seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

記憶と認知の透き間

時折、"共感覚保持者"という表現を見掛けるのだが、そこで一つ疑問に思うことがある。
果たして、共感覚は保持する・保持出来るものなのか?と。当事者と共感覚との関係性、
これについては過去にも幾度と無く自問して来たのだが、もう一度考え直してみても良い。
ここで思うのは、共感覚との出会いや別れというのは実際にはひどく個人的な事象であり、
他者から見れば、感覚の有無で人の価値が決まる訳でもない。"共感覚者"とは何なのか。

あくまでもこれは私の経験上の話であるが、成人以後まで共感覚を知覚する環境にあれば、
どんな目に遭っても共感覚者は"引退"出来ないと思うし、何がしかの形で感じ続けるだろう。
年齢と共に共感覚がフェードアウトしていく人は居たにしても、"実感"そのものともなれば、
恐らく一生涯剥れることはないと思う。要するに、強弱の差に変化はあっても在るには在る。
海外で言う、projector/non projectorの分類の何れかに当て嵌まるかということなのか。

私自身、誤診に遭ってほぼ総ての共感覚を失っていた期間を数年経験した。そんなもので、
今現在、共感覚が溢れんばかりに戻った身としては、"保持している"というイメージは薄い。
ただ単に共感覚が"そこに在る"という印象の方が余程強く、自分で守っているつもりもない。
どちらかと言えば、成長過程で構築された感性の方が共感覚を強く希求しているのであり、
ヒトの行なう資産運用に比べれば、遥かに動物的な感覚を持ってそれが"維持されている"。

神経の構造自体は固有のものだろう。がしかし、これは意志だけではどうにもならない。
もし仮に、自分の神経総てを意志(ないしは意思)によって管理出来たら、奇妙ではないか。
恐らく、共感覚によって心弾ませることもなくなるだろうし、文学もアートも生まれないだろう。
共感覚者自身がこの感覚を大切にしようと日々努力するのは紛れもない事実だと感じるが、
かと言って、本人のみがこの感覚を支えているのではない。総ては相互作用で起こっている。

半ば折衷的な"他力本願"でもあるならば、なして当事者のみがその保持者と成り得ようか。
思うに共感覚とは間主観的な事象を数多く含んでおり、決して主観的なだけでは終わらない。
知覚している本人の感性・感情総てを理解出来ないにしても、社会的な関係の中に在っては
共感覚(者)は何がしかの形で守られているのかもしれない、と私は感謝の念と共に振り返る。
無論、そういった経験には極端に差があり、時に人間性に欠けたエピソードも見るとはいえ。

知覚現象の起こるメカニズムも考慮すると、共感覚は遺伝子によって"守られている"としか
言い様がないのではないか。共感覚の強さも物理的身体の特徴同様、受け継がれる筈だ。
仮に家族の中で自分だけ共感覚者だったとしても、保持者として名乗りを挙げてしまっては
些か不遜な態度となろう。理屈や言葉はどうとして、大概の人間は共感覚を"知っている"。
それを裏打ちするのが新生児共感覚の存在だと私は思うし、これは現実の示す通りだろう。

事実、共感覚を極端に理解出来ない人々も結構居るものだ。それを"忘れて"しまったのは
別に彼等の能・不能の問題ではない。分化を愛した神経が学ぶチャンスを逸してしまった、
それだけに彼等は共感覚者とは掛け離れた感性で生きている、と逆手に取ることも出来る。
原始社会が共感覚で満ちていたというのも、現代の世にあっては"妄想"の範疇を超えない。
共感覚者間の差異を直視する中で遭遇した現実が、それを物語る。"個"も普遍である、と。

Fallen asleep

  1. 2009/09/27(日) 12:18:00|
  2. 数 と くうかん
  3. | コメント:0
<<感覚的戯れの行き先 | ホーム | 体験へ立ち返るとき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。