seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外側と内側の現実

時折、私はどこの文化圏の人間と思われているのか、と考え直してしまうことがある。
海外経験を隠していても、逆に公にしても、十中八九誤解されるがためにこう思うのか。
よくよく振り返ってみれば明らかだが、私の精神世界は共感覚による文化が中心にあり、
どこの文化圏ともつかない感性の中で生きて来たのではないか。海越えて生きること、
これによって共感覚者としての本分は変わらなかった、そんなことを書き綴ってみようか。

兎角、海外での生活を基準に私がものを考え、言葉を話しているのと思い込む人も多い。
現実にはこれは甚だしい誤謬に他ならず、どんな知識をもってしても正しくないと感じる。
私の中での海外経験は年月にして4年半であり、その濃度も次第に薄まって来ている。
当時のことを鮮烈な記憶として想起することは在ったにしても、特別だという訳でもない。
何しろ、私は海外に憧れを抱く部類でもなく、現実としてのそれを知っているだけだから。

私がいたオランダという国は地球儀を小さくしたような空間で、複雑な環境でもあった。
現代日本よりも余程アジア的な場所に巡り会ったものであり、何だかあべこべだろう。
多数の文化が平和のうちに過ごしている空間である、当地の人々にもその心があり、
彼等の文化を強要されたことが一度としてないのは何にしても感謝を覚えることだが、
あの地での私は日本に居る時よりも日本を感じていたし、そういうものだと思っていた。

実を言えば、「自分は海外にいた」ことを意識せねばならなくなったのは帰国してからで、
あたかも浦島太郎の如く、日本が日本ではないことに逆に疑問を感じ始めたと言える。
中でも奇妙な感覚を覚えたのは、日本人が海外を完全な"他者"とみなしていることか。
少なくとも、共感覚者としての本音を言えば私にとって海外は他者でも自己でもないし、
身体的拡がりの一部として私の感性は地球の表面を生きているのだと感じてしまう。

「ここは日本だよ」と言われたことは何度となく在ったが、その度に強い悲しみを感じた。
無論、共感覚の認知はもっとずっと後のことなので仕方はないが、手や足と同じように
私は海外を知覚しているのである。そうして日本を分ける意味が分からぬままだった。
いや、分かる・分からないの前に体の一部が切り裂かれるような苦しみを覚えていた。
目の前の相手が平然と日本を分別するその様子は、何とも悲壮感を感じる事態だ。

今でも、大よそアジア的とは言えない切り裂きジャックに時々対面することがある。
たとえ共感覚者であっても私の身体観を理解する前に「海外ではどんなふうですか」
と臆面もなく尋ねて来たりするのには、驚きと言うよりかは悲しみを隠せずにいる。
感情を露にすることも出来るが、経験上、私は"海外生活経験者"を演じ切ることで
相手の微分された感覚を覆い隠すことにしている。事実、総ては経験と智だろうから。

共感覚者として海外を生きるのは、ある意味では苦痛を伴うことなのかもしれない。
オランダのような多文化社会ならば話はこの限りではないが、排他主義に従えば、
自らの感覚とは逆ヴェクトルでされてしまうことが多くなる(実際にはである)。
これはつまり、感覚によって存在する感性の世界を他者が刈り込んでいくことによって
意志とは相反する形で自己認知を迫られる、とも言い換えられるのではないだろうか。

実際、事あるごとに当ブログでも触れている私の誤診経験もそんな誤謬に起因する。
今でこそ自分の脳内構造に興味を持っているが、元来私にはそういった習慣はなく、
現象的世界をただひたすらに"生きる"ことで日常が恙無く流れていたような人間だ。
共感覚研究の論文を読みはしても、その総てを鵜呑みに出来る筈もないのであって、
咀嚼するにはそれなりに違和感を覚える状態に身を置いていることも付け加えておく。

確かに、海外経験が発端であちらの文化圏に心身共々自分を移してしまう人もいる。
十代の頃は私とて感覚的苦痛ゆえにそういった生き方に魅力を感じたこともあるが、
現実にそうしたにしても、身体論的に何の変化も望んでいないことに気付いただろう。
オランダという類希な環境下でなければ話は別だったかもしれないが、私の共感覚は
あの地を経験したから、悲惨極まりない誤診を生き延びる余地があったのではないか。

Wie is zeker?
  1. 2009/05/17(日) 22:30:29|
  2. 海をわたる
  3. | コメント:0
<<点と線、どちらの光か | ホーム | 痛みは見えているか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。