seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

言語の多様性と思考

共感覚の傾向や規則性、これら自体はさして討論する必要性のないことに思う。がしかし、
それが思考過程へどのような影響を与えるかについては、多いに興味をそそられるものだろう。
言語の違い=共感覚の違い、と知覚する自分にとっては遥か遠い昔から考えてきたこと。
何を隠そう、学校ではオランダ語、家庭では日本語と使い分けるコツは共感覚の配色だった。
その色の違いで自分の趣味趣向が瞬時に変わることもあるのだという自覚は今も昔も同じ。

無論、使う言葉で共感覚の色が変化するかといって人格は一つのままであり身体も一つ。
ついでに付け加えれば、言葉以外の共感覚はそのまま。オランダ語を話しているからといって
不味い食べ物は変わらないし、痛みや嫌な匂いを都合よく楽しいものにする魔法なんぞ知らぬ。
要するに、言語的要素に現れる共感覚の特徴は私の考え方を変化させ得るのだということ。
如何に言語が人間の思考に影響を与えるものか、つまりはそれが言いたいのである。

ものを考える言語が多ければ多いほど、その顕著な違いに戸惑うものなのだろうか?
海外に住んでいたにも関らず、当時の私は英語をほとんど知らなかった。それだからなのか、
緩やかにオランダ語と日本語の間を移動していただけに思う。ちょっくら庭先に出る程度の違い。
だがいつからか、一本の線分だけでは事足らなくなってしまった。幾何学は複雑化する。
英語という、実に厄介な第三者の登場、言語で象られた妙な逆三角形、ここに誕生す。

ごく普通に日本の中学校で習っただけなのに、過激な色のアルファベットにまたも軍配が上がる。
鬱屈とした中高の頃に出国願望が喩えようもなく強化されたことで、英語も思考過程に入り込み
いつの間にか揺ぎない地位を確立してしまった。読み書きに文法、話法、そのすべてが
英語の共感覚とともに脳内に刷り込まれていったと言ってよい。さて、ここに来て一度振り返る。
学校での英語にはからっきし興味関心がなかった私にとって、新言語の習得は何をもたらした?

共感覚的楽しみだったのは認めるが、英語の共感覚のもたらす配色の体系が理論的で、
それでいて情緒ある言語だということにいたく感動していた節がある。誰も知らなかったとは。。
同じローマン・アルファベットの言語であり、且つゲルマン系言語であるオランダ語と英語、
さぞかし似ているのだろうと思いきや、まるで似ていないのだからそれまた私を惹きつけた。
オランダ語のAはオレンジ色が強烈で不快なのに、英語だと落ち着いた赤色に近い、など、
共感覚としても申し分のないその言語、数学や論理学を学ぶ上でも後々役立ったといえよう。

主観的な認知の構造としか呼び様のない共感覚がいかにして学問的関心を築くのか。
言語の共感覚の多様さを考えると、そんな議論まで持っていきたくなってしまうのは性なのか。
私の専攻は建築だが、これが共感覚とどのような関係性を結び得るのか知りたい気持ちは強い。
何分、共感覚について知り果せたのは大学を出る頃の話。いつかぜひ探究してみたいと思う。
知覚そのものを現象として探究する、何も浮世離れした理論だけがそこに通ずるのではなく、
環境や思想の中で変化してきた産業体制すべてがそれに何がしかの形で結び付くのだと感じる。

当然ともいえることだが、共感覚はパーソナル・スペースの中でのみ知覚される脳内現象であり、
対する建築は「個」の枠組みを多いに逸脱した領域で計画され、構築され、そして生きてゆく。
私の想像の及ばないほどに多くの言語が世界に存在するのと同様に建築も多様性とともにある。
共感覚の種類の多さに私が教えられたのは「多様性を認める」ということなのかもしれない。
無ではなく有を求め、有の中に個を見る。純粋な姿勢でものを洞察すること、永遠の目標だろう。
その対象が物質であれ、人であれ、自らの粗をどこまで取り除いて思考できるか試したいものだ。


nachtwachtdachtoverkracht
  1. 2008/04/30(水) 00:07:51|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<基準を打ち砕いてゆくもの | ホーム | その言葉は誰のものか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://levenmetkleuren.blog45.fc2.com/tb.php/10-5e3f7c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。