seek for sounds, step into forms...

* * * * * 色とともに生きる共感覚者から * * * * *

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルームシェアの実態とは

雨が降る前の風の匂いに感じる色、文字の色、音楽の色、私にとってはあまり差がない。
無論、どれが何の色かを口で説明することは出来るが、自分の中ではその解釈は不要だ。
これは、ただそこに世界が在るのだと認識するためだけに感覚があるのかもしれないし、
一方では感覚があるから世界がそう感じられるのかもしれない。何やら複雑な響きである。
なぜ自分の共感覚はこんな姿をしているのだろうと振り返ると、深い海の底が啓けて行く。

私が共感覚を認知したのは今から二年少し前のことだが、自分に幾つの共感覚があるのか、
実は精確に数え上げた記憶がない。この背景には、誤診後にゾロゾロと共感覚が"帰宅"し、
あまりに脳内が忙しくなってメンバーの顔総てを確認する暇さえなかったということもある。
と同時に、数えること自体どこか虚しく感じられるので、何かによって表現するので十分だと
常日頃感じているのも事実だろう。いっその事、算数の問題は研究者にお任せしよう、と。

はて、こんな呑気なことを言う反面、現実には15種類以上の共感覚と日々を共にしている。
愉快、爽快、嬉しい、疲れる・・・共感覚者としての私の生活はそんなものではないかと思う。
ここまで多いのはどうやら普通ではないらしいが、私にとっての普遍とは現状そのものだろう。
では、なぜたくさんあるのか。幾つか仮説を立てることも出来るが、文字の色という分類から
一先ず話を展開してみたい。ある種のパラドックスは超えねばならないが、一つ旅を始めよう。

私に文字の形が上手く見ていないのは、これまでも何度かここでも書いたことがあろうか。
子供時分には当然このことで多く躓いたのであるが、書き言葉よりも先に聴こえていた色彩、
つまりは発音の色彩と"不完全なまま"の滲んだ文字とを組み合わせることで文字を覚えた。
覚えたとは言うものの、未だに克服したとは言えないものだし、別段克服出来るものでもない。
思うに、"視力回復術"の如きアヤシイ話が現実とならぬ限りはずっと読み難いはずである。

誤解なきように述べておくが、私は文字認知に必要とする視覚機能に問題があるだけで、
どんなに細かい建築の図面も正しくきれいに読めることからして、眼はきちんと見えている。
何ミリセカンドの世界で文字が滲んで見えたり色彩が見えたり。共感覚は在るというのに、
字形の認知に関するフィードバック・システムだけなぜかエラーを出す。意識は優れものだ。
小さい頃からずっと同じであるこの状態、見方を変えれば奇跡に近いとすら思えて来る。

学校時代、通常ならば字形と音や意味を結び付けて物事を理解していくはずのところを
私は文字の色彩と音と意味を繋いで勉強に励んでいたということになる。実に奇妙である。
色彩認知における"滞空時間"が他者の場合より遥かに長かったはずであり、ともすれば、
匂いを嗅いだり、何かに触れたりしながら言語の色彩に注意を払っていたのかもしれない。
そう考えると、文字の形から"解放"されていたことで共感覚を感じ易かったのではないか。

別段、私は注意力散漫なタイプという訳でもなく、どちらかと言えば動かなかった子どもで、
尚のこと色彩の温泉に浸かったまま過ごす時間が長かったのだろう、誤診にも遭ったのに
二年と少し経った今では3歳児・5歳児と同じ感覚が手元に在るとすら感じられる日々だ。
自分の名前が実は2・3歳の頃に飲んでいた喘息薬の甘く苦い味と同じだったりするのは
笑い話のネタにもなる一方で、薬局の紙袋に書かれた細長い""との関係も否めない。

日本語を第一言語として生活している以上、文字の色は増える一方であり"忙しさ"も増す。
そんな中で、香りや味が文字と同じ空間をシェアして生活しているのは何だか微笑ましい。
三つ子が一枚のふとんを分け合って川の字に寝ているようなものか。嗚呼、愉快な暮らしだ。
共感覚に"ありがとう"と感謝するのは言うまでもないこと。どんなに疲れても役目は変わらない。
一度は疎開していた彼等が戻った生活は実に平和で喜ばしい。幸せとは、こんなものかしら。

