seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルームシェアの実態とは

雨が降る前の風の匂いに感じる色、文字の色、音楽の色、私にとってはあまり差がない。
無論、どれが何の色かを口で説明することは出来るが、自分の中ではその解釈は不要だ。
これは、ただそこに世界が在るのだと認識するためだけに感覚があるのかもしれないし、
一方では感覚があるから世界がそう感じられるのかもしれない。何やら複雑な響きである。
なぜ自分の共感覚はこんな姿をしているのだろうと振り返ると、深い海の底が啓けて行く。

私が共感覚を認知したのは今から二年少し前のことだが、自分に幾つの共感覚があるのか、
実は精確に数え上げた記憶がない。この背景には、誤診後にゾロゾロと共感覚が"帰宅"し、
あまりに脳内が忙しくなってメンバーの顔総てを確認する暇さえなかったということもある。
と同時に、数えること自体どこか虚しく感じられるので、何かによって表現するので十分だと
常日頃感じているのも事実だろう。いっその事、算数の問題は研究者にお任せしよう、と。

はて、こんな呑気なことを言う反面、現実には15種類以上の共感覚と日々を共にしている。
愉快、爽快、嬉しい、疲れる・・・共感覚者としての私の生活はそんなものではないかと思う。
ここまで多いのはどうやら普通ではないらしいが、私にとっての普遍とは現状そのものだろう。
では、なぜたくさんあるのか。幾つか仮説を立てることも出来るが、文字の色という分類から
一先ず話を展開してみたい。ある種のパラドックスは超えねばならないが、一つ旅を始めよう。

私に文字の形が上手く見ていないのは、これまでも何度かここでも書いたことがあろうか。
子供時分には当然このことで多く躓いたのであるが、書き言葉よりも先に聴こえていた色彩、
つまりは発音の色彩と"不完全なまま"の滲んだ文字とを組み合わせることで文字を覚えた。
覚えたとは言うものの、未だに克服したとは言えないものだし、別段克服出来るものでもない。
思うに、"視力回復術"の如きアヤシイ話が現実とならぬ限りはずっと読み難いはずである。

誤解なきように述べておくが、私は文字認知に必要とする視覚機能に問題があるだけで、
どんなに細かい建築の図面も正しくきれいに読めることからして、眼はきちんと見えている。
何ミリセカンドの世界で文字が滲んで見えたり色彩が見えたり。共感覚は在るというのに、
字形の認知に関するフィードバック・システムだけなぜかエラーを出す。意識は優れものだ。
小さい頃からずっと同じであるこの状態、見方を変えれば奇跡に近いとすら思えて来る。

学校時代、通常ならば字形と音や意味を結び付けて物事を理解していくはずのところを
私は文字の色彩と音と意味を繋いで勉強に励んでいたということになる。実に奇妙である。
色彩認知における"滞空時間"が他者の場合より遥かに長かったはずであり、ともすれば、
匂いを嗅いだり、何かに触れたりしながら言語の色彩に注意を払っていたのかもしれない。
そう考えると、文字の形から"解放"されていたことで共感覚を感じ易かったのではないか。

別段、私は注意力散漫なタイプという訳でもなく、どちらかと言えば動かなかった子どもで、
尚のこと色彩の温泉に浸かったまま過ごす時間が長かったのだろう、誤診にも遭ったのに
二年と少し経った今では3歳児・5歳児と同じ感覚が手元に在るとすら感じられる日々だ。
自分の名前が実は2・3歳の頃に飲んでいた喘息薬の甘く苦い味と同じだったりするのは
笑い話のネタにもなる一方で、薬局の紙袋に書かれた細長い""との関係も否めない。

日本語を第一言語として生活している以上、文字の色は増える一方であり"忙しさ"も増す。
そんな中で、香りや味が文字と同じ空間をシェアして生活しているのは何だか微笑ましい。
三つ子が一枚のふとんを分け合って川の字に寝ているようなものか。嗚呼、愉快な暮らしだ。
共感覚に"ありがとう"と感謝するのは言うまでもないこと。どんなに疲れても役目は変わらない。
一度は疎開していた彼等が戻った生活は実に平和で喜ばしい。幸せとは、こんなものかしら。

Vrede over onse kleuren

  1. 2009/06/25(木) 01:05:47|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0
<<ハコを出て向かう先は | ホーム | なぜ視覚で考えるのか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。