seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いにしえの光たちへ

未だかつて経験したことのない天災が起こった。そしてそれに続く"想定外の"事故も。
事故は別としても、此れを読む彼方は果たして地震や津波を何時感じ取ったか尋ねたい。
揺れが始まった瞬間、或いは、地球の唸り声を見聴きした瞬間のどちらなのだろうか。

イルカや鯨を初めとして、動物が地震の前に異変を感じるのはよく知られたことである。
では、人間たちはどうなのだろう?揺れて初めて気付くだけとは、この私には到底思えない。
地表の奥底から響く呻きは、何も地獄耳の為に残された手段でもなければ、妄想でもない。

通常の可聴領域の際に聴こえるような音を動物たちは確かに聴き取り、そして"形"に残す。
逃げるものも在れば、感覚の狂いに苛まれて無残にも海辺に打ち上げられてしまうものも。
此れは至極正直な反応であり、私からしてみれば驚嘆する事実ではない。寧ろ、必然である。

自由意志を持った人間がそうした音を見たり聴いたりしたら、どんな軌跡を描くのだろう?
現に、事の起こる数日前に聴覚が急に過敏になり、地震や津波の前兆を音・光・痛みとして
確かに感じ取っていても、逃げるという発想には及ばなかった人が此処にいる。何故なのか?

人間の住まうこと、そして生きること。此れは動物の其れとは大いに異なる場合が殆どであり、
現代人の"ライフスタイル"となれば、哀しいかな、まるで別物である。然し、何れも生物足り得る。
空間に宿る概念を論じ、其れに愛着を感じ、住まうことを考えるのは何も建築家とは限らない。

動物にも縄張りはあるが、社会生活や文化と契りを結んだ人間が所有する土地との関係とは、
また別個の事象であるようにも感じる。だからこそ、天災の発生は避けられないと思いつつも、
現実に起こって欲しくないと願い、資財の損失を補償するシステムの構築に期待する訳である。

こうした絵の裏側には物質と人間との関係性が見え隠れする。生への愛着とモノへの愛着とが、
綯交ぜになるのが人間の性の一つであり、ただ生きていよう、この目で現実の姿を見届けよう、
という考え方とは其れは少々掛け離れたもののようだ。はて、此処で少し立ち止まってみたい。

"感覚"の入り込む余地は何処へ?感覚することも、本来は人に許された行為ではなかったのか。
日々不自由なくモノを手に入れたとしても、其れで満ち足りる訳がない(欲望とは可変である)。
その代わりに重苦しい音を身体に感じて、何かが失われる悲しさに涙を流しても良いだろうか。

何の為に自分が悲しいのか判らずに居た人が、ある瞬間にハッと気付く。事は起こるのだと。
自分だけ、家族だけ逃げてしまって良い訳がない、そんなに卑怯なことが在ってなるものか!
人間たちが積み上げて来た"自由な不自由さ"のツケを払うまでは目を背けられる筈もない。

そんなことを感じ考えるのは、天災ではなく人災によって一度は死の存在を垣間見たからなのか。
自然の齎す脅威も計り知れないが、人の過ちの造り出す死ほど重苦しく理不尽なものはない。
が、今の瞬間もそうした行為が時々刻々と進んでいる(何も此れはリビア情勢のみならず)。

無論、天災は天罰ではない。(仮にそう考える者が在るならば、動物の感覚など虚構となろう)
地球という生き物、自然という存在を肌身で感じる者には此れの意味が殊の外強く感じられる。
不気味に色づいた光が、痛みが運んで来たのは災いそのもの。然し、其れが自然の姿のようだ。

敢えて、共感覚という言葉は出さずにおいた。当事者の感覚とて多様であり、測り知れない。
地震波を色や光でずっと感じて来たからこそ思うのは、感じる者にも何も出来ないということ。
ただ純粋に感覚すること、痛みを味わうこと、その現実の姿を風化させぬよう生きて行きたい。

諦念という言葉を借りるのはこの状況下では不謹慎だろうか。然し、此れ以外に言葉を知らぬ。
過去に苦しんだからこそ感覚するのであれば、何も不真面目ではない。寧ろ、真摯な認知である。
家族や仲間以外に信じようのない光はこれから何処へ向かうのか。暫し、その行方を見届けたい。

zzzzzoommm....
  1. 2011/04/13(水) 23:31:06|
  2. おとをみる いろをきく
  3. | コメント:0
<<見覚えのある優しさと | ホーム | 疲れた夕べに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。