seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

認知は悲しみを生むものか

一見して、社会では非共感覚者vs共感覚者という構図に出くわすことの方が余程多いものだ。
当事者側からの視点を加えるならば、これこそは"孤独"の2文字を浮き彫りにする事実である。
「もし世界が100人の共感覚者の村だったら・・・」という(妄想如き)想像は、私もしたことがあるし、
惨いほどの悲しみを抱えた共感覚者なら、一度や二度は思いを馳せる"空間"なのではないか。
隠された感覚とはいえ、現実に共感覚者が五万と居るのなら、これも夢ではないかもしれない。

そこで私が思うのは、共感覚者同士には何か"特別の"感情は存在するのだろうか、ということ。
結論から言えば、我々とて単なる人間であり、社会的な関係性も至って普通だということになる。
共感覚者同士の会話に何か呪文が隠されている訳でも、儀式が存在する訳でもないのであり、
ただ単に、"お互いの感覚を許す"という暗黙の了解以外には然したる決まりもないかと感じる。
逆に言えば、自分の知覚世界が絶対だと思い込む人間にとってはこれは"破滅"にもなろうか。

兎角、共感覚者=マイノリティとなる場では「キモイ」だの「胡散臭い」という印象を与えがちな
この知覚現象であるが、共感覚を感じる者たちが集うとなれば、異端視する対象が変って行く。
何せ共感覚者同士というのは、「同じ感覚」と呼ばれるものを互いに感じていながら、あまりにも
その"同じ"の意味に幅が在るので、"結節点"を持たない会話を続けているようなものなのだ。
どこまでもオープンエンドで、果てを知らない世界に出会う訳である。これこそは、"奇妙"だろう。

これは何の不思議もない事実であるが、共感覚の特徴・種類・感じ方・使い方・・・というのは、
それこそ、個々人で多様な姿をしている訳なのだ。私にしてみれば、非共感覚者の感覚にも
一定以上の驚きを覚えるものだが、毎度、共感覚者には驚き以上に感銘を受ける程である。
決してこれは誇張ではない。自分にとっての"普遍"が打ち砕いてくれる仲間の"名言"には、
何とも形容し難い感覚を覚える。それが単なる共感を超えた代物なのは、間違いないだろう。

共感覚者、ということは私とて日常生活ではほぼ口に出さない(ここにはたんまり書くにせよ)。
片頭痛や読字障碍がこれに絡まって誤診されたことも有ってか、どう説明したら良いのかが
実は分からなかったりする。説明出来るほどの知識と言葉は用意していても出来ず仕舞い。
なぜなのか。別に自信が足りない訳ではない。純粋に、これは想像出来ない領域だろうと
どこかで悟ってしまうということ。"経験値"なる言葉が頭を掠めると、やはり黙るしかない。

無論、"同じ"共感覚者であっても、私の感じる色や形の見え方は"許されて"はいるにせよ、
分からないままかもしれない。これは言い換えるなら、私も同様の"盲点"を持つということだ。
これは、文字の総てに共感覚を感じるとか、総てのモノに色や人格を感じるといったような
絶対量的な話ではなく、どちらかと言えば"相対的な"意味での盲点であり、非常に複雑だ。
共感覚者同士で"共有"している対象が存在の意味論の範疇だという事実が見え隠れする。

自分にしかない、或いは"稀少な"共感覚を感じること、これは時として葛藤も生むものか。
今の私にしてみれば、これは孤独やら使命感なんぞ言う、陳腐な言葉で片付けてはならず、
それらを「如何に説明するか」よりも、"如何に深く感じているか"自分で実感し続ける方が
余程感覚そのものに忠実で居られるのではないかと思うところ。過去には、自分と"同じ"
という響きに魅惑を覚えた時期もあったが、感覚の哲学をそこまで薄くしては悲しいだろう。

別段、他者に共感覚を否定されたことがあるからいって、それが人生の総てではない筈だ。
感覚そのものを否定どころか"抹殺"された身としては、勿論怒りを感じたこともあるのだが、
その負の経験を仲間のために活かす方法はないだろうか、と近頃漸く気付いた訳である。
自分や相手が共感覚者だという現実は、現代社会でも当然認めて然るべき事柄かと思う。
問題なのは、"知る"という類稀な体験を如何に迎えるか、という潜在性の行方ではないか。

Coincidence in the Air
  1. 2009/11/27(金) 00:41:53|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0
<<知ることについて | ホーム | 許された色彩に問う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。