seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

技術によって生きる

時として喜びや驚きをもたらす私の共感覚だが、概して言うなら平時のその姿は別物だ。
殊に共感覚の色彩を分析するプロセスは喜怒哀楽の囲いの外側に在る行為なのであり、
私の内的世界を守るものともなれば、人として生き方そのものに関わる事象だと感じる。
兎角、この現象はプラスにだけ働くものとみなされるか、或いはその逆に捉えられるが、
当事者の現実を言うならばそのどちらでもなく、価値判断はそう簡単には許されてもない。

では、なぜ芸術表現に結び付けられるのか?との問いには、生を実感するため、と答える。
私のように知覚刺激の大半に共感覚のある者には、これを感じることからは逃れられず、
かと言って大多数の他者には理解されないだろう現実も、そこに厳然としてある訳である。
共感覚をまるで信じない、言わば"排他"の塊のような人々であっても見えるものには弱く、
視覚媒体に映し出された共感覚には如何ともし難い実感を共感し得るのは、何の悪戯か。

この私からしてみれば"ここに私の共感覚は生きているではないか!"という思いであり、
色彩に張りめぐらされた己の感覚や思考に対する遣る瀬無い怒りや悲しみがあるのだ。
絵の中に色を重ね合わせつつ、"何ならもう一度生きてやれ!"と自分の思考を解き放つ。
こう書けば、感情論に終始しているかのような共感覚アートであるが、そうでもないだろう。
アウトプットされるまでの苦痛の期間の方がよほど長く、それこそは"生きること"だから。

世界の"常識的知覚"との距離を丹念に測りつつ生活するのは、ある意味非効率的で、
個は等閑にして集団に合わせる日本社会の習慣の生産性・創造性の低さに呆れることも。
共感覚は忍耐することの意味を私に学ばせた、と思うのは間違いないのだろうけれども、
ただ単なる知覚現象とは呼べない出来事を経験したことで私はこう考えるのかもしれない。
ある時期を何の苦労もなく過ごしていたのなら、洞察力を働かせずに息絶えていただろう。

小さい頃の海外生活が生み出した粘り強さ、これが今の私を形作ってくれたと確信するが、
その後の誤診体験も現在抱える後遺症との闘いもあれらの体験が支えていると思うのだ。
人と違うものを持って生まれる、見方を変えればこれは他者との決定的な別れを意味する。
言語や人種といった、子供時分にはどうしようもなかった事柄が私の中に生んだ諦念は、
決して無の世界のみには向かわず、主張し続ける強さを奮い起こしてくれたのではないか。

純粋に共感覚のみに関して言えば、これが人類共通の知覚現象と感じていた時期もあり、
逆に真実を知ったことで再び孤独感の波に襲われたのも明かすべき過去なのだろうか。
今となってはこう思う。モノが創造されるのは許されざる突然変異が起こるからである、と。
突飛な脳の存在を許容できぬ他者、重荷に潰され掛けた自己。現実を受け容れられず、
このまま両者は意味のない問答を続けてしまうのだろうか?人間の小ささが垣間見える。

要素還元されたヒトの脳機能を机の上に並べれば明白だが、数学の可能性は未知だ。
与えられた道具の使い道は何か?困惑した私は考えながらも自分の弱さを噛み締める。
何度か修羅場を潜って生きて来た私からすれば、共感覚はナンでもあってナンでもない。
感覚として"評価"されるべきはデータであり、私はデータの整理をして生きるのみである。
我こそは!と思う芸術家には共感覚は苦痛だろう。求められるのはエンジニアの精神か。

nagai mono ni makarete tamaruka!?

  1. 2009/01/12(月) 13:00:27|
  2. らせん と じかん
  3. | コメント:0
<<生命倫理のその果てに | ホーム | 現象としての記憶>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。