seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆらぎの世界を廻る

ある視点から眺めてみると、共感覚は"ゆらぎ"を持った感覚ではないかと思えて来る。
これはあくまでも私自身の場合だけかもしれないし、あるいはその逆なのかもしれない。
科学的な範疇からすれば共感覚を感じているのはヒトの大脳という箇所になるものだが、
生命そのものが無ければ共感覚も在り得ない以上、共感覚は身体総てが支えるもの。
移ろい行く身体と共に共感覚の地平をしばし歩いてみたい。果たして何が見えるのか。

初めに断りを入れておくが、共感覚は物理的な性別如何ではまったく異なる様相を現し、
一人として"同じ"感覚はない、一般性を持つ概念では決して捌き切れない現象である。
実際、同性の共感覚者同士であっても個々に感じているもののベクトルは多様であり、
同じ傾向を持つかのように見えて、その出所がまるで違うことも往々にしてあるものだ。
従って、私が断言出来るのも私自身がこれまで体験した感覚だけということになろうか。

心理的な性別の在処は保留とするが、私は女性の身体を持ち、これと共に生きて来た。
種々の生理現象と共感覚の関係性という点は、恐らく語り始めれば切りがないだろう。
一言で言えば"ゆらぎ"としての共感覚がそこにある訳であり、非常にゆたかな世界だ。
見方を変えれば、不快感漂う日常生活とも思えて来る筈だが、これだけはなぜなのか、
耐えるべき苦痛という発想自体、私にはあまりない。自然なもの、とどこかで感じている。

自分の持つ共感覚の中には、ホルモンのバランスにより強まるor弱まるものがある。
少なくとも、高校時代からはずっと続いていることなので、もはや違和感も感じないが、
文字の色が鮮やか(過ぎ)な日が続いたかと思えば、彼等が旅に出たかと思う時もあり、
私にしてみれば、カレンダー上の時間単位の色と連動して動く色彩があるということ。
便利かどうかは別として、廻り行く色彩を眺めているのはそう悪いことではないと思う。

薬等によって人工的に共感覚が消えるのとは異なり、この"ゆらぎ"には特徴がある。
ホルモン分泌のエラー等は、その時だけ現れる共感覚の色や触感が存在したりする。
普通、体の調子が悪ければ痛みや不快感で気付くのかもしれないが、私の場合には、
自分の纏っている色彩が違う、と認識することで異変を知る。どこかあべこべだろうか。
"痛みがまた遣って来る"ではなく、"あの辺りにもうすぐ着く"と空間的に考えている。

こういった、内蔵を含む身体全体に係わる共感覚というものは"何色だ"とは言えない。
社会一般の色彩観に押さえ込めば「こんな色彩でこうこうの形が動いている」となるが、
敢えて言えば、それは私本人にとっての共感覚の実態とはまた別個の表象と言えよう。
既存の言語に当て嵌まらないものとして、これらの共感覚が生き続けてくれたら良いが、
現実には、誤診等の私の過去が語るように、誤解や偏見も付き纏う事象なのかと思う。

何せ、私にしてみれば「ズキズキと頭が痛い」の概念自体が理解出来ないことがある。
一般的な言語とは別のアフォーダンスを知覚するということだが、ある意味で興味深い。
いつまで経っても世間の現実に近づけずにもどかしい思いをするものの、感覚の"柔"を
受け入れるのはさして悲しいことでもなく、その逆ともなる。いろいろ楽しめるのだから。
他者の言う・書くことが時々分からないという珍事が在るにしても、感性を守ってみたい。

原感覚により生じるアフォーダンスと共感覚により起こるアフォーダンス、ということ。
ただ単に私の場合には後者の比重が高いのだろう。日常的に尋ねられる前者の要素、
歳を経るごとに少しずつ記憶に留めるようにしてはいるが、やはり実感は部分に留まる。
言うなれば、マイノリティの身体論ということ。夕映えの富士こそが"青"をもたらしたり、
激痛が丸かったり・・・。時折"ゆらぎ"の透き間に居る一般論も、もちろん"知っている"。

Tussen de ruimte

  1. 2009/09/17(木) 23:53:57|
  2. らせん と じかん
  3. | コメント:0
<<平面への憧れ、空間への望郷 | ホーム | 森の外から、森の中へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。