seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

基準を打ち砕いてゆくもの

どういう訳か、世の中には「基準」というものが存在する。基準に沿うか、沿わないか。
正しいか、間違っているか。収まっているか、はみ出しているか。大きいか、小さいか、等など。
共感覚はこの二項対立の関係から相当遠い領域で生きてきた現象だと思うことがしばしば、
この感覚には社会の基準とは一線を画した関係性(あるいは非関係性)があると感じる。

絶対的確信を常に打ち砕いていく現象、といえばどことなく聞こえはよいのだが、
現実問題、共感覚をもってして日々を"遣り繰り"するには相当な矛盾や葛藤を拭い去れない。
相手の言い分を理解するためにいちいち"共感覚を引き算する癖"がついていたり、
感覚の飽和状態から来る危機を回避するためにその場を思い切り楽しめなかったりする。
言うなれば、感覚を微分法にかけて共感覚の法則に基づいて要素分析するようなもの。

共感覚の法則があるとは言っても実に曖昧なものなのだと思う。何せ、主観的感覚だから。
感情よりも先に来る感覚の一つではありながら、共感覚はありとあらゆる条件で変化する。
私自身の共感覚の種類が複数あるのも影響しているのか、文字の色でさえ変幻自在。
発音一つ一つの微細な変化で赤色が橙色になったり、文字列の違いだけで明度が変わる。
その移り変わりに基準などあったものではない。一期一会の関係性に"期待"する外ない。

研究現場の中で扱われるのは限られた条件内で測れる数字や文字の個々の色彩。
がしかし、自分が生活の中で一文字だけで共感覚の色を意識することはほぼないに等しい。
仮にあったとしても、それはゆったりとした時間の流れていた子ども時代のことだろう。
無論、共感覚一つ一つの要素は言葉を超越するほどに美しい。誰が何と言おうと、
自分の中でのそれらの価値が普遍だから、日頃感じる葛藤も多少は洗い流せる。

文章を書く時、こんな色合いだとこれこれの意味になる、と色だけで考えてしまい、
しばらく経って、しまった!と反省することがよくある。たまたま私の共感覚の中では
日本語の色彩が淡く、もふぁもふぁ(これ以外の擬音語は見当たらず・・・)しているため、
声に出すくらいに意味に注意を払わないと色だけ並べているひどい文章になりかねない。
思うに、子どもの頃の"未開発な"共感覚の活用法を引き摺っているがゆえの失敗だ。

何度も繰り返し言語を学び直す中で、自分のためだけの"共感覚辞書"ができていった。
辞書と言えども、それは不文法に近いものなので度重なる変化の中で改訂されてゆかれる。
新たな失敗・間違いに直面する度に書き換えられるという、何とも摩訶不思議な辞書。
小さい頃に外国に住み、後発的に言語を学ぶことがなければ辞書の改訂はなかったろう。
いつか完璧に編纂したい、などと目論みつつも、それはないと自らに言い聞かせ続ける。

人ひとりが一生のうちに3冊以上の辞書を書き上げられるはずもなく。共感覚恐るべし。
日・蘭・英、その上に私が言語数を増やしていけばもう制御のしようがなくなってくる。
文字の色のみならばよいものの、五感全体を貫く共感覚など自分にも全く予見し得ない。
つまり、本来は基準を探し求めるためにあるような辞書の機能がそこにはない。
経験則として時々非常に役に立つ、その程度の職能しか兼ね備えていないのだろう。

いつもは頭の右隅に隠しているオランダ語をたまに取り出すことにしている。
共感覚に賞味期限などないが、私が発音を忘れていれば多少変色しているはずだから。
昔もこうだったっけ?と訝りつつも、これでよいのだと"彼ら"を元の寝床に戻してやる。
海を渡った時にしっかりと目を覚まして旅の友をしてくれるのならばそれで十分だ。
どこかで途切れた記憶の向こうで出会った彼らには今もなぜだか恩義を感じる。


Dutch alphabet
  1. 2008/05/06(火) 00:38:05|
  2. もじいろ おといろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プロセスを縫って生きる | ホーム | 言語の多様性と思考>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://levenmetkleuren.blog45.fc2.com/tb.php/11-1e36f92a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。