seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

揺れる戯言師

時として常識は儚いものと化すらしい。少し前のこと、或る人物からこんな質問を受けた。
共感覚が有るのは煩わしくないのか、と。この純粋な問いには罪も無ければ裏も無いだろう。
そのような知覚の状態の存在を知って摩訶不思議な感覚を覚えるのも私は何処かで頷ける。

通常揺らぐ筈のない事象や状態を疑うのは、其れが反証される何かに出くわす時であり、
出来ればそうした"非常事態"は避けて通りたいもので、頑固者であれば認めようともしない。
事実、一般社会はそれで成り立っているのだから平和な日常をわざわざ侵すこともなかろう。

言うなれば、共感覚は人間間の常識を打ち破る存在であり、此れは当事者同士でも同様だ。
一方で、一個人の内部における常識・観念を覆す事象や変化にも巡り会うことがあると思う。
何れに対しても無知の知を自覚することで、世界は別の様相を呈して来ると言えるのだろう。

ともすれば、予期しない状態と対面するのは不快で、不安を呼び起こし、己を盲目にする。
何時の間にか構築された"安住の地"―またの名を思い込みとも呼ぶ―に踏み留まろうとして、
かえってアンバランスな選択肢を採っている、なんて事態も現実に無いとは断言出来ない。

一方で冒険心と好奇心を掻き立て、我々を否応無く引き摺り込む新しいものも、他方では
猜疑心を募らせ、事実を知ろうとする心の行方を阻む。彼方は何れの道を択ぶだろうか。
どちらも一理あり、妥当である。然し、偏りとは終着点を目指し、生み出さぬことがある。

共感覚の有る状態とは、常に定まらない何かに身を委ねることだと思うことが良くある。
恐らく、数種類の共感覚だけであったならそこまで揺れ動かないだろう、"触角の多さ"が
此のやけに心地の良い不安定を齎す。何かに"心奪われている"場を生きている訳だ。

新しい出会いをひたすら拒むのも生き方の一つだが、可変な姿を生きる手段も無くは無い。
其れは"ソフトやハード"を更新するかしないかと同様の話であり、時に熟慮を要すること。
未知の事は痛みを伴うにしても、揺らぎを慕い求める外ないと感じるのが此の私なのか。

一度過ぎ去ったものは決して遣って来ないのであり、どんなに大切に思い遣っていても、
揺らぐもの等は何時だって違う方角を目指している。逆に、踏み固めれば失うものも有ろう。
他に喩え様のないこの様態を仮に芸術的プロセスと呼ぶのであれば、此れを私は護りたい。

共感覚を不随意な知覚状態だと定義するならば、此れが如何に切ない意味を持つのかを
当事者自身も自覚することであろう。我は此処に居ながらして、此処に居ないということ。
操縦桿を握るのは内的世界なのか、それとも外的世界なのか。またしても、結末は揺らぐ。

sssnnn
スポンサーサイト
  1. 2012/02/12(日) 20:49:06|
  2. らせん と じかん
  3. | コメント:0

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。