Vrede over onse kleuren

  1. 2009/06/25(木) 01:05:47|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0

アルスの無限

再び文字の読み難さについて。いや、共感覚的な読み易さについて書き綴ってみたい。
私のように共感覚の色彩と意味を直結させて言語を理解していると、仮名、アルファベット
と言った文字種の違い如何で読み難さを感じてしまうこともある。この理由はなぜなのか。
読み難いからと言って、それを言語の好き嫌いに結び付けるのは少々短絡的な姿勢だろう。
多数派の論理とは一線を画した共感覚の技術革新、ここで一度振り返ってみることにする。

文字列の色彩を言語の意味へつなぐ共感覚者、実のところほとんど出会ったことがない。
国内外の文献中でも"同じ"と受け取れる体験談を読んだことはないに等しいのではないか。
別にこれが事実だったとしても今の私は構わないし、同様の感覚を共有したいとは感じない。
なぜなら、代替手段で言語を運用するのは脳に相当な負担を掛けるので合理的とは言えず、
私と同様に連日片頭痛で悩まされる人が地球上に少ないことに越したことはないからだ。

色彩で言語を学ぶとひとえに言えど、その手法は決して一つではないと私は考えている。
文字の種類で読み方を変化させていると言っても過言ではなく、これは技術だとさえ思う。
共感覚の文字の色というのは脳機能の"独断で"決定されるものであり、本人の趣味とは
一致しない色合いが現れることも往々にして起こり得るし、それが必然なのではないか。
思うに、快・不快だけで選別していたら私もこうして文章を打てるほどには育たなかったろう。

敢えて言うなら、日本語の方が文字の数(=色)が豊富なので頓着せずに読むことが出来る。
色彩の違いだけでどの文字なのか判別出来る訳である。これほど素敵なこともない筈だ。
漢字であればそれこそ意味との照合も行ない易く、色彩そのものの拡がりを楽しむ点では
私でさえその余裕を残されており、意味を解することへの意欲も存分に残されていると思う。
自然体での共感覚により近い環境条件という方向性から見れば、日本語は申し分ない。

一方で、西洋文字の共感覚は文字数が少ない割には解読の仕方が非常に複雑である。
幼少時に海外に住んでいた頃は、読み難さゆえにそれほど当地の言語も読めなかったが、
大学に入ってから建築の専門的知識を得る際に共感覚技法を新たに思い付いたと言える。
それは"声に出して読む"というひどく基本的な作業でしかないが、効果は絶大だと感じる。
文字→色から発音→色へと注意を傾けることで、意図的に共感覚の情報量を増やすのだ。

もし仮に、私の舌と耳が英語とオランダ語、ドイツ語の発音の違いを色彩の豊かさとして
認知出来ないのであればこの手法は何の意味も成さないことだろう。言い換えるならば、
外国語の文字をカタカナ発音している限りは、意味も精確には掴めないということになる。
触覚的要素を伴った発音の理解、共感覚者以外にどう映る事象なのかは分からないが、
空間という類希な存在を無視しては粒子の如き光の動きまで知覚することも難しいだろう。

今考えてみると、私の文字の色彩はここ数年間で在り得ないほどの変化を経験している。
誤診されていた期間に薬物で共感覚が消えたことは決して小さな問題とはみなせない。
一時期は極端に薄くなり、逆に濃くなり過ぎて生活で不便したことも始終在ったと感じる。
そんな時は文字種に関わらず困難を覚えた訳であり、こうした手法の違いまでは知れず、
嵐が治まるのを待つしかなかったが、漸く日の出と日暮れが判る地点までたどり着いた。

