seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フタをすべきではない理由

共感覚の強弱を決めるのは一体何か?これは時々私の中に沸き起こる疑問の一つ。
結論から言えば、あくまで主観的な知覚現象である以上その強弱も同様の性質を持つ、
としか述べ様がなさそうだ。他者にわかったところでどうしようもないので、それでよい。
物理的・心理的な痛みが他者にとっては相対的な意味合いしか持ち得ないのと同様に
共感覚の有無、強弱、多い・少ないも絶対的な基準ができたとしても何も変わらない。

当事者側がこの感覚がある、と主張しても十中八九真剣な話題として受け取られず、
"暇人の戯言"のように通過されるのが世の常とみなすだけで良いのか?答えが出ない。
無論、理解されることでこちらの孤独感は和らぐし、社会的な偏見が無くなくなることで
心の負担も軽くなるものである。日本のように、個々人の相違点を素直に受け留められず、
個性に対する主体的認識の薄い社会では、尚のことそれが当てはまるようにも思う。

そんな理解の浅い環境下で共感覚の"質や量"についてどうこう述べたところでどうなる?
期待しても意味がないのは百も承知で、ディテールに目を向けてみることにしてみようか。
共感覚も所詮はタダの感覚であり、要素としてはそれ以上の職能はないと考えているが、
これが感覚であるならば、共感覚の健康・不健康もあるのだろうと近頃よく感じているのだ。
聴こえ辛ければ難聴、見え辛ければ遠視・近視・・・というように共感覚にも"健康"がある。

"共感覚は一生変わらない"とする説もあるものの、不変なのは感覚の量や質ではない。
特定の感覚刺激に対応する共感覚は変わらないという意味であり、言うなれば、概形だ。
フォントが変われば文字の手触りが変わる、色の付いた光の差し込む方向が変わる等、
知覚条件で共感覚が変わることは十分に考えられる。変わらない、という人がいるならば、
注意深く観察してみよ!と私は逆に尋ねたいものだ。"ハッキリとした"感覚なのだから。

ここで間違ってはいけないのは共感覚は感覚であり、感性そのものではないということ。
感覚ありきの感性ならば、多少なりとも影響を受けるとはいえ受け取り方は様々だろう。
すべての共感覚者が繊細であるとも限らず、例外こそがこの感覚の醍醐味だと私は思う。
逆に「共感覚とはカクカクしかじか」決め付けたところで生産的な話にはならないだろうし、
それでは非共感覚者が「共感覚なんて存在しない」と主張するのと何等変わらないはずだ。

さて、共感覚には変化や趣向がある、と日常的に感じ取らざるを得ない私からするならば、
この現象の健康状態を具に観察することは、ある意味では日課のようなものかもしれない。
性別的な要因もあるとはいえ、共感覚が強い時と弱い時とでは思考回路の中身も変わる。
知覚過多になれば表現するか何かで出力しなければやっていけないし、逆に少なければ、
取り込む量を意識的に増やさないことには、当然ながら気分的にも安定しないものである。

問題なのは、どちらかに(多いor少ない)シーソーが傾いたまま動かなくなる時だと感じる。
感覚的に言うならば、その過剰・過少状態が脳のメカニズムに刻み込まれてしまうのだが、
経験上、私にとってはこれは苦痛以外の何ものでもない。定常状態が変わるとなると、
まるで世界がSFホラーになってしまったような恐怖感を覚えるものであり、尋常ではない。
言うまでもなく、この状態は人工的な薬物によってのみ生じる変化で自然には起こらない。

共感覚が起こるのは脳の可塑性によるものだと聞くが、何もこの性質が該当するのは
この感覚が出来上がるまでのプロセスだけではなく、いつでもどこでも起こり得るはずだ。
薬物により感覚遮断が起これば共感覚は感じ難くなるが、この状況下で感覚を強化すると
障壁を取り除いた時に共感覚の知覚量は変化することもあるのではないかと私は思う。
心地良かったはずの感覚が恐怖になったこともあるがゆえ、こんな戯言を書き綴ってみた。

Division
  1. 2008/12/23(火) 19:50:37|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0
<<現象としての記憶 | ホーム | 感覚について語るということ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。