seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レイヤー、ふたたび

先回の記事にも書いたことだが、私自身の共感覚世界では"空間"が非常に大きな役割を演じている。
普段からその空間性を言語化せずにいるのには種々の背景があり、時として、そういった世界観を
言語の枠組みから守ることこそが、共感覚含めた諸事象の真の在り様を永らえさせるとすら思う。

あくまでも私の見方となろうけれども、言語とはそれこそ"枠組みに納まる"ことなしには存在せず、
古語から現代語へのパラダイムシフトもその中での"建具の一新"の繰り返しながら起こったと感じる。
建築的な意味合いでの、平面や断面、屋根伏図といった、2D形態にまとめることでこれは成立する。

もし仮に、私が大多数の人々(勿論、共感覚者も含む)と同じように空間思考が不得手だったならば、
先に挙げたような言語の仕組みに違和感を覚えることもなく過ごしていたに違いない。だがしかし、
あべこべの世界観をもって生まれたことで、かくも不可解な"間"の存在を意識せざるを得ないでいる。

恐らく、究極の平面世界に生きている人々も地球上にはそれ相応に居ることだろうし、私からすれば、
彼等の感性世界が私のそれより劣る、何がしかの要素に欠けると断言することはまずもって出来ない。
これは共感覚にも言えるが、感性の豊かさは感覚条件以上の"何か"に必ず支えられているものである。

総ての事象、即ち感覚も感性もその表現も"同じ"と感じることは空間人間の私にもない訳ではない。
幾層ものレイヤーにばらばらに散在していた要素がある瞬間に"集合する"ような状況、これこそは、
私にとって生きられた"平面世界"である。しかし、だからと言って其処に留まれるのでもないのだ。

自分の世界の認知の仕方がヘンだと気付いたのは子供の頃であり、この私とて平面に憧れたことが
ないと言えば"まぁまぁ嘘に近くなる"(=嘘も"一つ"のレイヤーだろう)。コピー能力には自信があり、
須くパンピー共の真似をしてフツーっぽくに生活することは、別段不可能という訳でもなかったりする。

なぜそうしないかと言えば、それが私の共感覚の消去行為だからだ。そして、空間寄りの共感覚者が
超マイノリティであることも付け加えればお分かりだろうか。個々人にとって"共感覚状態"というのは
それなりの距離感をもって存在するということ。私自身の空間的共感覚は決して"絶対"ではない筈だ。

詳細を数え上げたこともないので幾つかは知らないが、私の共感覚自体、物凄く数が多かったりする。
100に対して50くらいしか感じない共感覚は私には"其処に居るのか居ないのか知れない"程度なので、
別に夜空の星の如く在る共感覚が、空間的に感じられることはどことなく好都合な環境でもあろうか。

無論、空間的に共感覚を知覚すると言っても、所謂数学的な座標値に置き換えない分からないといった、
面倒臭い手順を踏んだ記憶は皆無である。時間と空間の関係性を認知するのに西洋的思考や論理操作を
経ねばならない等と考えてしまう御方は、それこそ「一枚の紙」の上でグルグル彷徨う人間のことを指す。

他者の話を聞く時に、私はどう思考しているか。これは愚問に違いないが、共感覚者の如何に係らず、
レイヤリングの仕方が個々人で異なることさえ明確に把握していれば別段苦でも何でもないということ。
そういう観点から鑑みれば私も酷く偏りの多い人間と見えるのかもしれないし、何事にも結論はない。

私自身にとっては、紙面の上の文字でさえも平面とは言い難い。文字が動く、位置関係が変わるetc...
つい最近或る方に言われた、"彼方は平面に押さえ込まない方がより良く生きられるのでしょう"と。
全くもってこれは事実であるが、と同時に何ものにも依存しない格闘との連続というのも現実だろう。

二項対立的事象が空間世界ではあまり意味を為さず、平面には居るらしい絶対存在も粗方姿を消す。
人生の早い時期に東洋vs西洋の図式の破壊を見たのは、ともあれ幸運だったのではないかと思う。
(そうではなかったにしても私は私の空間世界の中で生きている訳だが、矛盾や怒りは感じられる)

初めて共感覚者と出会った時、もしかすると彼等にも似た空間世界があるのかもしれないと思った。
確か彼等も非常に個性的であるが、必ずしも空間ありきの感性を持つ者ばかりではないと知るに至り、
一方では狼狽し、もう片方では安心感を心の内に感じたものである。やはり、共感覚は共感覚だと。

そんな背景もあるが、私が共感覚に関する文献を読む時は当然、"他人事"だという前提の下に読む。
仮に自分と「同じ」共感覚の話などと思い込んだら大変なことになろう。総てが"嘘"っぽいのだから。
しかしそういう範疇で続ければ、このブログも"疑惑の陳列棚"と化す。バランスは土台に必須である。

時として、人は不安を抱くもの。同じでなくて、なして他者と共有し、心を穏やかに出来るのかと。
そんな時には、大気中の水蒸気の存在を思い起こすのは快い。共感覚は類稀なる均衡の下にあって、
空間(或いは平面)の中で事も無げに其処に在る。心の盲目さとは、何かの始まりを告げるものか。

iiiiiiiiiiiiikagennnnnn
  1. 2009/12/26(土) 16:21:29|
  2. 数 と くうかん
  3. | コメント:0
<<場合の数について | ホーム | 空間は、消えてしまったのか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。