seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳴き声は何のために

近年、共感覚研究が進んで来たことで、この知覚現象を取り巻く事実が明らかになってきている。
それらの進行状況はまだほんの始まりに過ぎず、当事者の私にとっては微々たる変化とも言えよう。
共感覚者の側は当の昔に現実を提示していて、それが証明されるのを待っているようなこともある。

そんな事象の一つとして、共感覚と発達障碍の関わりが取り上げられているのは周知の事実だろうか。
敢えて最初に申し上げておくが、共感覚=発達障碍では断じてない。これは、共感覚者の中に双方の
当事者が優位な数含まれているという意味であり、両者を混同するのは甚だ勘違いなことだと言える。

さて、研究現場の現実と共感覚者の周りの"観衆"の反応からここで少し距離を置き、共感覚者同士の
事柄へ目を向けてみたい。私の経験上、当事者が複数集えば必ずやこのテーマは話題に上っており、
共感覚のみを手放しに褒め称えてその場が収まったことなど、一度としてないように振り返るところだ。

感受性の強さや、好き嫌いの幅、得手・不得手の特徴が、共感覚と全く関わりがないとは到底言えない。
非共感覚ワールドで日々を過ごすには支障がありそうだ・・・と傍から聞いていて判ることもよくある。
と同時に、誰一人として"同じ"ではないのだと確信するのも、これまだ事実。論題は多面的なようだ。

と、ここで時折疑問に思うことがある。自分は相手の苦労や苦手なことをどこまでフォロー出来るのか。
私自身、文字や平面媒体の認知が不得意である。人が言語を通じて対話をする以上仕方ないことだが、
文字を通じた対話は自らリスクを選んだようなもの。どれほどまでにそれは他者に"見えて"いるのか。

他人を知って自らを知る、という意味では共感覚者同士で話すことほど恵まれた機会もないと思う。
自分の弱さが何であり、逆に強みは何なのか。兎角、世間では後者をどう活かすかにばかり目が行くが、
弱さを持つ者にしか出来ないこともあるのだろう、と今になって考えることが私は増えて来たようだ。

そこで相手の強さに嫉妬し出すのほど愚かなこともない上に、悲観するより前に出来ることを探す方が
余程前途が明るいのは間違いない。いや、それ以前の問題として、共感覚等の知覚の多様さを見知ると、
勝ち/負け、完全/不完全だけで判断することの意味が見出しづらくなる。云わば、価値観の崩壊の如く。

自分にはない困難を知ると、初めは驚くものだ。えっ、そんなことがあるのか、と一瞬は信じられない。
その状況がどんなものか想像が付かないと、尚のこと疑問を抱いてしまうのは私も同じのようである。
だが、これが"見かけの美しさ"に騙されているだけなのは明白で、その先に進む必要もあるのだろう。

仮に、想像を絶する世界を他者が生きていたとしても、それを否定する権利は誰にもなかったりする。
自分の直観が正しいと思って来た場合でも、共感覚者相手にはその『原理』が崩れることも当然あるし、
寧ろ、その崩壊を温かく迎えた方が余程心地良いのだと感じる時もある。無知の知とは、此れの事だ。

相手の知覚に合わせるためにちょっとくらい眼を瞑っても良いだろう、と思って此処まで来た気もする。
何にもこちらの障碍を知らない相手に対してもっと"譲歩"しているのは逆におかしな話と言えようが、
だから何だと言うのか?(私には、健常者の方が"重症"に見える時もある。合わせて貰いたがる為だ)

現実問題、障碍や知覚の個性の理解というのは、単なる言語的な理解だけでは物足りないことが殆ど。
実践的な何かのない限り共感覚者自身の困難が解消されないのは、敢えて"言葉にする"事実でもない。
アイディアを分かち合うことは出来ないものかと悩む。これは共有を超えた概念を生み出す時なのか。

remove or reflect
  1. 2010/07/27(火) 00:53:04|
  2. 共感覚/synaesthesia
  3. | コメント:0
<<空洞の向こう | ホーム | 扉のない空間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。