seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幾多の幻

人類史上の何処かで人間は文字を手に入れたらしい。何故、そんな道を選ぶに至ったのだろうか。
他者との対話のためか、或いは、自分個人で色を楽しむ為だったのか。もっと深い理由が在ろう。
たった数千年前に起こった此の事実を、私は疑うことがある。いっそのこと、逆でも良かった?と。

文字を放棄したって良いじゃない、と私が思うのは、恐らく「言葉の乱れ」を懸念する諸氏の機嫌を
損ねてしまうような事象とはまるで別個の範疇においてである。文字が無くても人は人であろう、
序に言えば、文字による文化を少し距離を持って見ることも必要ではないかと常日頃感じるのだ。

数字や文字は、果たして人間を"賢く"して来ただろうか。そんな筈はないだろう。どんなに知識を
蓄えたからと言って知恵を身に着けるのは別のこと。そして知識と知覚は別事象だが、自分のように
総ての文字に色を感じるのも実は褒められたもんじゃない(寧ろ"馬鹿の一つ覚え"と呼ぶべきか)。

文字や記号に色彩を感じるとはいえ、私の場合には文法を文法として解すことがないと自覚する。
見掛けの文字の刺激が強過ぎて(共感覚の刺激ではない)読みづらいこともあるが、それより何より、
目の前で文字が整然と並んでいても文字が整然と並んでいないと感じる。(此れは謎々ではない)

仮に文法的な順序を守って読書をしたとすれば、宙に浮かぶ大小の光を両腕で掴むようなものだ。
網膜にはそれなりに平面らしく映っている文字が、何故にして空間的に姿を変えて感じられるのか。
本人も不思議でならないが、他人にとっては更なる疑問であり、其れがしばしば誤解を生むことも。

付け加えておくが、"器用に"ジグザグに読むことで私は何とか対処している。書く時も同様である。
普通の人々と同じ読み方をすれば、数分と経たないうちに私は宇宙の中で"溺れる"ことになるため、
判り難い文章はそのまま放置し、文法上のミスは適当に想像することで"海難事故"を防いでいる。

もしも、私の文章を書かれたままに受け取る人が居れば、自他共に災難に遭うことも在るには在る。
過去にもそんな例に数多く遭遇しているため、言い方を変えれば文字色に感謝しつつ矛盾を感じる。
人間の脳の複雑さや精巧さを思えば何のことは無いとはいえ、人の感情も同様の側面を持つのだ。

時折、共感覚者の中にも言語の歴史と文字の色の間に強い絆があると話す人々が居て私は戸惑う。
果たして本当にそうだったのか。多面体を一方向から眺めていても、答えは曖昧なものに過ぎない。
文字も空間も共感覚も、普遍なようで居て特殊である。何れの現実も、"今"を経験しているだけなのだ。

la vita
  1. 2010/08/21(土) 23:51:50|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0
<<折り目のゆらぎ | ホーム | 空洞の向こう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。