seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

規格のない場所にて ― 階層的回想録Ⅳ

たった一つの文字に対して人間の脳がどのように動いているかを考えるのは、実に骨が折れる。
あまりにも当たり前過ぎて、日々を忙しく過ごしているならば、微々たる知覚現象の意味などは
疑いの対象から遥か遠くに向かってしまう。人間社会は実に複雑で、入り組んでいるのだから。
はて、共感覚者として生きてきた自分はどうなのだろうか?しばし、ミクロの世界へと旅立とう。
幾度か解体作業を繰り返してみれば、何がしかの真実が顔を出すことだろう。如何に小さくとも。

仮に、平仮名の母音である""を例にでも取ってみることにしようか。ひどく単純ではあるが、
母音と子音を比較するだけで、私の場合、海を越えねばならないのでこの文字が手っ取り早い。
しかし、と言えど文字の形限定の共感覚でなければ話は成立しないので、それなりに複雑だ。
発音としてはこれがオレンジに近い形なこともあれば、に聴こえることもあり、口の形一つで
言葉の色が変化してくれるのは当人としてはミスも多ければ発見も多い。そういうものだろう。

青と赤では共感覚としての一貫性が保たれていないのかと思いきや、私としては問題はなく、
で始まる家族の名前がなのは小さい頃からずっと変わらないのだから逆におもしろい。
文字の色の名前が何であろうと、存在の違いは学ぼうと思えばいくらでも学べるものであるし、
それは洋の東西問わず、どこの共感覚者にとっても分かることではないのか?そうでなくしては
感覚が感覚と呼ばれ得る所以それ自体宙に浮いてしまうことだろう。感覚は考えないものだ。

結局、文字の形と発音・読み方・書き方・意味・・・とたどっていけば要素はばらばらにされて
得体の知れないはずの共感覚情報もそれ以外の感覚情報と肩を並べることになりそうである。
そこで問題となるのは、個々の知覚要素がどのような形で束ね合わされているかということ。
文字xn個あるならば、それらの要素すべてが同じ形や大きさを持っているのだろうか?
自らの脳の中を客観的に解剖・観察しながら生きられた人間はいないので、総ては謎のまま。

とは言うものの、日常の出来事を振り返ると誰しもある意味で気に掛かる点に出会うだろう。
どんなことが得意か、はたまたどういうことでミスをし易いか、記憶の方法の特徴は何か等々、
個としての傾向を純粋に見据える中で、人間そのもののつくりが垣間見えることもあろうか。
完全ではないからこそ人は変化して学び続ける、その意味を私は感じずにはいられない。
一度で総てを学習すると思い込める脳ほど怖いものはないのかもしれず、人間は脆いものだ。

もし共感覚が一度で総て学ばれたのであれば、逐一文字の色を気にすることもなくなるし、
音から色を感じ取ることもない。毎度、知覚情報を再保存して行っているのではないだろうか?
そんなプロセスの中で好き嫌いが造られるのはともあれ必然であり、そこに決まりなどない。
同じ大きさの紙が几帳面にファイリングされている感覚ならば、共感覚が創作に結び付くのは
皆無に等しいであろう。無造作に詰め込まれて今にもはち切れそうなファイルが歌い出した。

blo blo blo
  1. 2008/11/01(土) 23:05:36|
  2. 階 層 的 回 想 録
  3. | コメント:0
<<logical dumping Ⅲ | ホーム | 黒子の歩みをたどる ― 階層的回想録Ⅲ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。