seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インクの光を見ているか

何のために文字を見るのかと尋ねられたら、文字の色を読むためだと私は答えると思う。
本来ならば、文字の形を見てその意味を理解するのが妥当な答えなのかもしれないのだが、
果たして、文字に色を見る共感覚者にとってこの"道理"はどこまで通用するのだろうか?
この世界にはいくつもの法則が相容れないながらも共存していてまったく差し支えないはず、
と思うことで私の心の中にもスーッと一本の川が流れ、また平安な日常が戻って来るのだ。

さて、ここで次なる問いを掲げてみようか。これまで何のために文字を覚えたのか、と。
文字の形を覚えなければ書くことはできないという意識が人の心にあるのは至極当然の話。
またしても、私は色を引き合いに出さねばならぬ。文字を学ぶとは色を学ぶことに他ならず、
文字の色をきちんと状況に応じて把握できなければ、その意味も同様にして理解されない。
自分の中で形→意味、よりも色→意味の意識が強くなっていることを改めて気付かされる。

無論、これは漢字の多い日本語に限られた中でだけ適応される法則であり、外国語は
また他のアルゴリズムで理解していることも付け加えておく必要があることも付け加えよう。
平仮名の多い世界を生きていた子どもの頃も同様だが、発音→色→意味を結ばれることで
いくつかの言語に具わるカラーパターンを共感覚として記憶してきたということになろうか。
兎にも角にも、言語は色彩で語られ得るものだという強い確信が私の中に渦巻いている。

中学に上がった頃には周りに生きる大多数の人々が、自分とは違う文法の下にあると
知るに至ったのだが、実際問題、これを当時の私が説明することはなかったのだと思う。
なぜならば、その頃の私の脳内では日本語以外には思考言語が見当たらなかったので、
ある種の他者として自分の話す言語を反芻する機会それ自体がないに等しい状態だった。
幼少時に覚えたオランダ語が一通り頭の中から一掃された環境なれば当然の話だが。

日本語をそれ以外の言語で考えることなど出来ないが、それと同様にして外国語も在る。
英語は英語、オランダ語はオランダ語の世界でのみその色彩や音を操ることができる、と。
和訳だけひどく苦手だったのもこのゆえ?これに疑問を差し挟む余地はなくて当たり前。
ある国の言語を扱うには、当の言語の中で感じうる色彩の中に自分がいなければならず、
その色彩とは混ざらないものは何語だ、という認識が学習の過程でいつしか出来上がる。

私個人としては複数の言語体系の中に同時に身を置くことも今ではできるようになったが、
あれらの言葉が別個のものであるという意識が消えることはない。質感が違うからだろう。
これはちょうどテイストの異なる材料を組み合わせてコラージュ制作をするようなもので、
すべての言語を"外国語"と感じていた私からみれば、恐怖の念が薄いのかもしれない。
本来ならば身体と一体化した言語を他者とみなすには"エポケー"が必要だろうけれども。

共感覚の色は好き嫌いで決められるものではなく、脳が知覚の条件により決定していく。
外界に見るそれとは別の色彩であることは共感覚者本人の意識にも判然と現れるにせよ、
それが想像されたイメージなどではないと言える理由は果たしてどこにあるのだろうか?
脳画像なしに説明できる言葉を私は常日頃探し歩いているようにも感じられるのであるが、
そう簡単に解ける謎々ではない、と諦めかける自分に叱咤激励するのは何ともおかしい。

色の種類を分別する仕方ではいつまで経っても色の違いしか見えて来ないのだとは思う。
少し視界を広くして光の種類として共感覚を見据えると、物理的な事象が見え隠れする。
色付きの照明、そんなニュアンスである。ぎらついた光、透き通った光、落ち着いた光etc...
共感覚の色彩は印刷物のインクのような物質的感覚ではなく、非常に現象的な感覚だ。
色彩が脳内で光の波長の違いとして処理されるならば、文字の色もその延長線上にある。

Het was heel erg kort
  1. 2008/12/06(土) 13:16:17|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0
<<logical dumping Ⅳ | ホーム | それが希求した>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。