seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルスの無限

再び文字の読み難さについて。いや、共感覚的な読み易さについて書き綴ってみたい。
私のように共感覚の色彩と意味を直結させて言語を理解していると、仮名、アルファベット
と言った文字種の違い如何で読み難さを感じてしまうこともある。この理由はなぜなのか。
読み難いからと言って、それを言語の好き嫌いに結び付けるのは少々短絡的な姿勢だろう。
多数派の論理とは一線を画した共感覚の技術革新、ここで一度振り返ってみることにする。

文字列の色彩を言語の意味へつなぐ共感覚者、実のところほとんど出会ったことがない。
国内外の文献中でも"同じ"と受け取れる体験談を読んだことはないに等しいのではないか。
別にこれが事実だったとしても今の私は構わないし、同様の感覚を共有したいとは感じない。
なぜなら、代替手段で言語を運用するのは脳に相当な負担を掛けるので合理的とは言えず、
私と同様に連日片頭痛で悩まされる人が地球上に少ないことに越したことはないからだ。

色彩で言語を学ぶとひとえに言えど、その手法は決して一つではないと私は考えている。
文字の種類で読み方を変化させていると言っても過言ではなく、これは技術だとさえ思う。
共感覚の文字の色というのは脳機能の"独断で"決定されるものであり、本人の趣味とは
一致しない色合いが現れることも往々にして起こり得るし、それが必然なのではないか。
思うに、快・不快だけで選別していたら私もこうして文章を打てるほどには育たなかったろう。

敢えて言うなら、日本語の方が文字の数(=色)が豊富なので頓着せずに読むことが出来る。
色彩の違いだけでどの文字なのか判別出来る訳である。これほど素敵なこともない筈だ。
漢字であればそれこそ意味との照合も行ない易く、色彩そのものの拡がりを楽しむ点では
私でさえその余裕を残されており、意味を解することへの意欲も存分に残されていると思う。
自然体での共感覚により近い環境条件という方向性から見れば、日本語は申し分ない。

一方で、西洋文字の共感覚は文字数が少ない割には解読の仕方が非常に複雑である。
幼少時に海外に住んでいた頃は、読み難さゆえにそれほど当地の言語も読めなかったが、
大学に入ってから建築の専門的知識を得る際に共感覚技法を新たに思い付いたと言える。
それは"声に出して読む"というひどく基本的な作業でしかないが、効果は絶大だと感じる。
文字→色から発音→色へと注意を傾けることで、意図的に共感覚の情報量を増やすのだ。

もし仮に、私の舌と耳が英語とオランダ語、ドイツ語の発音の違いを色彩の豊かさとして
認知出来ないのであればこの手法は何の意味も成さないことだろう。言い換えるならば、
外国語の文字をカタカナ発音している限りは、意味も精確には掴めないということになる。
触覚的要素を伴った発音の理解、共感覚者以外にどう映る事象なのかは分からないが、
空間という類希な存在を無視しては粒子の如き光の動きまで知覚することも難しいだろう。

今考えてみると、私の文字の色彩はここ数年間で在り得ないほどの変化を経験している。
誤診されていた期間に薬物で共感覚が消えたことは決して小さな問題とはみなせない。
一時期は極端に薄くなり、逆に濃くなり過ぎて生活で不便したことも始終在ったと感じる。
そんな時は文字種に関わらず困難を覚えた訳であり、こうした手法の違いまでは知れず、
嵐が治まるのを待つしかなかったが、漸く日の出と日暮れが判る地点までたどり着いた。

"個"は"孤"ではない。共感覚の認知以前に、建築学にある言語学的要因と空間論とを
自らの知覚世界と照らし合わせて探究したことも在るが、今はどうでも良いと思っている。
相違点があろうと、共通点があろうと、それは私自身の感性の行方とは関係がないだろう。
私の文字色認知の仕方を文化的諸相で斬ることは出来ず、それには意味もないと感じる。
二枚の油絵を前に色彩の関係性を語っても仕方ない。その表現手法は無限に在ろうから。

Ben je altijd de zelfde?
  1. 2009/06/11(木) 23:31:24|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0
<<天邪鬼の展望 | ホーム | 視覚の文法を生きる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。