seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同調ではなく洞察を

時折、こんな誤解に出くわすことがある。「共感覚って、単なる知覚過敏ではないのか」と。
初めに断っておくが、これは偏見の基となる考えであって私は真っ向から否定する他ない。
と同時に付け加えておきたいのは、単なる感覚の暴走を安易に共感覚と思い込むことも
どこかしら間の抜けた話だということ。似ているもの同士を一緒くたにして考えるのに比べて
似て非なるものを抽出して洞察することの方が余程難しいのは、ともあれ事実ではないか。

実際、共感覚者にとって現代社会の中で生き抜いていくのは至難の業とも成り得るもの。
人工物からの知覚量が際限なく積もっていけば、別に共感覚者でなくても疲弊するだろう。
自分で知覚量を制御出来る環境にいつも居られるとは限らないのが世の常なのであり、
そうして振り返ると、共感覚者の"ハードディスク"が過熱気味になっていてもおかしくない。
無防備に過ごしていれば、どんなに楽しく元気に遣っているつもりであっても限界は来る。

無論、共感覚の種類や強度がそこまで多様でもなければ、バッテリーも持つことだろう。
要するに、共感覚が豊かで在れば在るほどリスクも高まる。ある意味、妥当ではないか。
共感覚を感じるということは、一方では自らの感覚を具に観察する機会を与えられている。
そうであれば、逆に感覚・感性を管理する術を主体的に考えるチャンスもそこにあるはずだ。
見出せば決して裏切られはしない、私自身これまでの経験からそう感じずには居られない。

ところで、ここで少し方向転換してみたい。若干偏っていると思われても仕方ないだろうが、
"共感覚の近傍"的な知覚現象を須くこれと並列化・同一視する向きには私は反対である。
心理的にクリティカルな状況ともなれば、人間誰しも感覚が鋭敏・繊細になるものだと思う。
だが、こうした特異的な環境条件でなければ感じられない"感覚"には大概落とし穴があり、
自分の経験も含めて言えば、はっきり言って心地良くない感覚が多いと言わざるを得ない。

何しろ、普段健康なままに知覚する共感覚の多くは快感や安心感さえも感じられるのだ。
一般的な五感覚知覚にある普遍的な快・不快と同様にマイナス面もあるとは言うものの、
我慢の限界を超えるのは、他者の無知や偏見以外には実はこれと言って見当たらない。
あまりにもマイルドな感覚なのだから。仮に、成人以後もそういった共感覚による不快感で
世界を斬捨てるような真似をするとなれば、やはりそれは幼稚さが表出しただけなのだろう。

現実、共感覚知覚とそれら鋭敏な感覚を知覚することの間には類稀な親和力が在る。
ともすると、そのグラデーションは本人にも他人にも差異を感じさせない空間なのであり、
何がどう違うのか敢えて分別はしないが、真性の共感覚者にしてみれば、言葉にせずとも
"空気"で分かってしまうほどの距離感か。普段はKYな筈の共感覚者にしか読めない流れ、
少なくともそこに在るのは排他的な感情ではなく、共感覚者としての自負に他ならない。

Ben je zeker?
  1. 2009/08/27(木) 00:55:10|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0
<<森の外から、森の中へ | ホーム | その言葉は忠実か>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。