"個"は"孤"ではない。共感覚の認知以前に、建築学にある言語学的要因と空間論とを
自らの知覚世界と照らし合わせて探究したことも在るが、今はどうでも良いと思っている。
相違点があろうと、共通点があろうと、それは私自身の感性の行方とは関係がないだろう。
私の文字色認知の仕方を文化的諸相で斬ることは出来ず、それには意味もないと感じる。
二枚の油絵を前に色彩の関係性を語っても仕方ない。その表現手法は無限に在ろうから。

Ben je altijd de zelfde?
  1. 2009/06/11(木) 23:31:24|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0

視覚の文法を生きる

文字→色の共感覚により言葉の意味を理解する、とは果たしてどのような状態なのか。
あくまで私固有の共感覚について以下に述べていくものとするが、何とも不思議な話だ。
これは"共感覚そのもの"というよりかは、この現象の延長線上に位置する事象であり、
正しくは文字→色→意味という構図が相応しいかと思う。誰にでも当て嵌まるのではなく、
大多数の場合において当て嵌まらない、そんな地点から話を始めてみることにしようか。

初めに触れておこう、私にとって言語学的な範疇での文法はほぼ意味を為さない、と。
どの言語で考えていてもこれは同じである。伝える要素が身のまわりの空間に浮かび、
これまで覚えたとおりに色彩の並びを表現することで、毎回意思表示していると感じる。
聴覚的というよりかは視覚的な世界の在り方か。無論、自分では何一つ疑うこともなく、
他者の言う文法的理解を通してではなくとも、十二分に事足りるのではないかと思う。

では、学校では文法も解せなかったのかと言えばそれは違う。あれは色彩ゲームであり、
あたかもカードを並べる順序を記憶するだけの"物真似"と私は思い込んでいたようだ。
トランプで神経衰弱を遊ぶような行為で言葉が分かるものか、と疑問に思ったのも当然で、
二十歳過ぎるまでOSVSOVSVOの違いが何なのか知る必要さえも感じていなかった。
良く言えば勘が冴えていたのであり、悪く言えばテンネンだったという外ないのだろう。

動物的と言ってしまえばそれまでだが、海外に住んでいてもそれで用は済んでいた。
脳のどこを使ってヒトは言葉を扱うかという"一般論"からすれば恐らく私は異端であり、
空間を理解するために取り置かれた筈の領域を言語理解に勝手に"拝借"している、
そんな様相が見え隠れして来る。何でも、キコクの子どもらが第二言語を学ぶ際には
この手法も珍しくはない。人間の感覚と言語は有限と無限の隙間を生きるということか。

外国語を文法から理解しようとすると、当然ながら感覚がブレーキを掛け始めてしまう。
助詞がどんな働きをし、主語と動詞がどの位置にあり・・・と遣り始めては話にならん。
目の前に置かれた色彩、すなわち、自分の言わんとする事柄をどの順序で伝えようと、
それらの色総てを口にしないことには外国でもどこでも意思は宙に浮かんだままだ。
間違ってもいいから試してみる、子どもの勇気とは何物にも換え難い贈り物ではないか。

そうして試行を繰り返す中で覚えた風景も私の外では"文法"に成り代わって行くらしい。
されども、視覚として私が知覚する"共感覚語法"はそのまま今でも生き続けている。
現実、時間の存在を捨象することでしか成り立たない話だが、使い勝手は悪くもない。
元々文字を読むのに難しさがなかったなら、字の形より先に色で意味を理解しようとは
思い付かなかったはずだ。イロイミ文法で書く文章、彼方にはどんな姿に映るだろうか。

Straight or High
  1. 2009/06/07(日) 20:47:25|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0

道具としての顔

文字に知覚する共感覚の中に、文字→人格という極めて謎の多いものがあったりする。
謎の多い、などと言っておきながらこの私も日々感じている。では、謎解きをば始めよう。
はじめに断っておくが、共感覚は個々人パターンも異なれば感じ方にも大きな幅がある。
あくまでも私の感じている世界の中でしか、これからの記述は当てはまらないことだろう。
兎にも角にも、この共感覚の恩恵を存分に受けている私としては書かずには居られまい。

