seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空間は、消えてしまったのか

彼方は、共感覚とその空間性について問うたことはあるだろうか。これは非常に壮大な事象ではないか。
そもそも共感覚がどのような知覚を指すのか体験・認知されていない段階では意味を為さぬ問答だが、
当事者、ないしはその体験談を生に見聞きしたことのある者にとっては、全く覚えのないことではない。
共感覚と空間認知が係ると感じる・考える人は決して多数派ではない。捉え方に依っては非常に少なく、
且つ"隠された"感覚でもある。意外や意外、現代空間に在る現代人の多くは"間"を知らずに居るからだ。

ともすると、今回の記事は"意味不明"かもしれない。ヒトは三次元よりも二次元的な思考が容易に出来る、
という"驚くべき"事実を私が知ったのは今からたった数年前の出来事だが、どうやらこれは「普遍」のようだ。
"アベコベ"な私が以下に書くことは、読み手によっては鏡の中の世界よりも理解し難いことにもなるだろう。
平面図形よりも空間図形にこの上ない愛情を覚えた者や、地図情報よりも"世界"の方が正しいと感ずる者、
文字よりも空間の構造に魅力を覚えた者には、少しは入り込む余地も有るのだろうか。正直、自信はない。

実を言えば、これまで出会った多くの共感覚者や書物の中で読んだ共感覚体験を具に思い起こしてみても、
"これだ!"と思える空間性の表現にほぼ遭遇したことがない。これは共感やら何やらの感情のお話ではなく、
空間認知の仕方がただ単に異なっているということ。無論、共感覚者でなければ意外に仲間も居たりする。
建築専攻の者等か?否、彼等こそは消化不良を起こすような現代空間を信奉しているのだから、当然違う。
私の言う仲間とは文字から遠く離れた世界に本拠を置く彼等のこと。その呼び名は・・・別に何でも良いだろう。

共感覚者の近傍では在りながら、そして両者は重なるもので在りながらも、なぜか隠されているのが現実。
言うまでもなく、文字にされることのない"文化"は弱い。空間文化は語られはしても、やがて壊されるものだ。
何もこれは建築だけの話ではなく、ヒトの感覚世界についても同様ではないか?朽ちて生えるのもまた文化。
実際、共感覚は空間感覚の脆さに比べれば余程生き延びている知覚現象である。これは異論も在ろうけれど、
三次元思考の人間の生き難さが共感覚者のそれに比して救いようのない点では、そんなものだと考えられる。

純粋に視覚優位な人々の知覚体験とも、私自身を含めた空間優位の人々はどこか異なる印象を与える程で、
前者の知覚が静止画像中心なのに対して、後者は常に"動き"を持ち合せている。より曖昧で、鮮やかなのだ。
仮に静止画だけなら空間的な要素の幾つかは捨象されて行き、"見えないものは見えない"ということになる。
だが、常に動画で世界を認知するのが"普遍"な私には逆に平面が平面と感じられず、静止画は虚構である。
ゲシュタルト的な観点から見直せば、私のような人間が如何に"飽和した"世界を生きるかも想像出来ようか。

これと共感覚とが対になった状態は、別段不可思議な姿をしている訳でもないことはお分かり頂ける筈だ。
共感覚者総てとまではいかないにしても、色彩を放つ音楽が宙を舞い踊る風景を見る者は居ることだろうし、
私含め、種々の身体現象を色彩として体験する者にとっては空間性なしには共感覚そのものも存在し得ない。
がしかし、ここで私が非常に奇妙に思うのは、言葉に置き換えられたと同時に共感覚から空間が姿を消して、
あたかも一枚の絵の中に閉じ込められたかの如き様相を見せることだ。空間はどこで生きているのだろうか。

古の日本に生きた詩人たちが我々に残した芸術を参照すれば明白なことだが、彼等は空間を知っていた。
ここで言う"知る"とは、先日の日記に綴った二つのうちの後者に近い事象で、「ああ、それ私も知っている」
といった、"上辺の認知"を遥かに超えた体験そのものとしての、つまりは実践の中での"知る"を指している。
教科書通りの世界を歩くのではなく、且つ唯一無二の空間体験を忠実に表現することは果たして難問なのか。
情報の溢れかえった現代の中であっても、"間"そのものは我々が遣って来るのを待ち侘びていることだろう。

悲しいかな、私が共感覚という言葉を目にしたのは空間の中ではなく、文字に満たされた"森の中"である。
幾ら空間に寄り添っているつもりであってもそれが総てとは到底決められず、生きることには冒険も必要か。
ネットが現代の共感覚者を繋いだと感じる者は居るのだろうし、これも正論だ。しかし、共感覚の在処を見よ。
既に見知る共感覚では物足りず、野山に飛び込んで行く者が居ても良いではないか。はて、素朴な疑問だが、
私の文字の色彩はどこから生まれたのだろう?少なくとも、それは今でも空間の中で生き抜いているようだ。

Miyasudokoro, sonata ha izuko he
  1. 2009/12/14(月) 23:47:27|
  2. 数 と くうかん
  3. | コメント:0
<<レイヤー、ふたたび | ホーム | 知ることについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。