seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生命倫理のその果てに

共感覚が一報道番組で取り上げられた。心のどこかで喜びを感じ、と同時に考え込む。
この感覚の名前を初めて知った当事者がいると思うと嬉しいし、なんだか救われもする。
私のように心身ともに死に掛けた状態でやっとのことで真実をつかむ者はそう多くはなく、
大概の人は非共感覚者に不審がられはしても、健康なままにカムアウトできるだろう。
特別視することもなく、ただ単なる感覚として共感覚を受容する社会、アッパレである。

翻って自分のケースを振り返ると何とも後味の悪い状態だ。誤診が明かされるまでに
いったいどれほど長い年月が掛かったことか!嘆かんばかり、いや何とも悲惨なものだ。
想像もつかぬほどの侮辱の言葉を投げ付けられた過去は、実際消せない現実でもある。
共感覚は病気じゃない、障害じゃない、生まれ付いたタダの感覚です、と言いながらも
どこかで自信のない自分がここにいるのだ。人間不信か、それとも本当に傷ついたのか。

自分で言うのもおかしな話だが、共感覚についてはかなり勉強している方ではないか。
共感覚を学ぶ、と言っても当事者なので知るべきことは体験として既に知り得ているが、
一人間として苦しまねばならなかった理由を突き詰めたい、と私はいつしか思うに至った。
感覚知覚の裏付を取る、そんなものでもある。なぜここに生き、こうして考えているのか、
生命倫理を根本的に問い直す、どこか重苦しい響きの現実が私に追随してくるのだろう。

共感覚の種類が比較的多い私にとって、この感覚が一気に減ることは恐怖そのものだ。
生まれた時から是認されてそこに在る感覚、それが私の共感覚の本来の姿なのであり、
他者がどうこう言おうと、消し去ることは人としての生に対する謀反の如き話で、論外だ。
「感じ過ぎ」「神経質」・・・この手の言葉で侮辱されると何とも言えない怒りが沸き起こり、
人間のあるがままを現実として扱えぬ非共感覚者の弱さに呆れかえってしまうほど。

我が身に起こる共感覚、これに具わるフィードバック・システムに驚嘆することもある。
時折、片頭痛発作の最中にいつもとは違う部類の共感覚が顔を出すこともあるのだが、
あれらに関しては"不快だぞ!そちはお呼びでないぞ!"と心の底から拒絶してしまう。
元からない共感覚には馴染みがない、言い換えるなら自己と不可分の共感覚がある。
自己意識と結び付いた感覚は作り物でも異変でもない。生命そのものが変えられようか。

Kako ni hanabi wo utiageyo
  1. 2009/01/21(水) 22:36:30|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0
<<知って解き放つ、その意味は | ホーム | 技術によって生きる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。