文字に人格、この事実を素直に受け留められなかった非共感覚者の驚きはおもしろい。
いったい私が何を感じているのか分からぬままに怒鳴りだしたセンモンカもいたほどだ。
いや、かのお方は字義通りに文字に人格が"宿っている"とでもお考えになったのか、
私をビョーキ扱いすることによって自分の驚きと無知を隠し通そうとしていたに違いない。
そうだ、知覚している世界をそのまま口にせぬ方が良いのは何人にとっても同じだろう。

迫害されること必至のこの共感覚でさえ、日本の向こう側では真面目に研究されている。
彼等が関心を持っているのは人格の中でも性別や性格だったりするのだが、私としては
これに関しては保留にすべき点があまりに多いので、ここでも触れるつもりは更々ない。
強いて言うならば、私が文字に感じているのは人格と言うよりかは"相貌"なのだと思う。
カッコイイとかカワイイの範疇ではなく、正しく顔の形そのものに近い感覚を覚えている。

文字に読み難さを訴える人々の中では文字→顔は共感覚者でなくとも割と知られている。
ただし、この場合には「文字が文字に見えず、人の顔のようにしか感じられない」と訴える。
そうして比べてみると、色彩のフォティズムとセットで文字に顔を感じる私とは意味が違う。
彼等が読み難い"原因"として捉えているものを、私は読解の道標としているではないか。
何も私の世界観が総てあべこべなのではなく、共感覚とは実際にそういう現象であろう。

文字と言わず、私は人の顔を記憶することに関しては長けていると思う。見ず知らずの人も
一度道で擦れ違っただけでも覚えてしまえる。ある意味でこれは非常に疲れるのであって、
10年前は私なりに悩んでいたりもした。がしかし、今になってみればカラクリは明らかだ。
日本語のように文字種の多い言語に日々接していれば自ずと"顔"の知覚が習慣になる。
少なくとも、私が文字の読み難い共感覚者として生まれなければ起こり得なかった話だ。

文字に感じる色彩が被服となり、字形に覚える手ざわりが顔となる。よく考えてみると、
何かがおかしいことに気付く。そう、全体像としては"ヒト"の姿をしている訳でもなくて、
敢えて言うならば、パーツだけを知覚するから私の中の文字イメージがそこに在るのだ。
抽象的概念として組み換えていたなら、文字の相貌は何一つ役に立たなかったはず。
感覚そのものを手頃な方法で使いこなすには、逆に考えない方が良いのかもしれない。

世間には共感覚を障害と捉える人々もあろうか。しかしながら、こんな珍事も存在する。
幾つかの障害を足して割ったら表向きには分からない、そういうことも在っていいのだ。
現実、当事者がどんな共感覚を持ち合わせているかによって認知される世界も違うし、
個の中でも行方は知らない。私が誤診されていた間は文字の顔も色も消えていたように。
はて、この"相貌失認"の意味は何か?言うまでもなく、記憶喪失ということになるだろう。

Ik dachte...
  1. 2009/05/13(水) 00:50:16|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0

色彩和平協定の故郷

共感覚のオンライン・テストなるものが存在する。年に数回、私も受けることにしている。
もちろん海外版なので日本語の文字はないが、文字だけでも相当数の試行を繰り返す。
実際、骨の折れる作業ではあるものの、毎回挑戦するだけで多くの発見に出会えるし、
普段は自分でも気に掛けないような共感覚を具に思い起こす良いきっかけと感じている。
テスト上には登場しない共感覚を問い直すための材料を調達できる、そんなところか。

英語は英語で考える私だが、これを終えれば当然日本語の世界に舞い戻ってくる。
いつもなら触れ合う色彩の変化としか感じないところを、今度は深く考え直してみるか。
テスト上で使われているgrapheme(書記素)とphoneme(音素)、彼等は曲者だろう。
そんなことを唸るほどに悩んでみたら、一つの考えが生まれた。本来、共感覚としては
日本語の仮名文字も発音も先に挙げた横文字で説明してはいけないはずだ、と。

