に近い行為ではないのか。

通常、玩具なり、遊具なり、あるいはその遊びが成される"場の存在"を信用することなしには、
"遊びの状態"は成立しない。この遊具は自分が乗ると壊れるなどと思い込めば、我が身を委ねて
思う存分に楽しむことなど出来たものではない。共感覚に対する遊び心もその範疇にあるかと思う。

これはつまり、自分の感覚を疑ったままには(学術的な"疑い"はこの限りではない)、それを信用し、
"遊ぶ"こともなければ、知覚の意味を知り尽くすこともないということ。何かに"見立てて"遊ぶのと、
感覚質を"何かに置き換えて"遊ぶこと。何れも軽やかで、柔軟な発想ではないかと私は感じる。

他者からどんなに疑われようとも、共感覚とは当事者本人にしか分からないことばかりである。
科学者が探究するのは共感覚そのものの存在であったり、その発生のメカニズムであったりと、
現実生活の中で"役に立つ"こととは程遠いが、だからといって我々に危害を加える訳でもない。

本来、共感覚とは他者に侵害されるモノではないし、共感覚故に何かを捨てることもない筈だ。
共感覚自体は遊ぼうが悩もうが、その"素材"は変わらないが、其の遊びには終わりが訪れる。
しかし、"遊び心"さえ残っていれば、また何かが始まることだろう。事実、存在とは無限である。

jjjjjjjjjamada
  1. 2010/03/07(日) 15:28:51|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。