seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空はいつまで青かったのかⅡ

変わらぬものと変わりゆくものについて、いったいどれほど長く考えたことだろうか。
自らの話す言語が変わったことで多いに揺さぶられた幼少時代、ここまで心に響くとはね、
まるで想定外の他人の将来計画の中に身体だけ滑り込まされたかのような違和感がある。
しかしながら、共感覚に見る仮名文字の色が色相ごと須く変化することはなかった訳であり、
ただ単に色褪せた、言い換えれば薄いグレーのレイヤーを被せた色合いに成り果せただけ。

我ながら、どのようにして自身の精神の変化を見守ってきたかを事細かく話したくはない。
が、建築の趣向をみればそれがひどく客観的な思想として見え隠れするのは間違いない。
形態を巡る政治史、とも解釈できる建築に思考の片身を間借りしてきたのだからね。
自己のアイデンティティーを探し求め始めた時期にもどっぷりとこの世界に浸かっていた。
自らの表現に求める要素はどこから来たのか、それは真剣に探究したと断言できよう。

和と洋の両文化を二項対立の関係のみで片付けることは自己矛盾を生む、といつしか気付く。
どの要素がどこで入り込み、新たな概念を生み出すのか。そして、それはいかにして
心の平安をもたらし得る構築物に変化(へんげ)してゆくだろうかと考えあぐねたものである。
日本史の明治維新にみる他者理解の仕方を手緩いと感じたほど。何せ、意味が違うぞ!
他者であり、自己であり、尚且つ客観視ができるものか。苦渋を迫られたのは言うまでもなく。

苦悩し始めた当初は共感覚を知覚していながらもその現象の意味はまるで知らなかった。
用語一つ知ることで世界が大きく啓けて来る経験、一生涯でそうそう出会えるものでもない。
本人にとってはあまりに当たり前過ぎて、疑う余地のない感覚であったものだから、
何となしに他者には到達し得ない領域だと認識しつつも、言葉にする機会を逸していた。
無論、言語の不自由さがあるとこのように複雑な現象まで論証するのはまず無理なのだが。

他者に身を委ねてみる、そんなことをも受け入れざるを得ない時期を経たこともあって、
自らの変化の受け留め方にも少々多様性が現れ始めてきたと言える。ま、良くも悪くもね。
しかし、いい加減に流されてみるのと身を委ねるのとでは大よそ意味が違ってくる。
後者の場合、持論は持論として終始保ち続ける努力を怠ることはできないのであるから、
頑固一徹自分の信念を貫き通すのと同程度の意味を持つと私は感じているのですよ。

オランダに住んでいた間も日本語を忘れようとあえて努力したような覚えはまるでない。
それは当然なのだが、その後に日本に帰国した後は少々事情も違っていたように思う。
忘れようとはしなかったものの、自分の知りうる言語を公平に使いこなすことはできず、
どこかで斬り捨てる部分が出てきた。そう、オランダ語は無残にも刎ねられたのさ。
一日の時間は地球上の誰にとっても24時間しかなく、思考に割く時間も同様にしてある。

社会生活の中で使用できる言語を二ヶ国語均等に、なんて声を大にして叫べたらな、
と子供時分によく考えたものだが、対話・発言・思考の機会は許された中で買い取るもの。
自らの意に反していても、その掟を破ってまで自己の欲求を満たしてはならんのだよ。
何度も失敗を繰り返す中でこのことを心に刻み込み、他者とは違う砦を築くようになる。
それがどうやら建築で、"社会的音楽"との敬称をお持ちのお方だったのでありますぞ。

新築のみが建築なのではなく、その側に座る既存の構築物も列記とした建築なのさ。
味がある、と評価される古典あらば、そうでない中古品もそこに陳列されている。
街並みを一つの建築と捉える時にはどこかで歪みが生じてくるのが物事の筋でしょう。
景観に現れる狂いを調整する役割も社会には要るのかもしれない、そう今は思う。
新しいものを造るだけが建築人の仕事ではなく、そこにつなぎ目も造らねばいかん。

時として魅力がなくなったかのような過去の事象に目を向けることも必要だろう。
いかにして現在のこの姿が造られたのか、具に調べること、そしてデザインに移すこと。
折衷様式とも懐古主義とも一線を画した表現の仕方があるのだと今になって実感する。
守るべきものは何で、変えるべきものは何か、そして新たに付け加えるべきものは?
それは自分の中だけでなく、意見の異なる他者との対話がそこにあるからこそ意味がある。

子どもの頃からオランダも日本も異国であり、同時に自分の帰る場所でもあった。
今、私の時間軸の中ではどちらの国の要素も欠かせない存在。どちらを省いても骨抜きよ。
一方が他方を造り、そして支える。何と言うか壮大な構築物のようなものに思える。
何度か激震を経験したのにそれを修復することで救われたのかと思うと不思議なもの。
再建策を練る時にいつもそこに登場するのが共感覚なのは間違いありませんですな。

はるか遠い日々に聴いていた日本語の響き、色も形もそれははっきりとしていた。
"経年変化"により味わいを増した今の共感覚が現実でも、私には忘れ得ぬ記憶がある。
オランダで初めて見た晴天の真っ青な空は私の共感覚の"そら"と同じ色をしていた。
いつから漢字の""が思考に入り乱れてきたのか知らないが、今でも空は空。そうそう、
"e"の色は物悲しい夕暮れに今でもよくお目に掛かる。でも、どれも私の中だけの出来事ね。

do what you wanna do
  1. 2008/06/08(日) 23:27:30|
  2. 海をわたる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シーソーをつたう季節 | ホーム | 空はいつまで青かったのかⅠ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://levenmetkleuren.blog45.fc2.com/tb.php/15-3e095f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。