seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

疲れた夕べに

人は誰しも"苦手"なことがあり、他者には隠したいような弱さを持つものなのだと思う。
時に自らのそんな状況を悲観もすれば、解決を目指して努力を重ねることも在ろうか。
然し、何とかしたいと思ってはいても何も出来ない、という文脈も往々にして生まれ出る。

はて、彼方は閃く人間だろうか。仮にそうならば、どんな時に閃いているのかと尋ねたい。
総てが絶好調の時にアイディアに恵まれる者もあれば、どん底に在りながらも閃く人も。
この私には、恐らく後者の側の経験が殆んどである。幸せな時は愚かさに埋っているのか。

これは言い換えるなら、"逆転の発想"というものなのだろう。何時になく生き生きした、
それで居て緊張感を持った閃きの数々。言うまでもないが、私は"彼ら"に救われた来た。
そうした助っ人の影に共感覚の光が木魂しているのは何も誇張ではないと考えている。

調子の良い時に上手い事をぽんぽん思い付いて、実行に活かせるのは勿論益となる。
大概、人はピンチに立つとそれとは逆方向へと暴走して転んでしまいかねないものだ。
どうだろう、世間で言う「モチベーションが下がる」などと今風に言えば格好がつくのか。

こんな時、私は感覚的なものを優先して或る種の"逃避"に走っている気がしなくもない。
音楽を想起して音と形の世界で息抜きしてみたり、或いはそんな状況下では落ち着いて
文字の意味も読み取れないことからと、逆に文字の色から想像力を羽ばたかせたり・・・

不謹慎極まりない奴だと思われても仕方ないが、何もしないよりかはマシな気がする。
恒常的に在る感覚の世界に立ち返ることで何かを閃くのは、何故か心地好いものである。
半ば妄想に近いアイディアであっても、不思議と生命力が在ると感じるのは気のせいか。

無意識の内に自らの感覚を研ぎ澄ましていたのは、今になって思えば苦境の最中が多い。
余りに恵まれ過ぎて者達には、逆境の中を生きることなど耐え難い苦痛そのものだろう。
或る意味で、"最底辺"を経験するのもそう悪くはない(トラウマを克服すればの話だが)。

元来人は強く出来ているが、痛いことや不利なことから避け出すと何故か逃げ癖が付く。
好きなことばかりして居たからと言って共感覚が衰える訳でも何でもないとはいうものの、
たまには苦手なことに挑戦して、客観的になるのも良いのだろうと今の私は考えている。

ドMだからこう発言する訳ではない。人と共通点が少なく、独自の生き方をしているからだ。
他者と距離感の有る世界を生き抜くには、閃きが絶対的に欠かせないものと成って来る。
一般には障碍と括られるものも、何時しか柔らかな力として此処に留まってくれたようだ。

timitimitimi
スポンサーサイト
  1. 2010/11/07(日) 22:41:45|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0

ファンタジアよ永遠に

共感覚を普遍的なものとして捉える向きもあれば、特殊な現象として考えるものもあるようだ。
果たしてそれはこの私からしてみればどちらでも無く、どちらでもあると言うことが出来そうだが、
一体全体、共感覚者は自らの感覚を社会にどう認識して欲しいのか。複雑、且つ微妙な論題だ。

こうした話題は、それこそ当事者個々人で異なるものであり、一つとして同じ意見はないだろう。
そして、それらの思考の拡がりは敢えて一つの箱に押し込めるものでもなく、その必要もない。
感覚の差異のみならず環境要因の問題も在ろう、どれが正攻法で、どれが異端だとも言えない。

普段から孤独感を味わっているからと言って、当事者同士でやたらと共感し合う必要もなければ、
逆に離散性を過度に求める意味もないだろうと私は考えている。それにしても、此処で問いたい:
"ありのまま"とは、如何なる状態を指し示すのであろうか。其れの持つ意味とは果たして何か。

常日頃から、我々は『ありのままを信じたい』等と言いはするものの、案外"為ってない"ものだ。
私思うに"ありのまま"とは、常時揺れ動く"何か"の集合体でもある上に、人それぞれの感性も違う。
概して言えば、そのままの共感覚を(殊に他者のそれを)理解するなど曖昧過ぎて難しい気もする。

では、当事者・関係者間での歩み寄りを止める必要があるかと言えば、それは話の筋が違う。
曖昧模糊とした課題に取り組んでいる自覚を初めから持つなら、何のことはないのかもしれない。
自分には総て分かる、と構えてはテンで可笑しな話になる筈だ("完璧"とは、第七の感覚である)。

他者の知覚についてあらゆる思考力を働かせて想像すること=理解すること、では断じてない。
しかし、自分の感じ方をよく反芻した上で想像力を働かせるのには"完璧"を超えた良さもある。
そんな時には人の強さや弱さに自然な形で出会えるが、これは或る意味での幸せではないか。

innnnnnn...
  1. 2010/11/05(金) 21:22:25|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。