seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感覚について語るということ

普段の生活の中に共感覚を当たり前のように感じる私だが、この個人的感覚について
臆面もなく他者に語るのが、実はかなりの羞恥心を覚える行為なのは間違いないだろう。
感覚器官について常日頃オープンに話す人など世の中にそうはいないものであるから、
人前で共感覚の現実を話さねばならぬ時は、意を決して火の中に飛び込むようなものだ。
本人にとっては至って自然なことが当事者以外にとっては不自然極まりないということか?

表現は悪いが、共感覚について具に話すのは自分の身体機能について細かく話すこととも
そう距離感はないのであって、セックスについてオープンに話す感覚と大差ないこともある。
共感覚者が気恥ずかしさゆえにこの感覚についてあまり語らず、あえて隠そうとするのも
私からすれば無理からぬ話だと感じられる訳である。況してや、ここ日本社会ではそうだろう。
話されている事柄と寸分違わぬ内容であっても、KY呼ばわりされるのが精々のオチとなろうか。

はて、文字の色について事細かに解説せねばならぬことが私は近頃割りと多いのだが、
最も当たり障りのないはずのこの共感覚の型でさえ、第三者には想像のつかぬことらしい。
ヒトの知覚のプロセスについてある程度の知識を持つ賢明な人ならば、多少は理解を示し、
慎重に洞察力を働かせることでそれが精神異常などではなく、平静な心で分析されたことだと
気付くのではないかと私は推測している。がしかし、現状は困難この上ないものである。

傍から見れば何の変哲もないヒトの脳だが、その中身をどう動かしているかはわからない。
それにしても、だ。"一般的な"範疇に収まり切る感覚であればそれ相応に理解されるのに、
共感覚となると、あたかも実在しない感覚であるかのように勘違いされることさえ出て来る。
そんなのフェアじゃないぜ!と叫んでみたいのもやまやまなれど、共感覚は良くてサブ扱い、
いや、サブとしても存在を許されていないことが大半であり、市民権がない感覚なのである。

どうにもこうにも私はそれが腑に落ちない。というのも、私は生まれ付き文字の読み取りに
困難を覚えている人間なので、逆に共感覚を奪われたら人間らしさを欠くこととなるだろう。
"一般的に当たり前"であることを鵜呑みにしたところで、ヒトが幸せになる方程式が解けた
という訳にもいかないのが現実だろう。目に見えぬパズルを丹念に解くことも必要である。
本をただせばヒトのすべては感覚神経の集合体。されば、個が個たる所以は感覚にあり、と。

Do you know where you are?
  1. 2008/12/18(木) 22:45:10|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0
<<フタをすべきではない理由 | ホーム | logical dumping Ⅳ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。