seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その拡がりを見ながら

常日頃感じることだが、共感覚はオープンエンドな議論を呼び起こす現象である。
当事者同士でも共有できている部分はそうは存在せず、というのが現実ではないか。
と同時に、何物にも代え難い個人的体験の存在に気付かされては深い感動を覚える。
何が正しく何が間違っていると一括りには決して出来ないからこそおもしろいのだろう。
時として遣る瀬無い悲しみに出会うものの、毎度振り出しに戻るのも何だか悪くはない。

仮に、共感覚が共有される事象ならばどうだったのだろう?と考えたこともあるにはある。
しかしながら、私としてはそんな"天変地異"は起こらないでほしいと言わざるを得ない。
あくまでも主観的知覚に留まっているからこそ共感覚は"個"の構造と結ばれるのであり、
集団の中で分かち合えてしまうのなら、心地良さや美しさも遠のく気がしてしまうのだ。
そもそも、共感覚に関する議論で"同じ"を究極に求めることなど意味がないとも感じる。

共感覚者同士で話し合う時には「えぇ?そんなことがあるんですか?おもしろい!」と、
新たな見方に出会うのがほとんどであって、同じ意見を最初から期待しないからか、
見事に交わらない話題の発散具合に私などは何とも言えない喜びを味わってもいる。
瞬く間に見知らぬ色彩パターンで議論が埋め尽くされていき、話し言葉の共感覚として
派手なアクション・ペインティングの仕上がる様を勝手に感じてはヘンな自分に気付く。

兎角、非共感覚者が共感覚を知った時に誤解するのはこの多様性なのかもしれない。
文字の色の並びさえ共有できないのに"同じ"現象であると確信できる根拠は何なのか、
他者の思考が入り乱れた病的状態ではないとなぜ証明できるのか、との疑問もあろう。
実際、当事者の口から言語として映し出される共感覚と現実のそれとの間にあるブレは
見逃してはならない要素と私は身を以て感じる。個々の断面は総体ではないからだ。

神経科学の研究で扱われる共感覚の画像診断等はこの限りにではないが、実際に
共感覚の傾向とは在ってないようなもので、裏切られることで理解の進むものである。
時に、共感覚を絵に表す作業はこういう背景を踏まえると非常に興味深いと感じる。
あっと言う間に消え去る共感覚、これを視覚化するプロセスはそう容易くはないのだが、
何がしかの発見がある。そう、他者と言わず、己が共感覚にも多様性は潜んでいよう。

eleven thirty is there
  1. 2009/04/05(日) 19:53:22|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0
<<リアリティの宿る場所 | ホーム | カコの知覚ではない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。