seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

つかめない形

音楽を聴いて色を感じる共感覚、このことを「色聴」と呼ぶ。
これは一般に日本語で言う音色とは少し意味が違うのだそうな。
音色は比喩で、色聴は知覚現象と分類があるのだと人は言う。
まるで他人事のように私が書きたくなるのは、はてなぜだろう?

「楽器の音色」といえば、楽器の奏でた音に感じる色のこと、
「メロディーライン」となれば音楽が描く輪郭線のことだ、と
物心ついたときから私が信じて疑わなかったからかもしれない。
世の中に当たり前のようにしてある比喩の意味を今は知るが、
それが非共感覚者にとって本当は知覚ではなかっただなんて!

驚きととまどいを、今も禁じ得ない自分がここいる。そんなはずは。。
というのも、当たり前のようにして画家たちは音を色や形にしているから。
ワシリー・カンディンスキーの"Composition"と名付けられた一連の作品を
私以外の世界はどのように感じ、解釈してきたのだろうか?とふと考えてしまう。
誰でもごく自然に音を形で表したくなるものではないの?歌いながら踊ったり。
無論、かの人が共感覚を知っていた芸術家だとわかったのはずっと後のことだが。

音楽をいつ絵画表現にし始めたのか、自分の中ではあまり定かに覚えていない。
好きな曲はさまざまな色や形の織りなす、風景画のように記憶しているものだから
他人に見える画として具現化しなくとも、私にとってはいつも変らぬ共感覚。
がしかし、まわりの人間には共感覚がないのだとわかるとどうしても描きたくなる。
本当のところ、この形の音楽を見たらみんなはどう思うの?美しさを感じるのか?

もちろん、視覚表現として共感覚を2次元平面に落とし込むためには
ある程度のデフォルメが伴うのであり、これが何とも言えぬほどにもどかしい。
つかめないものをなぞっても本当の形にはならないというのに、それを描く。
脳内で私しか知覚していないというのに、本当に描いてよいものかしら?

言うなれば、描くことで「個」や「弧」を自分の肌で感じている命がけの勝負ね。
青空の下、一人草原を駆け抜けていたらいつの間にか涙を流していたかのような、
そんな懐かしいような、悲しいような気分を描き終えてから味わうのも毎度のこと。
つまりは、絵が完成すれば音楽もフィナーレを迎えてしまうとも考えられる。
だから音楽スケッチは一生やめられない。すべての終わりを誰が見たいと?

さて、美しい形に出逢うために、また音の海をひと泳ぎしてきますか。

steppin'upwithu
  1. 2008/04/13(日) 00:11:28|
  2. おとをみる いろをきく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<共感覚と快感 | ホーム | 共感覚の多様性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://levenmetkleuren.blog45.fc2.com/tb.php/5-53b822e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。