seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

折り目のゆらぎ

結果かプロセスか、という次元で言えば、共感覚は紛れもなく後者に属する知覚現象だと思う。
付け加えれば、プロセスはプロセスでも微視的な知覚であるし、要素間の関係性も存在する。
当事者にとって確実な知覚であると共に、揺れ動く何かも同時に共生しているのではないか。

これが確かな知覚だという認識は、私の中では決して消えることがないだろう。だが同時に、
不確実性の中にあることも自覚する。時間の経過と共に色や形が弱くなったり強まったり・・・
行く当てもなく揺らいでいる水のような存在でありつつも、否定する必要は感じられない。

夜中に地震が来ると、その少し前に激しい色に目を覚まされてしまうことが私にはよくある。
ナマズでもなければ小動物でもないが、凄まじい黄色と赤色を脳内に感じることは否めず、
ただ天災が遣って来るのを知って、ハッと驚いているだけだ(人間的愚かさと遅さゆえか・・・)。

共感覚がコレコレであるからドレドレの論理の正しさが証明される、といったような事柄は、
研究現場では数値的に示されることはあったにしても、私にしてみれば皆無に等しいもの。
知覚する本人の中では至って平凡な知覚であり、高尚なものとみなすには些か距離がある。

言わずと知れたことだが、共感覚は不随意に起こる知覚であり、意識的な"結果"ではない。
何時、何処で、どんな色や味に出遭うかは脳内に決定権があり、一見強固な文字の色でも
其れは必ずしも保障され尽くしたものとは言えないのだろう。動的な知覚であるならば。

がしかし、不確実な脳の知覚を他所にして共感覚者は贅沢な我侭で身を固めていることも。
共感覚者自身が色や形の海にどっぷり浸かっていたいと望むこともあり、これはさながら、
非共感覚者の中に共感覚を待ち望む者が居ることも鑑みれば、奇妙な話という訳でもない。

ただ単純に同じ刺激を欲する人も居るものの、ある種の不確実さに常時接する不安感から
心地好い音楽を見返したり、眩いばかりの文字の世界を行き来することもあるのではないか。
決してこれは人間的弱さのみにより説明出来る習慣ではなく、いとも複雑な話と言えよう。

"在る"と"無い"の境目とは、共感覚者の私からすればそれほど大きな溝とも思えないものだ。
人体の繋ぎ目よろしく、総ては連続体の中に在りながら始まりも終わりも判らぬ姿をしている。
単純な複雑さの営み。そうした知覚の繰り返しが、やがては色から言葉、空間に生きるのだろう。

aar...
スポンサーサイト
  1. 2010/09/11(土) 19:47:54|
  2. らせん と じかん
  3. | コメント:0

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。