seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何を聴き、何を見るのか

私の共感覚はヴァラエティーがゆたかなそうな。本人はそうと考えることもなかったが。
一時期、危機的なことがあって奪われたのではないかと危惧したこともあったのだけれども、
結局のところ、生まれてから今の今まで共感覚が根本から変化したと確信できる事実はない。
数がたくさんあるから悲しいことも嬉しいこともなく、ただ淡々とその感覚で生きるしかないものね。
けれども、時として混乱することもある。何せ、手が十本生えたような気分にもなるのだから。

五感覚のいずれも視覚の共感覚になる。視・聴・触覚はお互いに手を取り合っているし、
時間・曜日・月・年などの時間も特定の形や色の共感覚がある。いつの間にかそうなっていた。
どれがどれの色や形か間違わずに済むか、といえばはっきりと結論は出ないだろう。
共感覚の勘違いは多分にして起こり得ることであり、このためにそれなりに苦労するといえる。
しかしそうといって失くせば失くしたで相当バランスを崩すものだともわかっている。経験値として。

いつも何かしら共感覚を知覚すること、嫌なこともあれば心地よいこともある。
静かな昼下がりに、お茶を楽しみながら大好きな音楽にでも耳を傾けていたとしよう。
目で見るもの、舌で味わうもの、耳で聴くもの、そのすべてが何ともいえないほどに美しく、
素敵な共感覚もそこにある時、いったいどれだけの言葉を並べればその感動を伝えられるのか?
そんな時、私はすっかり黙り込んでしまってまわりの世界の動き出すのをただ待つだけになる。

遥か遠い国の詩を声に出して読んでみたら、ただのアルファベットが光って見えた。
音の響きが色の光になるなんて、そんな神秘的なことが共感覚でなくても本当に起こったらね。
きっと、学校の本読みの宿題ももっと楽しかったのだろうな、と子供時分に戻ってみたりする。
それにしても、こんなことを考えられるのは週末だけなのでした。忙しい仕事の間は忘れたふり。
崩れかけた記憶の中で色のことばかりたぐり寄せては、何とも切ない気持ちになるのです。

24歳最後の週末、もうすぐ私は別の色に足を踏み込むのだったな。25年目にして初めて思う。
たった一年の重みをここまで感じるとは。様々な色や人を想い、感慨深い気持ちを覚えます。
まだまだ果てを知らないつもりで生きていこうか。それともどこへ向かい、どの光を目指そうか。
世界のあまりの曖昧さに心揺さぶられる日々。共感覚のある人生を大事にするとここに誓いたい。


雨とバッハ
  1. 2008/04/20(日) 01:16:02|
  2. おとをみる いろをきく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上に向かい、下をながむ | ホーム | 共感覚と快感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://levenmetkleuren.blog45.fc2.com/tb.php/7-542f4a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。