seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愉快な花火を打ち上げろ

月曜日の朝になると、私は深緋色の温泉に飛び込むことになっている。奇妙だろうか。
その上、太陽の居る位置や月の光によって身体が色相の間を彷徨うこともあったりする。
地震が来る前には黄色く激しい光が世界を遮るように感じられたりもするし、雨の前には
橄欖色の苦味が鼻の奥から背中にすり抜ける。書物の文字は夕暮れのような挿絵となり、
音楽を聴きながら方解石の中に迷い込んだのかと錯覚することも。これらは夢ではない。

共感覚者が感じていることを言語化すれば、いずれ"比喩"が邪魔し始めるのだと感じる。
もちろん、私が知覚している共感覚は比喩ではない。情景的なメタファーを好む人ならば、
共感覚について理解していなくてもある程度までは「うん、うん、そんな感じ分かるかも」と、
頷いてくれるのだが、当事者としての本音を言えば、さほど嬉しい共感のされ方ではない。
と同時に、数々のジレンマを覚えるものだ。共感覚をどう表現すれば納得が行くのだろう。

割に知られている共感覚として文字→色、音→色、時間→色といったカテゴリーが在るが、
私の場合、これらに感じている色彩というのは「なんとなく」「そんな感じで」「似合っている」
の度合いを遥かに通り越して、然も激しい光として身体や精神が認識している訳である。
味や香りにヴィヴィットな色彩や形状を感じているともなれば、下手に同調してくる者も無く、
知覚現象然として扱ってもらえるというのはアンフェアでもあるが、兎に角現実は見苦しい。

文化的次元から非共感覚者が共感覚を理解しようと挑む時、こういった障壁にぶち当たる。
いや、彼等はもしかすると試練に遭っていることにすら実は気付いていないのかもしれない。
比喩という類稀なポケットに滑り込んで、いつしか安楽椅子の上で共感覚の夢を見るために
目を閉じてしまわれては困るので、心地良くなった彼等の前で花火を打ち上げたくなるほど。
共感覚者自身の体験談でもっと驚いて、それから冷静に考え直してほしいとも思うものだ。

共感覚は極々日常的な感覚であり、私は"・・・のような"という表現を多用しているにしても、
決して直喩表現の一端としてこの言葉を上に被せているのではない。それこそ喩えになるが、
風の強い日に空に浮かぶ雲を見ながら「何々形の雲が幾つ」などと表現出来たものだろうか。
時々刻々と変化していく共感覚はそういった曖昧さも伴っているがために「これ」とはならず、
"こんな感じ"としてそこに"居たり"、自分の中に"在ったり"、或いは"感じられる"ということ。

実直に共感覚を表現する人や比喩表現が苦手な人にとって、共感覚は相当理解されづらい。
一度でも共感覚者同士で対話すれば、逆に世間の無理解の溝の深さを現実として感じるが、
なぜそこまで他者に伝わらないのか、ある程度の尺度を認知して安心出来る部分も在ろう。
その差異を知ってからの行き先は人それぞれだと思う。ひたすら無理解に苦しむ人も居るし、
開き直って変人の振りをしつつ常人の生活を満喫し出す人も居る。要は度胸なのかもしれない。

私自身に関して言えば、海外で言語的マイノリティだった時代には"言葉を知らない"ことで
逆に誤解の数が半端なく多いために、共感覚的な擦れ違いも何もかも"玉石混交"だった。
自国に帰ってからの方が余程"ヘンな異邦人"になった訳であり、いじめや不登校と言った
社会的な"マイナス要因"も当然経ている。だがしかし、何にしても経験は経験ではないか。
共感覚等への誤診も合わせて言えば、打たれ続けて初めて見えた地平も在るのだから。

概して、共感覚者としての知覚経験はユーモアと共に過ごすことで守られる可能性が高い。
単純にふざけるのとは異なり、理知的なユーモアが自分を陥れるようなことはないはずだ。
そして、共感覚現象全体のイメージを"状態の相似形"として比喩に置き換える代わりに、
知覚そのものの姿はストレートに伝える。そんなワンクッション置いた表現技法もあろうか。
幾つかの反省はしつつも、こう思える。共感覚者の感性を活かすことも、きっと幻ではない。

Het is waar
  1. 2009/07/28(火) 00:04:02|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0
<<苦痛は宙に舞うだろうか | ホーム | 眠り姫のその後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。