seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知ることについて

近頃、この日本でも共感覚という言葉を良く聞くようになった。何はともあれ、これはメディアのお陰だ。
共感覚という知覚現象が社会の中で流布することは、一方ではこの名称を知らない当事者を安心させる。
だが、それは同時に共感覚を"知る・知っている"という言葉の曖昧さをも暴いて行くのではないかと思う。
体験として知る、そして、知識として知ること両方があるのは、依然として否定出来ない事実ではないか。
果たして共感覚者自身が"知ること"とは何なのか。一当事者として、今一度振り返ってみたいものである。

言うまでもなく、共感覚は主観的な知覚であり、それがために然も複雑に見える。他者は感じないからだ。
偏に知覚とは言うものの、共感覚は心理的な要素がその近傍にあるために、ただの感覚だけには留まらない。
ある者には快感であるかと思いきや、他方では"不快で嫌い"な共感覚を持つ当事者も其処此処に居ると聞く。
共感覚者の多くは、"自分にしかない"この感覚を愛したいとは感じるらしい(無論、疑う者も意外に多いが)。
それは何も偏った自己愛ではなく、自らの身体を大切にして健康を保ちたい、といった普遍的次元の話だろう。

時に、「嫌いな共感覚はあるか」と私が尋ねられたとする。包み隠さず真実を言えば、答えは"ない"になろう。
当然私にだって嫌いな感覚の一つや二つは存在するけれども、それは共感覚そのものに対する感情ではなく、
それとは全く別個の趣味趣向がこれに係っていると言い直した方が余程相応しいだろう。感覚は感覚なのだ。
元来、私は"苦手"を作ること自体を"タブー"に定める位の人間である。感覚、感性の双方を認めてはいても、
共感覚を嫌いだとは感じたことがない。たとえ他人に何も分からないにしても、在るものを否定は出来ない。

何にしても、共感覚者自身の"自分の持つこの感覚は、いったい何物なのか?"という疑問は実に奥が深い。
時としてこの地点で戸惑いを覚える者も少なくはないだろう、何しろ共感覚者とて、誰一人"同じ"ではない。
そもそもヒトはみな差異を持って生まれて来る、という極々当たり前の結論に舞い戻って来れればこれ幸い、
ある意味、"生きている世界の違い"を持つことに恐怖心さえ持たなければ、"知る"ことの意義も在るかと思う。
これは別に西洋的な分割方法を学ぶということではなく、純然たる現実の認知だと私は付け加えておきたい。

自らの感覚の名前を知り、それがある程度"普遍的"なものと認知すること。しかし、これは一つ目の"知る"。
ここで、もう一つの"知る"が存在することも忘れてはならないだろう。そう、知識として"知る"ことの方である。
必ずしも総ての人間が書物に興味を持つのではないのは紛れもない事実だが、さりとて共感覚者でありつつ、
この現象について具に学びたいと思わない者が居るだろうか。そうした知識を取り入れる方法は多様であり、
何も学術論文だけでなく対話もそのツールに含まれるが、誰しも手段が許せば知りたいと考える筈かと思う。

我国の言語的事情を踏まえて言えば、純粋に日本語だけで書かれた共感覚関連の文献は非常に少ない。
事実、私が知識を取り入れたのは英語の書誌だったが、客観的、尚且つ偏りなく共感覚を学ぶというのは、
これでもかと言う程に障壁があるものだ(が、壁を打ち壊してまでしても知りたいのがこの私の本性である)。
そしてまた、"知った"後に当人に残る疑問はそれこそ夥しいものであり、消化するまでの時間も殊の外長い。
あれは・・・?これは・・・? と言った問答は今も終の棲家に出会わぬまま、私の思考回路を彷徨い続けている。

思い起こせば、知識なしに共感覚について悩みあぐねていた日々というのは実に主観的な作業の連続だった。
それらが不毛だったとは一概に言えないが、ある種の自己超克から表現へと向かった自分の姿を振り返ると、
知識がそれなりの役割を演じたことを窺い知ることが出来る。"何のため"の共感覚か、が言語化されたのか。
言うまでもなく、これは他者との共有とはまるで別の方角を目指す旅であろう。しかし、実に清々しい道だ。
「共感覚の共有」を求めずに生きるには幾許かの強さも要るが、"知る"ことのアウトプットは鮮やかに見える。

以前は不快だった筈の共感覚、というのは私にもない訳ではないが、今では敢えて避けなくなったようだ。
無防備になった訳でもなく、かと言って好きになった訳でもない。いろいろな次元でそれを"知った"だけだろう。
非共感覚者にとっても共感覚者にとっても無知は不安を呼び起こす要素であり、これは間違いないと感じる。
共感覚の存在を知るだけでは、私も心が揺らぐ。これはヒトが機械ではなく、繊細な生き物だという証拠か。
群れることなく探究し、ひたすらに感じ続けること。まだ先は長く見えないが、心躍るものが其処に生きる。

Night, that favours
  1. 2009/12/13(日) 18:22:15|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0
<<空間は、消えてしまったのか | ホーム | 認知は悲しみを生むものか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。