seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

扉のない空間

これは"恐らく"という前置きの下で語る方が良いのかもしれないが、芸術には危うさを伴うものもある。
時として理性のたがをわざと外してしまうような音や形に出会った瞬間、私は何を感じるのだろうか。
悦び?恐怖?恍惚感?・・・言うまでもなく、これを言語に置き換えるようとするのは些か陳腐な精神だ。

共感覚、それも空間性を持ち合わせた感覚の状態を例にとるならば、ある種"危ういもの"が満ち溢れ、
誰にも止めようのない、いや、もはや止める必要のないような流れにしばしば遭遇するようにも思う。
この領域に入った自分に向かって"戻る"ことを要求するのは、制止を生業とする理性の存在くらいか。

異論もあるだろうが、感覚や感性をその根源とする共感覚芸術に関して言えば、アートを言語化する、
という翻訳作業は"批評家体質"の者でもなければ、敢えてしようとは思わないのだろうと私は考える。
何せ、言語という論理体系に組み込むこと自体が甚だ愚かと感じられるような共感覚もあるからだ。

今から数年前に私は"ある失敗"をした。誰かに災難が降りかかるとか、所謂社会的責任のあるミス等の
一般的な意味合いでの間違いではなかったと断っておくが、理性で感性を殺めかけたようなところか。
失敗の背景に、周囲の共感覚(及び芸術)への根本的誤解や先入観があったのも事実ではあるが・・・

"危うい感覚"の"危うい"を、何を以ってして"危うい"と論ずるかは読者諸君にその判断を任せるが、
仮に、ここで私が焦点を当てている対象が色や触覚に関る共感覚のみであるならば話は単純であり、
空間性に潜む矛盾―これは時として合理ともなる―を殊更に苛める必要もない。自明の論理として。

柔かい時空、そこには明確な出入口などない。なぜないのか?玄関口があれば分かり易くなるのか?
明日の扉を開くのが、他でもなく明日を生きる主体そのものであるのと同じように、共感覚の空間も
共感覚者という主体なしには存在し得ない"優れもの"である。これが共有されないのも明白だろう。

言うなれば、私の失敗とは共感覚空間は固有なものとしてのみ感じられるものだと断らなかったこと。
自分ではこの空間の精緻な構造を知っていながら、周囲の圧力に負けてあたかも"共有される対象"
であるかのように表現したがために、その言葉に思いも依らぬを断面を与えてしまう結果となった。

その後暫くの間私が経験したのは災難以外の何物でもないが、今になって振り返ってみると不思議だ。
それこそ、非共感覚者にとっては奇妙なだけの共感覚の空間だが、私などには否定のしようがない。
主観的な知覚体系とは、個人空間と共に形成されるがゆえに、本来、他者には検証不可な領域だが・・・

一人の人間が他者の一生を最初から追体験する、などという珍事は(生憎)達成され得ないだろう。
煮え滾る対話の中で線と線が交点・接点を造り、その論理が共通の解に廻り会うにしても、大概、
個人空間は侵害されずに眠りに就くことを保障されている。一部の病的状態を除くとするならば。

科学的立場も考慮に入れるべく場においては、今現在の私は多少は弁えることを覚えたらしい。
これはつまり、共感覚それ自体は他者の知覚とは何等リンケージを持ち得ないのを認めること。
その上で共感覚が芸術を生むのは何も偶然ではない。感性の論理は、如何にも"常識的"なのだ。

ssssssshhhhhhhhhhhhhtt..........
  1. 2010/06/07(月) 00:40:22|
  2. 数 と くうかん
  3. | コメント:0
<<鳴き声は何のために | ホーム | 色泥棒の夕暮れ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。