seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

眠り姫のその後

共感覚が消える・戻るということは、通常ならばあまり想像しないことなのだろうと思う。
無論、これには訓練云々で共感覚を造り出すといった意味合いは当然含まれないので、
成人以後も自分の共感覚を認知している人の場合について今ここでは言及している。
第一、人工の共感覚の存在それ自体私は信じていないし、仮にそれが在ったとしても、
感性世界に影響を及ぼすほどになるだろうか。共感覚とは、"記憶"でもあるのだから。

言うまでもないことだが、生まれてこの方共感覚のない自分を知らないような人にとって、
総ての共感覚が消えた状態を思い浮かべることは困難極まりないし、それで自然なこと。
自分の居る地点からしか物事の現実は見えない訳であり、敢えて"自分を消す"という
不合理な考え方は持とうとしないものだろう。何もこれは自己中心的という意味ではなく、
ただ単に、経験のプロセスがそうさせている話。そんな状態が相応しいのだとさえ感じる。

幾度となくここでも書いたことだが、私は共感覚などを誤診されたがために共感覚どころか
人間的感覚の大半を失った経験がある。これを単純に悲劇云々で片付けるのも馬鹿らしく、
今では逆に共感覚について思惟する際の材料としているほど。ともあれ、災難では在った。
通常在って然るべき感覚が失われて行く・戻って来る過程をまじまじと見つめ直すことには
ある種の危機感も覚えるものである。かと言って、他者にその意味が分かったものだろうか。

経験者でもなければ、共感覚が失われた状況について想像して欲しいとは普通思わない。
なぜか。共感覚者の持つ感性の根源を壊してもらいたくはないからである。当たり前だろう。
時折「話してください」と申す方々にも対面するのではあるが、決してそんな真似は出来ない。
そんなものでブログに書くような内容は、あくまでも表層の部分としてであって核心ではなく、
共感覚を感じる側として話すことにしている。そうでなくして、共感覚者でもないのだろう。

概して言うなら、共感覚者は社会の中で共感覚について語る・表現することを避けてしまう。
非共感覚者の無知と偏見がその理由だろう。が、ある意味ではこれは正しい判断とも思える。
表現してとことん迫害された私からすれば、表出しないように心掛けるのも手なのだろう、と。
しかしながら、隠すことに必死になっているとそれまた感性を押し殺してしまわないのか。
なぜ共感覚は目立つのだろう。はたまた、共感覚は特別視するものなのか、とここで思う。

私の中では共感覚も感覚も別個のモノではなく、生命活動の一環としてただそこに在るだけ。
兎角、マイノリティであることを意識すると共感覚を特殊なものとして扱われるのが普通となり、
当事者自らが特別な感覚であるかのように錯覚してしまうものなのだろう。しかし、どうだろう。
本来、共感覚者の中で普遍的な存在であるならば、それで通しても構わないことがあるはず。
自然な感覚だと自負するならば、下手に優越感に浸るのもおかしな話だと私は考えている。

共感覚を特殊能力の如く持ち上げる見方にも私は反対であり、10や20以上の共感覚と共に
日々過ごしていようと自分が死すべき人間なのはいつまで経っても変わらないことと感じる。
では、なぜ共感覚を失っていた時期に苦しんだのかと言えば、それは感性の問題となろう。
子どもの時に共感覚者として育ち、そのまま成人すれば人格も共感覚と一心同体ということ。
何の理由もなく自分の体が不自然に崩されていくのを理不尽と感じない人が居るだろうか。

共感覚が消えるのも奇妙な話だが、戻って来るのはより一層理解に窮する話ではないか。
消えた表現力が努力なしに元に戻る、望んでも帰らなかった色彩感覚が使えるようになる、
SFの世界で私が戸惑っていたことは今となっては懐かしい印象さえ在る。だからと言って、
共感覚者自身の中で眠った感覚が目を醒ますだけなので、異質な感覚とは思わなかった。
やはり、共感覚は記憶なのか。それとも何なのか。感性との問答を続けて行きたいものだ。

Een kort en lange verhaal
  1. 2009/07/25(土) 13:44:47|
  2. らせん と じかん
  3. | コメント:0
<<愉快な花火を打ち上げろ | ホーム | 塗りムラの姿は隠されるのか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。