seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

舞い降りたもの等は語る ― 階層的回想録Ⅰ

闇の中を流れる川を眺めつつ、水面に映る音の変化に思わず自分のいる場所を忘れてしまう。
彼らはどこへ向かうつもりなのかと、今一度尋ねてみたいものだ。何を求めてそこまで悠々と、
そして無心に自らの姿を私に見せ付けてくれるのかい?なるほどたしかに、無欲な者は勝利する。
上から舞い降りて来た光たちと事も無げに話を重ねては、心地良さの意味を思い出させてくれる。
遥か昔に運河の国でも君等の仲間に出会ったことがあるが、本当に水は一つの物質なのかね?

なぜこの空間が日本足り得るのか、と見紛うほどに現実の社会は多くの物質を受け取り続ける。
と同時に、海の彼方へと何かが流れて行く。我々人間の知らぬ閾で地球は地球と成り果せた。
自然界の大きさに比べてみれば、私など取るに足りない存在だ。それにしても、彼らは美しい。
その美しさを純粋に保つことの厳しさに纏わる哲学も何もかも、生まれながらに知り尽くしている。
言葉を知らずとも、美しさと醜さの間に流れる地脈はそこに現し示されよう。生きているからな!

共感覚者の世界を生きる、その営為の中で常々感じるのはそういった事柄なのかもしれない。
今から一年半前に私が誤診を認知した時、体中に奔る痛みの最中で心に強く感じたことがある。
人間界での生命の重さの不確定性という罪深い事実についてだ。それは幾らでも軽くできるらしく
地位や名誉のためならば、真実はどこまでも改ざんできる。そして、時として抹消もできるのだと。
盲目にも、それが人間自らの弱さに基づくものであるとは気付かずに人は不純なものと化す。

小さい頃、自分の住む地面のずっと先で湾岸危機が起こった時に感じた、無感覚な人の精神。
今から7年前、同時多発テロの瞬間に同じ大陸の地を目指していた父の安否を気遣っていた時、
自分の心の中に渦巻いていた濁った色の液体を見ながら決まりの悪い思いがしたものだった。
一人間として秤にかけてはいけないはずの何かを己の主観で勝手に分類しようとしているぞ!
あまりに悩み過ぎて、その後半年間は受験勉強と称して政治と経済ばかりに目が行っていた。

オランダを離れ、平和ボケ大国の日本に降り立った9歳の時に感じた得体の知れない恐怖や、
異国の地でも感じることのなかった排他主義。ムラ社会に、どれほど私は頭を悩ませたのだろう。
人間の命を扱うほどの立場にある者等が、公然と過ちを隠す様な出来事を経験したこともあろう、
誤診に遭ったことは、私の中にあった欲望の一つを木っ端微塵に破壊させてくれたのだと思う。
背後にあったのが共感覚や頭痛といった事柄であろうとなかろうと、さすがにこれは関係ない。

本当の意味で心を開き、等身大の自分の姿を見せるとは、はて、どんなことだったのだろうか?
離脱症状で打ちのめされた自らの神経の脆さを振り返りつつ、当初は良く考え込んだと記憶する。
自分の弱さを受け入れたり、新たな地平を切り拓くことの難しさは、口にできるほど簡単ではない。
恙無く事を進めているかに見えて、自身が嘘偽りの欠片もなく、きれいに物事を進められた人など
いないに等しい。時として犠牲にされつつも、他者を犠牲にしている。人の心は水ではないから。

完璧主義を捨て去らずして、いつの日も真実は見えて来やしなかったのだと今は感じるところ。
自身の過去ゆえか、自分の理想のために他者を斬ること、時として欺瞞に思えて仕方ないさ。
まず始めに自分を斬り落とせないことには、理想とは逆の方向へと化学式が進んでいるはずだ。
がしかし、真の自己を見たことのない者が己の身や心を解体して考えることなどできた例がなく、
かくして"放物線の公式"から逃げ去れなくなった私も出来上がったのであろう。愚かな話だ。

薬漬けになっていた私が一日にしてそれらを断ち、地の底から這い上がろうとしていたその時に、
音の共感覚がはらはらと舞い散る雪のように天から降って来た様に感じた。虹のような音の渦。
穏やかな陽光の差すその部屋で、私は私の共感覚に再会した。すべてが一遍に戻った訳もなく、
日を重ねるごとに一つひとつの共感覚がゆっくりとしっかりと感じられるようになったということ。
文字や数字の色、曜日や月の色など、記憶と関係する共感覚は最後の最後に漸く顔を現した。

全身に張り巡らされた感覚器官から入る情報が共感覚としても知覚されることは階層的な事象、
そんな当たり前の図式をあの日々の鮮烈な記憶が物語ってくれた。そう、名付けてレイヤー概念。
ただの感覚情報が何枚も何十枚も共通感覚によってファイル化されるから、共感覚は記憶となる。
私の文字の色が瞬時に戻らず、つい最近になるまでどこか自然な要素を欠いていたことからして、
共感覚の構造を考えさせられるものだ。それは、何の価値も意味もない、ただの知覚情報だと。

何の変哲もない知覚情報を複雑に組み合わせることで、人の認知の構造は成り立っている。
そこには本来は、欲も何もないはずである。何が上で何が下で、といったヒエラルキーさえなく、
要素が分子のように連なっているだけなのではないだろうか?感情以前の神経組織だもの、
これは味付けもされていないフランス料理を食するような観察行為。この散文詩に何の意味が?
しかし、人間ならば夜空の星の並びを知識もなしに延々と眺め続けるだけでは終わらない。

論理としてまとめ上げられたその言語は、どこか身動きの取れない囚われ者と化してゆくそうな。
あの発見以後、時々、自らの共感覚のレイヤー構造に目を向ける必要を感じる。水の分子然り、
共感覚者としての知覚はそれほどまで単純な話なのだと振り返るために。でなくして、私は誰さ?
水は己の姿かたちや言葉を知ることはないが、変化を繰り返す。時に氷や水蒸気となり舞い踊る。
私が自然に畏怖を念を抱くのは、その壮大さに潜む純粋さの重なりゆえ?そう、人とは好対照の。

De Structuur in zijn Eigendom
  1. 2008/09/25(木) 01:02:58|
  2. 階 層 的 回 想 録
  3. | コメント:0
<<何がその姿を決めるのか ― 階層的回想録Ⅱ | ホーム | その崩壊が生み出すものⅢ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。