私の平仮名と片仮名の色彩、実は両者で色の異なるものもあり、それなりに幅が広い。
現実として、"異なる"と言うにしても共感覚者独特の厳密さを加味すれば総て異なる。
文字の形態により色の濃さや柔らかさに違いが現れるのでどうしても同じにはならない。
つまり、私の文字の色は視覚優位な共感覚なのかもしれない。だが、早合点はまずい。
ここでもう一歩踏み込めば更に面白いだろう。どこでどのように差異は生じたのか、と。

いつ、どこで、何をもってして言葉を学んだのか、"結果"としての共感覚に尋ねてみる。
それにしても、地の果てまで続く文字の地平をずっと歩いて来た一人間ではありながら
自分の"出自"や"行き先"さえも不定なままにしておいた理由はどこにあるのだろうか。
"Indeed, I'm from nowhere."と主張していたのは、流浪の共感覚者の苦肉の策だ。
感覚の真の姿、それが表向きの言葉に隠されることを知った上での演技とも言えよう。

仮名文字の色を知ってから海を渡った私にとって、総ての文字の基本は一つだった。
"聴く色彩は読む色彩の後姿でも横顔でもなく、別人格として大切に生かすべし"と。
共感覚を知らぬ者にとってはまるで意味を成さぬ"掟"は決して生易しいものではなく、
私と同じく文字→色の共感覚を知覚する共感覚者にとっても謎の多い話ではないか。
多様な言語環境に育ったことで結論を下そうとする当事者がいるのも不思議ではない。

cちゃんとhちゃんはなんでいつもグルになってgちゃんの真似をしてからかってるの?
思えば、gという文字の理不尽な気持ちを気遣いながら私はオランダ語を学んでいた。
言語学的に説明すれば、当地の言葉でgとchが同じ発音になること、それだけだ。
一文字で音素を作り出すgは"偉い"のに対し、chは"真似している上に二文字"、
そんな違反行為がどうやら許せなかったらしい。分かっていても綴りが嫌いだった。

仮に、字形に感じる色彩と発音の色彩がまったく同じでなければならなかったら、
この文字同士の"人間関係"をいつ何時引き摺っているのは苦痛以外の何物でもない。
子供時分にそんな諍いが居た堪れなかった私は結局"暖簾分け"を命じたことになる。
大文字と小文字、平仮名と片仮名、これらの色彩を形ではなく音を基準に統合するのも
共感覚の和合のあり方だが、何やら私は慎重過ぎた政策を施行してしまったようだ。

無論、日本語の中で私が感じた共感覚的葛藤は若干意味が異なってくるだろう。
私が仮名文字に感じるフォティズムは、その曲線系ゆえに独特でとても強烈である。
単純に色だけではなく、私自身の体全体を覆う被服のような感覚をも感じさせる。
どこか建築空間を体験するかのような優美な感触が文字一つひとつにあるがため、
音という表象に行き着く前に既に余りあるほどの世界がそこに在ると感じるのだ。

文字と発音の言語的関係性を学ぶ以前に私が文字の共感覚を知覚していた証拠、
そんな見方が妥当かと思う。もし私が活動的な子どもだったら現実は違っていたが、
私の人生の初期は共感覚の熟成に重きが置かれていたといっても過言ではない。
その"熟成方法"が視覚機能を中心に築かれた仮名文字は100人以上の大所帯。
中には双子を装う者も在るが、片方が"年季の入った着物"を着ているだけなのだ。

仮名は便宜上書記素として扱われるが、共感覚として考えるならそうとも思えない。
私の仮名の色には多様性があるにしても、発音との相関性は特筆すべき点であり、
これがもたらす"和"の感触は何とも言えない安心感を生み出していると言えよう。
あくまでも共感覚は主観的な世界に留まるものであって、一個人の中の法則性が
文化にまで及ぶとは限らないが、表現され得るという点では可能性を秘めている。

Salty rain
  1. 2009/04/30(木) 23:01:30|
  2. もじいろ おといろ
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

178773

Author:178773
ある共感覚者のひとりごと。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。