seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

logical dumping

あたかも塵の如く捨て去ったはずの過去の事柄に向き合わねばならぬこと、
誰しも生きていれば一度や二度は遭遇するものだと思う。人間は失敗してこそ人間さ。
つい最近、自分にもそんなことが起こった。不意打ちに近い形で現れた空の虹。
嫌と言おうが何と言おうが、逃げるのも不自然だと感じるほどに自分らしい現実。
時間のからくりに目眩がしそうなほど、それは壮大な謎解きの結末を見ることとなった。

詳細は共感覚から近からず遠からずの世界にある事象であるとはいえ、直接は関係ない。
螺旋形の時間風景を真っ逆さまに転げ落ちていくような驚嘆すべき出来事だったとだけ書く。
記憶と共感覚、そんなことにはこれまでも何度かこのブログで書いていたようにも思う。
つながれない破断した記憶、いかにして結んでやろう、と長きに渡って考えあぐねていた。
そんなところで脳内から降って沸いた電光。混乱を招いた根源が秩序をもたらすとは皮肉です。

さて、自らの記憶喪失についてのあれこれ語るのがこれの目的ではない。現実的に考えて、
物事の核心は明日へ向かうものでないと、何であれ非生産的な思考を呼び起こしかねない。
自分自身の経験したことを一綴りの記憶として保ち続けるのは張本人のみだから、
どんなに大切なものだろうと、悲惨なものだろうと、目指す矛先を過去に向けると虚しいものだ。
主観の為せし業といえばそこまでだが、実際その程度なのだろう。扉の向こうは別世界さ。

今から10年も前にこしらえた絵を眺めてみる。あの頃と今の自分は変らない線を描ける!
だから何だ、というのも本音ではあるがこれはこれで大きな意味を持つ。記憶の結節点に出会う、
そんな瞬間が自分にもまだあったのかと思うと何とも幸せで、爽快な気分を味わえる。
200人の人々の顔を思い浮かべながら考えた音楽だとか。旋律を色と形に置き換えているな。
嗚呼、これぞ私の共感覚。これからもっと生かしてやらねば!たとえ荒波に揉まれようとも。

過去の積荷を下ろす作業、古傷が本当に痛む。それでも、今回かぎりは続けてみよう。
もう決して使われることのなかったはずの昔の事柄であっても、明日を通ってどこかへ行く。
時として、追体験以上に大きな意味を持って現在に蘇る事象もあるのだと己を省みる。
ただ新しいものを創るのではなく、過去からそこにあるものを造り替えることも出来ようぞ。
建築のリノヴェーションの如きスペクタクル、螺旋階段をゆっくりと降りながら考えるのも素敵ね。


espressivo
  1. 2008/05/30(金) 23:56:29|
  2. らせん と じかん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<空はいつまで青かったのかⅠ | ホーム | プロセスを縫って生きる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://levenmetkleuren.blog45.fc2.com/tb.php/13-aba4d02d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。